気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『齋藤孝60歳が毎日やってる! 「一生サビない脳」をつくる生活習慣35』自宅でできる!ひとりでできる!30秒からできる!齋藤流大人の「脳活」!

齋藤孝さん著『齋藤孝60歳が毎日やってる! 「一生サビない脳」をつくる生活習慣35』

齋藤孝さん著『齋藤孝60歳が毎日やってる! 「一生サビない脳」をつくる生活習慣35』

齋藤孝さん著『齋藤孝60歳が毎日やってる! 「一生サビない脳」をつくる生活習慣35』が、ビジネス社より刊行されました。

 

外出自粛、リモートワーク、時差出勤……余った時間を有効に使うノウハウが満載!

テレビをはじめ各メディア、そして教育分野で大活躍中の齋藤孝さんも、今年、なんと60歳。そんな齋藤さんは「60歳とはとても思えない、いつまでもお若くいる秘密をぜひ教えていただけませんか?」と質問された際、「あれ、本当に今年で60歳になるんだっけ?」と答えたそうです。

齋藤さんいわく、若さの秘けつは体も気持ちも大事ですが、一番重要なのは「脳の若さ」を保つこと。齋藤さんがそのノウハウを徹底解説したのが本書です。

 
たとえば、

◎「区切り」を意識することで、“時間密度”を高める
◎ニュースは、あとでネタとして使うことを想定して読む
◎五七五を詠むだけで、究極の脳トレとなる
◎第二の人生でこそ、手帳力、メモ力が役立つ
◎記憶の衰えは会話のマナーでカバーできる
◎「隣の芝生は青い」を卒業し、自画自賛力に磨きをかける

…などなど、どれも簡単なのに目からウロコのメソッド35+12の名言を収録。

 
思わぬコロナウイルス騒動で、頭も体も心も沈みがち。そんな毎日をちょっとずつ変えるコツが満載です。空いた時間の有効利用として、あるいは第二の人生のお供として、本書を活用してみてはいかがでしょうか。

 
<本書「はじめに」より>

老化現象に太刀打ちしようとしても、それは意味のないことなのです。
それよりも「老化したことを感じない体」「サビていない頭」をいかにつくり、いかにキープするかが重要になってくるのです。
その際に大事になってくるのが脳の若々しさ。
体も心も若くいるためには、なによりもまず脳がしっかりと働いていないといけません

 

本書の構成

Chapter1 「スピード感」を意識するだけで、脳を邪魔するサビが取れる

Chapter2 脳への「刺激習慣」で、体の内側から若返る

Chapter3 日々の「簡単ルーティン」で、人生の質がぐっと上がる

Chapter4 「大人の思考術」で脳とメンタルがさらに強くなる

Chapter5 年相応の「インプット・アウトプット術」を使いこなす

Epilogue  私たちの背中を押す「先人たちの名言」

 

著者プロフィール

著者の齋藤孝(さいとう・たかし)さんは、1960年、静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程等を経て、現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。

新潮学芸賞を受賞した『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)など著書多数。NHK Eテレ『にほんごであそぼ』総合指導、TBSテレビ『新・情報7days ニュースキャスター』、フジテレビ『全力! 脱力タイムズ』等、TVコメンテーターとしても活躍中。

 

齋藤孝60歳が毎日やってる! 「一生サビない脳」をつくる生活習慣35
齋藤 孝 (著)

暗い夜もいつかは必ず明けます。

リモートワーク、在宅勤務、時差出勤……。
1日の過ごし方が変わったいまこそ、これまでの自分の生活と時間の使い方を見直してみませんか?

自宅でできる、ひとりでもできる、30秒の空き時間からできる、いつでも、何歳からでも始められる、時間をかければ、さらに効果が高まる、齋藤流大人の「脳活」決定版!

60超えたら頭も体も衰えるばかり……というのはウソ!
「誰にも負けないスピード感の鍛え方」「メンタルと脳の強化法」「年相応のインプット・アウトプット術」から「老いらくの恋、ボケとの向き合い方」まで第二の人生をさらに充実させる35の習慣術+12の名言!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です