本のページ

SINCE 1991

伊吹有喜さん原作『今はちょっと、ついてないだけ』映画公開日決定&主題歌解禁! 原作・光文社文庫も全面新帯にリニューアル

伊吹有喜さん原作『今はちょっと、ついてないだけ』映画公開日決定&主題歌解禁!

伊吹有喜さん原作『今はちょっと、ついてないだけ』映画公開日決定&主題歌解禁!

昨年、伊吹有喜さん著『今はちょっと、ついてないだけ』(光文社文庫)を原作として、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市連携により製作された映画『今はちょっと、ついてないだけ』が完成し、4月8日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショーすることが決定しました。

あわせて、ポスタービジュアル、主題歌が情報解禁となり、原作の光文社文庫も映画のビジュアルを使用した全面帯にリニューアルしました。

 

重ねる日々に見出す希望の物語

かつて秘境を旅する番組で人気カメラマンとして脚光を浴びながら、表舞台から姿を消した立花(玉山鉄二さん)。彼に写真を撮る喜びを思い出させ、以前とは違う形で再び自然へと導いたのは、シェアハウスに集う不器用な仲間たちとの笑顔の日々だった。失職した元テレビマンの宮川(音尾琢真さん)、将来を悩む美容部員の瀬戸(深川麻衣さん)、復活を望む芸人の会田(団長安田さん)。立花も彼らも、ゆったり流れる時間の中で、それぞれの“心が本当に求めるもの”を見つけ出そうとしていた…。

 
部屋に差し込む朝の光、コーヒーの香り、湖を渡る風…。シェアハウスと自然を舞台に、ゆったり流れる時間の中で、日々を丁寧に生きようとする不器用な大人達の輝きを見つめる映画が誕生しました。

 
かつてはスター・カメラマンだった寡黙な主人公を演じるのは、『カフーを待ちわびて』以来13年ぶりの映画主演となる玉山鉄二さん。シェアハウスの仲間達に音尾琢真さん、深川麻衣さん、団長安田さん(安田大サーカス)、ほか高橋和也さんらが顔を揃えます。

『四十九日のレシピ』他が映像化された作家・伊吹有喜さんの同名小説を原作に、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の柴山健次さんが監督を務めました。ままならない現実を「今はちょっと、ついてないだけ」と受け入れ、“心が本当に求めるもの”を重ねる日々に見出していく丁寧な生き方が、心をそっと幸せで満たします。

 

原作の伊吹有喜さん『今はちょっと、ついてないだけ』(光文社文庫)が映画ビジュアルの全面帯に!

映画公開に向け、原作・光文社文庫『今はちょっと、ついてないだけ』も、解禁されたポスタービジュアルを使用した全面帯にリニューアル。書店展開を開始します。

 
【あらすじ】
バブルの頃、自然写真家としてもてはやされた立花浩樹は、ブームが過ぎると忘れられ、所属事務所に負わされた多額の借金を返すうちに四十代になった。カメラも捨て、すべてを失い。自分が人生で本当に欲しいものとは、なんだったのか? 問い返すうち、ある少女からの撮影依頼で東京へ行くことになった浩樹は、思いがけない人生の「敗者復活戦」に挑むことになる。

 

原作者・伊吹有喜さん プロフィール

伊吹有喜(いぶき・ゆき)さんは、1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒業。出版社勤務を経て、2008年『風待ちのひと』(「夏の終わりのトラヴィアータ」より改題)で第三回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、デビュー。

2010年に二作目『四十九日のレシピ』を刊行。同作は2011年にNHKにてドラマ化、2013年に映画化。
2014年刊行の『ミッドナイト・バス』は第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補に。同作は2018年に映画化。2017年刊行の『カンパニー』は2018年に宝塚歌劇月組にて舞台化。2021年にNHK BSプレミアムドラマにてドラマ化。
同じく2017年刊行の『彼方の友へ』は第158回直木賞候補、第39回吉川英治新人文学賞候補。名古屋の書店を中心にした全国有志の書店員による「乙女の友大賞」を受賞。2020年刊行の『犬がいた季節』は2021年本屋大賞3位、第34回山本周五郎賞候補に。同年刊行の『雲を紡ぐ」は第163回直木賞候補。埼玉県の高校図書館司書が選んだ2020年のイチオシ本第一位。2021年5月に第8回高校生直木賞を受賞

このほかに『なでし子物語』『地の星 なでし子物語』『天の花 なでし子物語』、 『BAR追分』シリーズなどがある。

 

今回解禁となるポスターにも注目!

