本のページ

SINCE 1991

三砂慶明さん『本屋という仕事』刊行記念!著者×森岡書店・森岡督行さんトークイベント「いつもそばに本があった。私たちに本屋が必要な理由。」を開催

八重洲ブックセンターは、本と人とをつなぐ「読書室」を主宰する三砂慶明さん編著『本屋という仕事』(世界思想社)の刊行を記念して、著者と森岡書店の森岡督行さんによるトークイベント「いつもそばに本があった。私たちに本屋が必要な理由。」を6月25日に開催します。   『本屋という仕事』について なぜ人は敢えて本屋をたずねるのか。書店員は仕事に何を求め、自分の個性をどう生かし、どんな仕事をつくって […]


芥川賞選考委員・島田雅彦さんがプロになる道筋をすべて示した『小説作法XYZ 作家になるための秘伝』を刊行

芥川賞選考委員で法政大学教授の島田雅彦さん著『小説作法XYZ 作家になるための秘伝』(新潮選書)が新潮社より刊行されました。   プロになる道筋をすべて示した文芸創作の『五輪書』降臨!  40年間の作家生活、そして教壇での経験を経て「知性」の意味を捉え直した時、新しい小説作法が誕生しました。46箇条の「超絶技巧エチュード」をクリアすることにより、創作力は確実にアップします。究極の小説講座 […]


異端の言語学者、ことばを武器にあらゆるリングに上がる! 川原繁人さん『フリースタイル言語学』が刊行

声優やラッパー、歌手など幅広い業界で支持される異端の言語学者・川原繁人さんが身近な物事を言語学の視点で考察する『フリースタイル言語学』が大和書房より刊行されました。   山寺宏一さん、Zeebraさん、北山陽一さんなど各界の著名人絶賛! ポケモンやラップなど、ユニークな題材を研究する異端な言語学者贈る化学エッセイ 「私たちの日常は、見るにしろ、聞くにしろ、書くにしろ、話すにしろ、言葉であ […]


「文豪とアルケミスト」がW表紙、新作ノベライズ短編掲載の『小説新潮』が史上二度目の重版! 2021年にデビューした新人作家6名の短篇小説&座談会、マキタスポーツさん、モモコグミカンパニーさん(BiSH)のエッセイも

昨年11月に5周年を迎えた文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」と初コラボした老舗文芸誌『小説新潮』2022年6月号(5月20日発売)が発売後わずか4日で重版が決定しました。『小説新潮』の重版は、創刊75年の歴史において、史上二度目となる快挙です。   「文豪とアルケミスト」特集が大反響! 前代未聞のW表紙となる描き下ろしイラスト、新作ノベライズ短篇も 累計登録者が140万 […]


河野真太郎さんオンライン講演会「働くことと成長することの現代―『3月のライオン』の場合」を開催

「英語圏児童文学会(旧・日本イギリス児童文学会)」西日本支部は、専修大学国際コミュニケーション学部教授・河野真太郎さんを講師に迎え、夏の講演会「働くことと成長することの現代―『3月のライオン』の場合」を6月11日 (土)にオンライン開催します。   「働くことと成長することの現代―『3月のライオン』の場合」開催概要 今回の講演会では、『戦う姫、働く少女』に続く新著『新しい声を聞く僕たち』 […]


「暮らしの小説大賞」受賞作家・くわがきあゆさんデビュー第2作『初めて会う人』が刊行 「ラストに鳥肌が…」「登場人物が皆おかしい!」震慄のサイコサスペンス

2020年に第8回「暮らしの小説大賞」を受賞した『焼けた釘』(2021年刊)でデビューした、くわがきあゆさんの2作目となる『初めて会う人』が産業編集センターより刊行されました。   愛がまねく、予測不能な結末!   <あらすじ> 捜査一課に配属されて間もない刑事・静川涼吾の全神経は、完黙を続ける容疑者を前に、極度に張り詰めていた。本当にこの男が殺したのだろうか…。誰の記憶にも残 […]


白洲次郎が撮影した未公開写真を書籍化!『写真家 白洲次郎の眼 愛機ライカで切り取った1930年代』が刊行

2022年は白洲次郎生誕120年。この周年を記念した特別展「白洲次郎・白洲正子――武相荘折々のくらし」が開催されるなど注目が集まっている中、白洲次郎が撮影した未公開写真をまとめた写真集『写真家 白洲次郎の眼 愛機ライカで切り取った1930年代』が小学館より刊行されました。   昭和史のヒーロー・白洲次郎は何を見て、何を感じ、何をフィルムに焼き付けたのか? 1930年代、30代の白洲次郎が […]


「honto」週間ストア別ランキング発表(2022年5月16日~5月22日) 和田秀樹さん『80歳の壁』が総合1位

ハイブリッド型総合書店「honto」が、週間ランキング(集計期間:2022年5月16日~5月22日)を発表しました。 今回、和田秀樹さんが「生老病死」の大きな壁を越えていくヒントを紹介した新書『80歳の壁』が総合ランキングで1位となりました。また、累計460万部『夢をかなえるゾウ』シリーズの最新作にして原点の『夢をかなえるゾウ 0(ゼロ)』が経済・ビジネスランキングで1位にランクインしています。 […]


本と出会うための本屋「文喫 六本木」で新企画「一日店長」がスタート 初回の「一日店長」は平野紗季子さん

日本出版販売(日販)とリブロプラスが運営する本屋「文喫 六本木」は、2022年6月3日(金)より、新企画「文喫 六本木の一日店長」をスタートします。   新企画第一弾「文喫 六本木の一日店長」初回店長は平野紗季子さんに決定! 「本と出会う本屋」がコンセプトの「文喫 六本木」では、本を通してさらに広く深い世界に出会っていただきたい――そんな想いから、様々な業界で活躍されている方を、「一日店 […]


ひとり出版社「夏葉社」島田潤一郎さん『あしたから出版社』文庫化記念!トークイベント「あしたから出版社のころ」開催

青山ブックセンター本店は、2009年にひとり出版社「夏葉社」を創業した島田潤一郎さんの著書『あしたから出版社』が文庫化されることを記念して、トークイベント「あしたから出版社のころ」を6月21日(火)に開催します。   トークイベント「あしたから出版社のころ」開催概要 今回のイベントでは、編集未経験でひとり出版社「夏葉社」を創業した島田潤一郎さんが初めて書いた著者『あしたから出版社』の文庫 […]