気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』いつも他人を優先し、無理して頑張りすぎてしまうあなたに、予約3ヶ月待ちの人気心理カウンセラーがアドバイス!

根本裕幸さん著『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』

根本裕幸さん著『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』

根本裕幸さん著『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』が、大和書房より刊行されました。

 

心の分厚い「メイク」をとって、まずはすっぴんになろう

◎自分も忙しいのに仕事を頼まれると断れず、無理をして頑張りすぎる
◎家族のために自分を犠牲にしてしまう

……こんなお悩みありますよね?

 
心理カウンセラーの根本裕幸さんへ寄せられるお悩みの多くも同様。期待に応えたい、嫌われたくないと思って心に分厚い「メイク」をしている女性が多いといいます。

そんな女性を「自立系武闘派女子」と呼び、実在する11人のお悩みをケース別に解決していくかの如く書かれたのが、本書『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』です。

11人の女性がそれぞれのテーマと向き合い、メイクを落とし、変化し、成長する。誰かしらに当てはまる要素がきっとあるはずです。

 

「自立系武闘派女子度」がわかるチェックリスト(本文「はじめに」より抜粋)

□しっかり者で、ひとりで何でもできる
□周りから頼りにされている
□プライドはちょっと高めだと思う
□人に頼るのが苦手、甘えるのはもっと苦手
□弱みを見せることができない
□考えすぎたり、ひとりで抱え込みがち
□面倒見は良いが、自分のことはだいたい後回し
□「ちゃんとしなきゃ」と思うことが多い
□誰かのために頑張るのが好きだけど、いつもオーバーワーク気味
□「いい女」と言われることが多いけど、あまり自覚はない
□実は男女関係にちょっと自信がない
□いつも誰かの期待に応えている気がする
□自分はちょっと不器用なところがあると思う
□肩の力の抜き方がわからない

 
周りからすれば「いい女」で人生が順風満帆そうに見える。
けれど、自分の心の中ではなぜか生きにくさを抱えている。こうした女性は、実はたくさんいらっしゃいます。
カウンセリングを続けていくなかでわかったことがあります。
自分の人生がなんだかしっくりこないと感じる原因は、心に不必要な分厚い「メイク」をしてしまっているからなのでは……と考えるようになりました。
多くの女性は、心が「すっぴん」でも十分美しいし、もっとその美しさを引き立てるメイクもできるのに、ちょっと無理して頑張りすぎてしまっている……。多くのクライアントさんたちとお話ししていく中で、そう気付いたのです。

本書では、そんな女性が「自分らしく生きる心のトレーニング」をご紹介していきます。

 

著者プロフィール

著者の根本裕幸(ねもと・ひろゆき)さんは、1972年、静岡県生まれ。心理カウンセラー。

1997年より神戸メンタルサービス代表・平準司さんに師事。2000年、プロカウンセラーとしてデビュー。以来、20,000本以上のセッションと、年間100本以上のセミナーを行う。夫婦や男女、職場の人間関係の悩みを得意とする。カウンセラーとしてだけでなく、作家、講演家としても活動している

★ココロノオフィス根本裕幸公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCZkHdUFWQnmn4gLIiNyr33Q
★Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki

 

「いつも無理してるな」と思った時に読む本
根本 裕幸 (著)

「しっかり者で、ひとりで何でもできる」
「人に頼るのが苦手」
「ちゃんとしなきゃ、とよく思う」
「仕事は順調、でも恋愛は…」

思い通りの人生のはずなのに、なぜか最近しっくりこない……。そう感じたら、この本を手に取ってみてください。気づかずに抱えていた「荷物」をおろせるでしょう。
つい自分のことは後回しにしてしまう、頑張り屋のあなたへ贈る一冊!

★しっくりこないのは、「心のメイク」のせい?
「本来の自分はこうじゃないのに」
自分の気持ちを抑えてしまうのは、心に好かれるため「メイク」をしているから。
でも、大丈夫。
今のあなたは、「心のメイク」の落とし時。
本書は11のパターンで「心のメイク」の原因と解決策をお教えします。
カウンセリング20年の経験をもつ著者が、やさしくあなたの生き方を変えてくれます。

「すっぴん」で生きると、きもちいい。

 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です