気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『タイムマネジメント大全』もう、「他人の期待に応えるため」に時間を使うのはやめよう!

池田貴将さん著『24時間すべてを自分のために使う タイムマネジメント大全』

池田貴将さん著『24時間すべてを自分のために使う タイムマネジメント大全』

池田貴将さん著『24時間すべてを自分のために使う タイムマネジメント大全』が、大和書房より刊行されました。

 

今、あらためて見直したいタイムマネジメント

世界中を巻き込んだコロナウイルスとそれに伴う自粛要請は、これまで政府が取り組んできたどんな「働き方改革」よりも早く、強制力をもって私たちの働き方を変えました。

 
朝起きた後、会社へ向かわないので通勤時間がなくなりました。同僚に会わず、接待もないので、付き合いの飲み会に時間をとられなくなりました。

 
生活が変わり、以前よりも自分の自由になる時間が増えた人は多いはずです。

しかし、外出しないことによってできた時間は、はたして有効活用できているのでしょうか。1日を無為に動画を観て過ごしていませんか。

 
そして一人で過ごしているうちに「自分はやりたいと思っていることをやっているだろうか」「今の生き方をいつまで続けるんだろうか」といった疑問にぶつかってはいないでしょうか。

 

世界中の研究や論文から、科学的に「自分の時間を増やす」ものを厳選

これまでのタイムマネジメントは、「いかに短時間で多くの仕事をこなすか」に重点がおかれていましたが、自分の時間が増えた今、「どれだけ精神的に満たされた時間を長く過ごせるか」が大切になってきます。

自分が何に、どれだけの時間を割いているかを知り、「このままの時間の使い方ではダメだ!」と気づくところから毎日の過ごし方と人生が変わってきます。

 
本書では、神経科学、心理学、行動経済学、生理学など様々なアプローチから、自分の時間を可視化し、計画性と集中力を高める方法を5種類41項目に分けて紹介します。

すぐに実践できて、効果が高く、幸福度が上がるものにこだわり、世界最高峰の研究機関が提唱する「科学的根拠のあるアイディア」ばかりをまとめています。41項目のどこからでも、自分が気になるところから読むことができます。

 
<効果アリ!すぐに実践できるメソッドの数々>

●プライベート時間を1日5時間つくる
●朝時間をサンクチュアリにする
●スヌーズを使わずホルモンを利用して起きる
●「15分タスクリスト」で隙間時間がムダにならない
●「心拍数」で集中力をコントロールする
●ゲーム化すると脳は喜んで仕事する
●テトリスは大脳皮質を厚くする
●週末は「リフレッシュ予定」と「インプット予定」で充実する
●「手仕事」で時間の密度を濃くする
●スマホの通知をオフにする
●午後のリセット散歩で脳をまわす

 

本書の構成

はじめに――タイムマネジメントとは「未来をデザインする」こと

1章 時間を可視化する~時間記録をつけて改善ポイントをつかむ
ムダな時間を知る
時間をラベリングする
受動的な時間の使い方を減らす
時間の使い方を自分で決める

2章 時間をデザインする~1日24時間を自分のためにスケジューリングする
「時間のかたまり」をつくる
プライベート時間を1日5時間つくる
「やりたかったこと」を思い出す
「行動目標」で充実感のある1日をつくる
朝時間をサンクチュアリにする
週末の予定は「水曜までに」考える
週末の朝に1週間をリセットする
未来のためのプランをたてる

3章 時間を縮める~16時間のプライベート時間以外を徹底効率化する
決断力を上げる
探し物の時間を最小にする
気が散らない環境をつくる
後悔している時間をなくす
行動力を科学的にアップさせる方法
終わらせたくなるTo-Doリストのつくり方
1日の段取りを考える
「ながら作業」で効率を上げる
「先延ばし」ができなくなる方法
積み残しの仕事は朝にやる
やりたくない仕事は目的をずらす

4章 脳を効率よく使う~安定的なパフォーマンスを保ち、自分の時間も楽しむ
ルーティンを決める
朝のルーティンを決める
ホルモンを知ればスヌーズはいらない
朝のエクササイズは20分程度に
夜の過ごし方で1日の満足度を上げる
食事と運動で脳をコントロールする
昼寝で午後のダラダラを阻止する
カフェインは14時以降はとらない
脳を暇にさせない
質のいい睡眠で集中力を維持する
「衝動的な脳」を引き起こさない

5章 集中力で時間の密度を上げる~運動、スマホ、昼寝、カフェイン…を使いこなす!
人の要求を優先しない
スマホの通知をオフにする
SNSと距離を置く
「集中筋肉」を鍛える
深呼吸で酸素をとりこむ
午後のリセット散歩で脳をまわる
フロー状態をつくりだす

 

著者プロフィール

著者の池田貴将(いけだ・たかまさ)さんは、早稲田大学卒業。株式会社オープンプラットフォーム代表取締役。

在学中にアメリカへ行き、コーチング・目標達成・モチベーション理論を学び、起業。科学的根拠に基づいた独自メソッドが人気となり、年間1万人以上がセミナーに参加する。上場企業経営者、テレビタレント、ベストセラー作家など著名人も参加し、わかりやすくビジネスでもプライベートでも結果が出ると口コミで広まっている。

著書に『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』30万部ヒット、『図解モチベーション大百科』10万部ヒット(以上サンクチュアリ出版)などがあり、累計50万部を突破。講演・寄稿・テレビ出演なども多数行っている。

 

タイムマネジメント大全~24時間すべてを自分のために使う
池田 貴将 (著)

【時間の使い方を変れば、人生は自分でデザインできる】
世界中の研究、論文、実験から、エビデンスベースで「絶対に効くもの」だけを集めた時間管理のベスト本!

「MyStats」「SnapTimer」など、時間管理に最適なアプリも多数紹介!

もう、他人のために時間を使って消耗するのはやめませんか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です