本のページ

SINCE 1991

【第11回創元SF短編賞】折輝真透さん「上海」が受賞

第11回創元SF短編賞が決定!

第11回創元SF短編賞が決定!

東京創元社は4月28日、短編SFの新人文学賞「第11回創元SF短編賞」の受賞作を発表しました。

 

第11回創元SF短編賞が決定!

第11回創元SF短編賞の最終選考会が4月27日にオンライン会議システム上で開催され、受賞作が次の通り決定しました。

 
<第11回創元SF短編賞 受賞作品>

■創元SF短編賞
折輝真透(おりてる・まとう)さん
「上海」

 
受賞者の折輝真透さんは、1991年生まれ。東京都出身。2018年『マーチング・ウィズ・ゾンビーズ』でジャンプホラー小説大賞「金賞」、2019年『それ以上でも、それ以下でもない』でアガサ・クリスティー賞を受賞。

選考委員は堀晃さん・宮内悠介さん、小浜徹也さん(東京創元社)。

 
なお、惜しくも選に漏れた最終候補作の中から下記の1作品に選考委員奨励賞が贈られました。

◎夜来風音(やらい かざね)さん「大江戸しんぐらりてい」

 
「受賞のことば」など詳細は、http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/11th/http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/11th/ をご覧ください。

選評は、2020年6月上旬発売の『ミステリーズ!』vol.101 および、今夏発売予定の『Genesis 創元日本SFアンソロジー』夏季号に掲載されます。

 

創元SF短編賞について

創元SF短編賞は、東京創元社が主催する公募の文学賞です。

対象となるのは、未発表の“広義”のSF短編(40字×40行換算で10枚以上25枚以下)で、受賞作は6月刊行予定の『Genesis 創元日本SFアンソロジー』に掲載された後、短編単体で電子書籍化され、規定印税をもって賞金となります。

 
【関連】
第11回 創元SF短編賞 | 東京創元社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です