本のページ

SINCE 1991

泉坂光輝さん『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』特設サイトがオープン! 外出が難しい今こそ、読んで京都(みやこ)を感じよう!

泉坂光輝さん『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』特設サイトがオープン!

泉坂光輝さん『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』特設サイトがオープン!

マイクロマガジン社は、オトナ女子向け文芸レーベル「ことのは文庫」最新作『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』(著者:泉坂光輝さん/イラスト:くろのくろさん)の特設サイトをオープンしました。

 

「本当にみつけたいものは何ですか?」――古都の魅力を詰め込んだはんなり京都弁ミステリー

特設サイトでは、「試し読み」のほかに、作品の舞台となった京都の街をマップで楽しめます。多数の方々の書評もご覧になれます。

★『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』特設サイト:https://kotonohabunko.jp/special/ephemeral/https://kotonohabunko.jp/special/ephemeral/

 
<『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』あらすじ>

『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』(著:泉坂光輝さん/イラスト:くろのくろさん)

『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』(著:泉坂光輝さん/イラスト:くろのくろさん)

大学の法学部に通う高槻ナラは、亡き祖父と同じ法律家を目指す現役女子大生。
神宮道を折れた路地にあるかつての祖父の法律事務所は改装され、探偵・春瀬壱弥が住む事務所となっていた。
ぐうたらで生活力のない壱弥を心配するナラは、彼の飄々とした姿に振り回される日々。
しかし、あるひとつの依頼をきっかけに、ナラは探偵助手として壱弥とともに京都の町を奔走することになるが─。

 
<「NetGalley」に寄せられたレビューの一部を紹介!>

◎自然体がカッコイイ! この探偵の魅力にハマる人は私だけではないはず。(書店関係者)
◎京都、お着物、京都弁、イケメン、謎解きが好きな人にオススメ!(書店関係者)
◎まるで本当に京都を訪れているようで、いつまでも読んでいたい気分になる。(レビュアー)
◎次に続く余韻が感じられ、優しさの中に切なさを感じることができる物語。(レビュアー)
◎切なくも心温まる3つの短編。静かな残り火のような温さが心地よかった。(レビュアー)
◎人の心に寄り添い、物事の本質とは何かと考える大切さを教えてくれる作品。(教育関係者)
◎ハートフルな物語はとても質が高く、「人の温度」を感じられる作品。(書店関係者)

★NetGalley紹介ページ:https://bit.ly/34g5RIshttps://bit.ly/34g5RIs

 

著者プロフィール

著者の泉坂光輝(いずみさか・みつき)さんは、京都在住。2019年より「エブリスタ」にて小説『神宮道とエフェメラル』を発表。ルーキー特集にピックアップされたのをきっかけにして書籍化が決定、本作『神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル』がデビュー作となる。

着物と和歌と金魚が好き。

 

オトナ女子向け文芸レーベル「ことのは文庫」について

「心に響く物語に、きっと出会える」

「ことのは文庫」は、マイクロマガジン社より発行しているオトナ女子向け文芸レーベルです。
2019年6月に創刊され、『極彩色の食卓』や『花咲く神楽坂』などの作品が刊行されています。新作は毎月20日に発売。

★ことのは文庫公式サイト:http://micromagazine.net/kotonohabunko/index.htmlhttp://micromagazine.net/kotonohabunko/index.html
★ことのは文庫Twitter:https://mobile.twitter.com/kotonoha_mmhttps://mobile.twitter.com/kotonoha_mm

 

神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル (ことのは文庫)神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル (ことのは文庫)
泉坂光輝 (著), くろのくろ (イラスト)

読むと京都(みやこ)を歩きたくなる!
古都の魅力を詰め込んだ、はんなり京都弁ミステリー!

 
【関連】
神宮道西入ル 謎解き京都のエフェメラル| ことのは文庫

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です