気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『人生は「2周目」からがおもしろい』50歳から始める”知的向上感”の育て方

齋藤孝さん著『人生は「2周目」からがおもしろい』

齋藤孝さん著『人生は「2周目」からがおもしろい』

齋藤孝さん著『人生は「2周目」からがおもしろい』が、青春出版社より刊行されました。

 

“ 50代から”こそできる人生の楽しみ方を紹介

「人生100年時代」といわれる現代の日本では、50代というと折り返し地点であり、人生の「2周目」に突入する時期です。

若い頃に比べて体力的・精神的にも衰えを実感し、さらに「老後2000万円問題」など金銭面での不安も増えるなど、「“2周目”に希望が持てない…」と思っている人が多いでしょう。

 
しかし、明治大学文学部教授で、メディアにも多数出演している齋藤孝さんは「2周目こそ人生の本番であり、おもしろい!」と言います。

たとえば…

◎ 試験のためではない「学び方」ができて、新鮮な好奇心や感動を味わえる。
◎「美男美女」の格差が消滅し、モテ期到来のチャンス!

若い頃にはできなかった、“50代から”こそできる人生の楽しみ方があります。

一番もったいないのは、ずっと若い頃の価値観にとらわれてしまうこと。そうならないためのシフトチェンジの方法や、お金、人間関係、教養などあらゆる視点から「2周目」の楽しみ方を紹介しますす。

「2周目」に突入した人、まだ「1周目」の人にとっても、これからの人生に期待できるヒントが満載です。

 

齋藤孝さん プロフィール

著者の齋藤孝(さいとう・たかし)さんは、1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。

ベストセラー作家、文化人として多くのメディアに登場。著書多数。著書に『ネット断ち』(青春新書インテリジェンス)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)等がある。著書発行部数は1000万部を超える。NHK Eテレ『にほんごであそぼ』総合指導を務める。

 

人生は「2周目」からがおもしろい (青春新書インテリジェンス)
齋藤 孝 (著)

多くの人は40代までに、仕事や人生における一通りのことを経験する。
人生100年時代、50歳からはいわば「2周目」になり、新鮮さや好奇心を失う人も多い。
しかしそれはあまりにももったいないと著者は力説します。
教養、心身の「軽さ」の取り戻し方、地位、お金、雑談、旅……
「先細り」「シュリンク」とは無縁の、新しい発見と可能性を生み続ける日々をすごす知的なヒントを提案する、すべての大人必読の一冊です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です