主人公・立花浩樹を演じる玉山鉄二さんが、長野県飯山市北竜湖で、美しい緑の木々をバックにカヌーを操るシーン、そして、千葉県茂原市に本作のため準備されたシェアハウスの前で、仲間達である音尾琢真さん、深川麻衣さん、団長安田さんと4人の笑顔が印象的なシーンを組み合わせた、色鮮やかなビジュアルが完成しました。

 
「ゆっくり、進もうか」主人公の言葉が心に響く…特報解禁!

 

 
★動画URL:https://youtu.be/eqXTCBTxX6E

 

主題歌はAge Factory(エイジファクトリー)「First day song」

◆楽曲:「First day song」 Age Factory(SPACE SHOWER MUSIC)
◆作詞:清水英介さん/作曲:Age Factory

 
【Age Factory 清水英介さん(Vo.Gt.)コメント】

今日は残された日々の最初の1日目だ。
それは全ての人に言えることだし、きっと僕らはどこまでも自由なんだと思う
憧れていた昨日ではなく誰も知らない明日を見ていたい。
原作を読んでとても澄んだ空を見たくなりこの曲を書きました。
誰かの大切な瞬間に贈ります。
初めて題材のある曲を書きました。
とても好きな曲が出来て嬉しく思います。ありがとう。

 
【Age Factory(エイジファクトリー)プロフィール】

Vo/Gt 清水英介さん、Ba/Cho 西口直人さん、Dr/Cho 増子央人さんの奈良発3人組ロックバンド。

昨年11月には4枚目のフルアルバム、「Pure Blue」をリリース。2月からは岡山を皮切りに全国6カ所のワンマンツアーを開催する。今回、提供した楽曲「First day song」は彼ら初の書下ろし曲となる。

★オフィシャルHP:https://agefactory.biz
★アーティストリンク:https://agefactory.lnk.to/top#

 

ムビチケ絶賛発売中!

4人が集うシェアハウスの中で撮影された写真のムビチケも公開劇場にて絶賛発売中です。

※詳細は公式サイト(https://gaga.ne.jp/ima-tsui/)まで。

 

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2022」にて世界最速特別上映決定!

2月11日(金・祝)~3月6日(日)に開催される映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2022」内で実施される「映画のつくり手」に贈る映画賞「映画のまち調布賞」授賞式にて、劇場公開に先駆け、『今はちょっと、ついてないだけ』が監督&出演者によるトークイベント付きで世界最速上映が決定しました。

 
■日時:2月26日(土) 

■場所:イオンシネマシアタス調布 

■スケジュール
◎17:00~18:00 第4回映画のまち調布賞 授賞式
◎18:10~『今はちょっと、ついてないだけ』トークイベント(20~30分程度)&本編上映

■登壇予定:柴山健次監督、玉山鉄二さん、深川麻衣さん

★オフィシャルHP:https://chofucinemafestival.com/

 

映画『今はちょっと、ついてないだけ』概要〔敬称略〕

4月8日(金)新宿ピカデリー他 全国順次ロードショー!

■監督・脚本:柴山健次(『流れ星が消えないうちに』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』)

■原作:伊吹有喜『今はちょっと、ついてないだけ』(光文社文庫)

■出演:玉山鉄二、音尾琢真、深川麻衣、団長安田(安田大サーカス)/高橋和也 他

■配給:ギャガ

(c) 2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会

★オフィシャルHP:https://gaga.ne.jp/ima-tsui/
★オフィシャルTwitter:https://twitter.com/ima_tsui

 

今はちょっと、ついてないだけ (光文社文庫)
伊吹 有喜 (著)

バブルの頃、自然写真家としてもてはやされた立花浩樹は、ブームが過ぎると忘れられ、所属事務所に負わされた多額の借金を返すうちに四十代になった。カメラも捨て、すべてを失い。自分が人生で本当に欲しいものとは、なんだったのか?問い返すうち、ある少女からの撮影依頼で東京へ行くことになった浩樹は、思いがけない人生の「敗者復活戦」に挑むことになる。

 
【関連】
映画『今はちょっと、ついてないだけ』 公式サイト
【完売】第4回映画のまち調布賞授賞式&『今はちょっと、ついてないだけ』先行特別上映 | 上映作品 | 映画のまち調布シネマフェスティバル2022

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。