気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『不機嫌は罪である』もはや上機嫌は「職務」の時代に!不機嫌な身心とサヨナラする技術

『不機嫌は罪である』もはや上機嫌は「職務」の時代に!不機嫌な身心とサヨナラする技術

『不機嫌は罪である』もはや上機嫌は「職務」の時代に!不機嫌な身心とサヨナラする技術

齋藤孝さん著『不機嫌は罪である』(角川新書)がKADOKAWAより刊行されました。

 

上機嫌は今や「職務」です!

慢性的な不機嫌は自らを蝕むだけでなく、職場全体の生産性を下げ、トラブルやハラスメントの火種になります。

齋藤孝さんが、SNS時代の新たな不機嫌の形にも言及しながら、自身と周囲を上機嫌にし現代を円滑に生きるワザを伝授します。

 

本書の目次

第1章 もはや不機嫌は許されない

第2章 ネット社会がもたらした新しい不機嫌

第3章 からだをひらけば不機嫌は解消する

第4章 上機嫌を保つこころの習慣

第5章 上機嫌な会話が人生を豊かにする

 

齋藤孝さん プロフィール

著者の齋藤孝(さいとう・たかし)さんは、1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、現在明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。

著書に『語彙力こそが教養である』『文脈力こそが知性である』(以上、角川新書)、『だれでも書ける最高の読書感想文』『三色ボールペンで読む日本語』『呼吸入門』(以上、角川文庫)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)など多数。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です