本のページ

SINCE 1991

鴻巣友季子さん×佐藤賢一さんが対談!オンラインシンポ「戦争・コロナの先 文学で世界をよむ」を開催

鴻巣友季子さん×佐藤賢一さんが対談!「戦争・コロナの先 文学で世界をよむ」を開催

鴻巣友季子さん×佐藤賢一さんが対談!「戦争・コロナの先 文学で世界をよむ」を開催

日本経済新聞社は公益財団法人 文字・活字文化推進機構と共催で、シンポジウム「戦争・コロナの先 文学で世界をよむ」を10月1日にオンラインで配信します。

翻訳家の鴻巣友季子さんと、日本経済新聞で「王の綽名」を連載中の佐藤賢一さんが対談。視聴無料です。

 

オンラインシンポ「戦争・コロナの先 文学で世界をよむ」開催概要

ウクライナ戦争は長期化し、新型コロナは収束が見えず、いずれも政治・経済、社会を揺るがしています。世界はどんな姿になるのか、様々な書物にヒントが隠れています。鴻巣友季子さんと佐藤賢一さんが、いま読むべき本の紹介も交えて存分に語り合います。

 
■配信日時:2022年10月1日(土)10時より開始(対談時間は90分の予定)

■対談者
鴻巣友季子さん 佐藤賢一さん 
コーディネーター:中野稔さん(日本経済新聞社 文化担当部長)

■申込み:http://www.mojikatsuji.or.jp/からご登録ください。案内メールが送られてきます。事前収録。視聴無料。

■主催:公益財団法人 文字・活字文化推進機構、日本経済新聞社

★詳細:https://www.mojikatsuji.or.jp/news/2022/09/01/5859/

 

出演者プロフィール

 
■鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)さん

英米文学翻訳家、文芸評論家。お茶の水女子大学大学院で英文学を専攻。英語圏の現代作家の翻訳に加え、新たな解釈を加えて古典の新訳にも取り組む。

訳書にエミリー・ブロンテ『嵐が丘』、マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』、アマンダ・ゴーマン『わたしたちの登る丘』など。著書に『翻訳教室  はじめの一歩』や『翻訳問答』シリーズ(共著、編著)などがある。

 
■佐藤賢一(さとう・けんいち)さん

作家。東北大学大学院で西洋史学を専攻。歴史研究で培った史料読解の技法を駆使して小説を執筆。 1993年『ジャガーになった男』でデビュー。

1999年『王妃の離婚』で直木賞、2014年に全12巻の『小説フランス革命』で毎日出版文化賞特別賞、2020年には全3巻の『ナポレオン』で司馬遼太郎賞を受賞。他にの著書に『覇権帝国の世界史』など。現在、日本経済新聞朝刊で「王の綽名」を連載中。

 
【関連】
鴻巣友季子さん・佐藤賢一さん対談「戦争・コロナの先 文学で世界をよむ」(2022年10月1日~) | 公益財団法人 文字・活字文化推進機構

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。