本のページ

SINCE 1991

【第2回仙台短編文学賞】東京都在住・綾部卓悦さん「ビショップの射線」が大賞を受賞

仙台短編文学賞実行委員会は3月9日、第2回仙台短編文学賞の受賞作を発表しました。   第2回仙台短編文学賞が決定! 第2回仙台短編文学賞には国内36都道府県およびオランダから全324編の応募があり、その中から大賞および各賞が決定しました。選考委員は、仙台在住の直木賞作家・熊谷達也さん他。 なお、東北学院大学賞は全応募作の中から、中学生・高校生・専門学校生・大学生・大学院生を対象に選考。 […]


朝日出版社がWebマガジン「あさひてらす」をオープン いま話題のテーマ、エッセイ、小説などを掲載

朝日出版社が、Webマガジン「あさひてらす」をオープンしました。 「あさひてらす」の名前は社内公募で決定。「あさひ」は「朝日(太陽)」と「朝日出版社」を、「てらす」は「テラス」と「照らす」をかけています。朝日(太陽)が「照らす」ような記事・話題を、朝日(出版社)が「照らす」記事・話題を送り届ける「テラス」のような場でありたい、という願いが込められています。   人文、カルチャー、ことば、 […]


新鋭歌人「ちばさと」小説デビュー作『90秒の別世界』が刊行 ショートショートと現代短歌アンソロジーが融合

歌人・千葉聡さんによる小説デビュー作『90秒の別世界 短歌のとなりの物語』が、立東舎より刊行されました。   なくならないマヨネーズ、大学生最後の日に出会った友達、空から伸びてきた巨大な手、名を呼ばれたものが消えてしまう世界……。 ちょっと不思議で、なつかしくて、90秒くらいで読める100本の小説と、その最後に添えられた短歌。本書は、ショートショートと現代短歌アン […]


『さよならアメリカ』刊行記念!渋谷直角さん×ジャッキーちゃんさん×沙羅さん×メルヘン須長さんトークショーを開催

2017年に映画化された『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』や、現在ドラマ放送中の『デザイナー 渋井直人の休日』などの著作で知られる渋谷直角さんの最新コミック『さよならアメリカ』が3月21日に刊行されます。 これを記念して、渋谷直角さんとゲストによるトークショーが3月23日、青山ブックセンター本店で開催されます。   渋谷直角さんとゲストにものまねタレントのジャッキ […]


人気漫画の公式解説本『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』刊行 原作者・野田サトルさんの描き下ろしも収録

人気漫画『ゴールデンカムイ』の公式解説本、中川裕さん著『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』(漫画・イラスト:野田サトルさん)が、集英社新書より刊行されました。原作者・野田サトルさんによる描き下ろしも収録されています。   『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修の中川裕さんが、漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説 冒険活劇漫画『ゴールデンカムイ』は、2014年より『週刊ヤングジャンプ […]


TSUTAYAでの書籍・雑誌の2018年年間販売総額が1330億円で過去最高を更新!

株式会社TSUTAYAでは、2018年1月から12月までの書籍・雑誌販売額が1330億円となり、過去最高額を更新しました。 2018年の年間販売総額が過去最高を更新した背景として、全国各地での新店舗のオープンや、TSUTAYA BOOK NETWORK(「TSUTAYA」「蔦屋書店」店舗チェーンの中で、主に書籍・雑誌販売のフランチャイズとして展開するネットワークの総称)への新規加盟による店舗数の増 […]


『群像』が贈る文芸イベント<文学の夕べ「危機の時代、文学の言葉」>開催 全米図書賞受賞・多和田葉子さん、佐伯一麦さん、松浦寿輝さん登壇

講談社の文芸誌『群像』は、日本文学を牽引する3人の作家、佐伯一麦さん、多和田葉子さん、松浦寿輝さんが「いま、この時代にこそ求められる文学の言葉」について語り合うトークイベント【文学の夕べ「危機の時代、文学の言葉」】を4月3日に開催します。また、イベント終了後はサイン会も開催。   平成最後の年に『群像』が贈る文芸イベントに全米図書賞受賞作『献灯使』の多和田葉子さんが登壇 私小説という地平 […]


内山昭一さん『昆虫は美味い!』刊行記念!著者トーク&サイン&昆虫食試食会を開催

新潮新書『昆虫は美味い!』の刊行を記念して、著者の内山昭一さんのトーク&サイン&昆虫食試食会が3月31日、書泉グランデ(東京・神保町)で開催されます。   話題の「昆虫食」を聞いて、見て、味わうイベントが開催! 株式会社書泉は、今話題となっている「昆虫食」を知るイベントを3月31日(日)、書泉グランデ7階イベントスペースにて開催します。   イベントには、新潮新書『昆虫は美味い […]


【訃報】絵本作家・上野紀子さんが死去 『ねずみくんのチョッキ』など

絵本作家の上野紀子(うえの・のりこ=本名:中江紀子)さんが2月28日、病気のため死去しました。78歳。埼玉県出身。葬儀・告別式は近親者で済ませました。喪主は夫で絵本作家のなかえよしを(中江嘉男)さん。 上野紀子さんは、日本大学芸術学部美術科卒業。大学の同級生・中江さんと結婚。1973年、アメリカで出版した『ELEPHANT BUTTONS』(邦題:ぞうのボタン)でデビュー。夫のなかえよしを(中江嘉 […]


『天は赤い河のほとり』の篠原千絵さんが「トルコ至宝展」スペシャルサポーターに就任 木村文乃さんとの対談、限定コラボグッズも

古代オリエントを舞台にした『天は赤い河のほとり』(小学館)、16世紀トルコ(オスマン帝国)後宮を舞台にした『夢の雫、黄金(きん)の鳥籠』(小学館「姉系プチコミック」連載中)で知られる漫画家・篠原千絵さんが、3月20日より国立新美術館(東京・六本木)にて開催される「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」のスペシャルサポーターに就任しました。   累計2000万部作品『天は赤い河の […]