本のページ

SINCE 1991

宇佐見りんさん芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』を声優・三澤紗千香さん朗読で全編オーディオブック化

宇佐見りんさん芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』を声優・三澤紗千香さん朗読で全編オーディオブック化

宇佐見りんさん芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』を声優・三澤紗千香さん朗読で全編オーディオブック化

音声配信サービス「audiobook.jp」では、第164回芥川賞受賞を受賞した宇佐見りんさん著『推し、燃ゆ』(河出書房新社)をオーディオブック化し、配信を開始しました。

朗読は、「ウマ娘 プリティーダービー」サクラバクシンオー役、「BanG Dream!」青葉モカ役などに出演し、声優・アーティストとしても活躍する三澤紗千香さんが担当しています。

 
なお、俳優・玉城ティナさんの朗読よるオーディオブックもAmazon オーディオブック「Audible (オーディブル) 」より配信されています。

 

『推し、燃ゆ』について

第164回芥川賞受賞作『推し、燃ゆ』は、「きちんと生きること」の難しさ、バランスの崩れた愛情、心と体への違和感、自分の生きる世界の居心地の悪さを生々しく描き、若い世代を中心に大きな共感が寄せられています。

 
著者の宇佐見りんさんは第56回文藝賞及び第33回三島賞を受賞(三島賞は史上最年少受賞)し、今作品が2作目となります。朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、共同通信、週刊文春、ダ・ヴィンチ「プラチナ本」他、各紙誌が激賞する一冊です。

 
オーディオブック版では、声優・アーティストの三澤紗千香さんが全編を朗読。訥々とした語りの中での声色の使い分けによって、立体的に表現しています。

★配信URL:https://audiobook.jp/product/263703

 

著者・朗読者プロフィール

 
■著者:宇佐見りん(うさみ・りん)さん

1999年生まれ、神奈川県出身。2019年、19歳の時に執筆した『かか』で第56回文藝賞を、また2020年、同作で第33回三島由紀夫賞を最年少で受賞。2021年『推し、燃ゆ』で第164回芥川賞を受賞。同作は50万部を超えるベストセラーに。

今年1月発売の『文藝』春季号で三作目となる「くるまの娘」を発表

 
■朗読 :三澤紗千香(みさわ・さちか)さん

山梨県出身。スターダストプロモーション所属。

『アクセル・ワールド』黒雪姫 / ブラック・ロータス役、『ウマ娘 プリティーダービー』サクラバクシンオー役など、多数人気作品に出演。

 

■書籍版

推し、燃ゆ
宇佐見りん (著)

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」

◎未来の考古学者に見つけてほしい
時代を見事に活写した傑作
――朝井リョウ

◎すごかった。ほんとに。
――高橋源一郎

◎一番新しくて古典的な、青春の物語
――尾崎真理子

◎ドストエフスキーが20代半ばで書いた
初期作品のハチャメチャさとも重なり合う。
――亀山郁夫

◎今を生きるすべての人にとって歪(いびつ)で、でも切実な自尊心の保ち方、を描いた物語
――町田康

◎すべての推す人たちにとっての救いの書であると同時に、絶望の書でもある本作を、わたしは強く強く推す。
――豊崎由美

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。デビュー作『かか』は第56回文藝賞及び第33回三島賞を受賞(三島賞は史上最年少受賞)。21歳、圧巻の第二作。

カバーイラスト:ダイスケリチャード
装幀:佐藤亜沙美(サトウサンカイ)

 
【関連】
推し、燃ゆ | 日本最大級のオーディオブック配信サービス audiobook.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。