気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『老けない 感染しない 病気しない 最強の体は食事で作れる!』自分の体を守る「食べ方」がわかる!

牧田善二さん著『老けない 感染しない 病気しない 最強の体は食事で作れる!』

牧田善二さん著『老けない 感染しない 病気しない 最強の体は食事で作れる!』

牧田善二さん著『老けない 感染しない 病気しない 最強の体は食事で作れる!』が、学研プラスより刊行されました。

 

健康の基礎力をUPさせる秘訣は「食べ方」にあり!

新型コロナウイルスの流行で、改めて実感するのが「健康」の大切さです。
この混沌を生き抜くには健康の基礎力をUPさせ、病気に対する抵抗力をつけなければなりません。そこで重要になってくるのが毎日の食事です。

 
著者である牧田善二さんは、糖尿病をはじめとする生活習慣病・肥満治療において延べ20万人以上の患者を診察し、食と健康に関する数々のベストセラーをものしてきた医学博士です。

本書では3つの体内反応を毎日の食べ方によってコントロールし、感染症・老化・その他のさまざまな病気を寄せつけない体を作るテクニックを紹介しています。

 
3つの体内反応とは「酸化」「糖化」、そして「慢性炎症」です。

3つの体内反応はどれも日常的に起こっていること。だからこそ、このトライアングルを抑制 すれば、完璧な自己防衛システムが完成!

3つの体内反応はどれも日常的に起こっていること。だからこそ、このトライアングルを抑制 すれば、完璧な自己防衛システムが完成!

 

「酸化」と「糖化」に加え、病気の引き金となるもうひとつの反応がある

「酸化」とは、体のサビとも呼ばれる、活性酸素によって体の諸機能が低下する反応。免疫機能も低下させ、感染症にかかりやすくなると言われます。

「糖化」は、体のコゲとも呼ばれる、糖質とたんぱく質が結びついてAGEという物質ができる反応。見た目にも肌や髪などの老化が進みます。

 
では、「慢性炎症」とはなんでしょうか。耳慣れない言葉ですが、近年、注目される体内反応であり、ガンや心筋梗塞など大きな病気の火種になることがわかってきました。

3つの反応は体内で密接に関わり合っており、1つが起こればほかの2つも促され、増幅する関係。すべてを抑えられれば、病気知らずの最強の体を手にすることができるというわけです。

 
本書ではこの体内反応と病気との因果関係について、最新情報をもとにわかりやすく解説し、具体的な対策を紹介していきます。

その鍵を握るのが「毎日の食べ方」です。

「酸化」とは何か?「糖化」とは?「慢性炎症」とは? そのメカニズムも漫画でわかりやすく解説しています。

「酸化」とは何か?「糖化」とは?「慢性炎症」とは? そのメカニズムも漫画でわかりやすく解説しています。

 

最強の体は身近な食材と食べ方で作る!

感染症、老化、その他の病気、本書ではそれぞれのパートに分け、それらを防ぐ食べ方を紹介していきます。

どんな食材の成分がなぜ、どのような体の悩みに役立つか、どう食べたらよいのか、身近な食材の医学的に正しい食べ方のテクニックを、図解やマンガをまじえながらわかりやすく解説しています。

 
たとえば、
「感染症から守る力が72時間続く! 『アブラナ科』を欠かさない」
「パンにはバターを!『油を足す』ほうが若くなる」

なんでアブラナ!? なんで72時間!? そもそも油と老化の関係とは!?
意表を突く切り口で、役に立つことはもちろん、知的好奇心をも刺激する内容となっています。

ブロッコリーに含まれる抗酸化物質は「アブラナ科」の野菜に共通する特徴だったとわかれば、野菜選びの幅も広がります。

ブロッコリーに含まれる抗酸化物質は「アブラナ科」の野菜に共通する特徴だったとわかれば、野菜選びの幅も広がります。

 

本書の構成

まんがで解説……酸化/ 糖化/ 慢性炎症って何?

PART1 酸化を防ぐ食べ方
・毎日のスタミナUPに鶏むね肉
・抗酸化力たっぷり カラフル野菜

PART2 糖化を防ぐ食べ方
・パンはそのままよりバターを塗る
・べジファーストよりたんぱくファースト

PART3 慢性炎症を防ぐ食べ方
・朝、コーヒーを飲む
・ミカンはスジごと食べる ほか

 

著者プロフィール

著者の牧田善二(まきた・ぜんじ)さんは、医学博士。糖尿病専門医。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEを研究。血中AGEの測定法を 世界で初めて開発し、『The New England Journal of Medicine』『Science』『THE LANCET』などのトップジャーナルに、AGEに関する論文を第一 著者として発表。2003年、東京・銀座にて糖尿病をはじめとする生活習慣病・ 肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を開業。現在までに、延べ20万人以上の患者を診察。

著書に『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』『糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい』など。

 

老けない 感染しない 病気しない 最強の体は食事で作れる!
牧田善二 (著)

感染症を寄せつけない力は「アブラナ科」で作る、若く見える人は「たんぱくファースト」――。見た目が老けない・感染症に感染しない・病気しない最強の体になる、今日からできる食べ方のコツを医学博士・牧田善二先生が教える!

・新型コロナ、インフルエンザなどの「感染症」が心配
・しみ、シワ、白髪などの「老化」が気になる
・がん、動脈硬化などの「病気」が不安

感染症、老化、さまざまな病気は、体の大きな心配ごと。
これらの原因となるのが、体の中で起こっている「酸化」「糖化」「慢性炎症」という3つの反応です。

酸化は感染症に、糖化は老化に、慢性炎症はさまざまな病気に、特に関わりが深いものですが、これら3つはどれか1つが起これば、ほかの2つも促されてしまう関係です。
つまり、どれか1つを防げばほかの2つの予防にもつながり、3つを防げばさらに防御が強くなるということ。
防ぐために有効なのが、毎日のちょっとした「食べ方」の工夫.
身近な食材で今日からできる食べ方のコツを、医学博士・牧田善二先生が解説します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です