本のページ

SINCE 1991

早見和真さん『新!店長がバカすぎて』刊行記念!トークイベントを開催

早見和真さん『新!店長がバカすぎて』刊行記念!トークイベントを開催

早見和真さん『新!店長がバカすぎて』刊行記念!トークイベントを開催

「2020年本屋大賞」にノミネートされた、早見和真さんのベストセラー『店長がバカすぎて』の続編『新!店長がバカすぎて』が角川春樹事務所がより9月上旬に刊行されます。

普段本屋に行かない人にも薬局に本を置くことで偶然の出会いを提供する「ページ薬局」(https://page.friend-ltd.com/)では、本書の刊行を記念して、早見和真さんのトークイベント「執筆のアレコレ&著者早見和真さんの本屋の楽しみ方」を9月10日 (土)にオンライン&リアル開催します。

 

「『新!店長がバカすぎて』刊行記念トークイベント~執筆のアレコレ&著者早見和真さんの本屋の楽しみ方~」開催概要

今回のイベントでは、早見和真さんをページ薬局にお招きし、前作『店長がバカすぎて』と新作『新!店長がバカすぎて』執筆の裏側、早見さんの本屋の楽しみ方などをお話しいただきます。

 
■日時:2022年9月10日(土)15:00~16:15
※イベント終了後、アーカイブ配信を予定

■会場:ページ薬局(大阪府豊中市蛍池東町2丁目3番6号 シャンティー今谷101)+オンライン(Zoom)

■定員(先着順)
◎リアルでの参加:7名
◎オンラインでの参加:50名

■申込締切:上記の定員に達しなければ開催日時の「1時間前まで」。

★詳細&申込み:https://peatix.com/event/3310402

 

著者プロフィール

著者の早見和真(はやみ・かずまさ)さんは、1977年生まれ、神奈川県出身、愛媛県在住。2008年『ひゃくはち』で作家デビュー。

『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、『ザ・ロイヤルファミリー』で2019年度JRA賞馬事文化賞第33回山本周五郎賞をW受賞。。『店長がバカすぎて』で2020年本屋大賞9位。『あの夏の正解』で「2021年Yahoo!ニュース│本屋大賞ノンフィクション本大賞」ノミネート

他の著書に『スリーピング・ブッダ』『95(キュウゴー) 』『ぼくたちの家族』『笑うマトリョーシカ』『小説王』、『かなしきデブ猫ちゃん』(かのうかりんさんとの共著)、『八月の母』など。

 

新! 店長がバカすぎて
早見 和真 (著)

<既刊>

店長がバカすぎて
早見和真 (著)

「幸せになりたいから働いているんだ」
谷原京子、28歳。独身。とにかく本が好き。現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。
山本猛(たける)という名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長の元、文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも、日々忙しく働いている。
あこがれの先輩書店員小柳真理さんの存在が心の支えだ。
そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。

 
【関連】
【リアル&オンライン(Zoom)】『新!店長がバカすぎて』刊行記念トークイベント ~執筆のアレコレ&著者早見和真さんの本屋の楽しみ方~ | Peatix

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。