本のページ

SINCE 1991

瀬尾まいこさん「本屋大賞」受賞後第一作『夜明けのすべて』が10月刊行 自身のパニック障害の経験がモチーフ

瀬尾まいこさん著『夜明けのすべて』

瀬尾まいこさん著『夜明けのすべて』

文藝春秋は、『そして、バトンは渡された』で2019年の本屋大賞を受賞した瀬尾まいこさんの受賞後第一作『夜明けのすべて』(発行元:水鈴社)を10月に発売します。

ご自身のパニック障害の経験をモチーフにしながら、瀬尾さんらしい温かさとユーモアに満ちた、全ての読者の暗闇に光が差し込むような物語となっています。

 

『夜明けのすべて』あらすじ

<あらすじ>

知ってる? 夜明けの直前が、一番暗いって。

「今の自分にできることなど何もないと思っていたけど、可能なことが一つある」
職場の人たちの理解に助けられながらも、月に一度のPMS(月経前症候群)でイライラが抑えられない美紗は、やる気がないように見える、転職してきたばかりの山添君に当たってしまう。
山添君は、パニック障害になり、生きがいも気力も失っていた。
互いに友情も恋も感じていないけれど、おせっかい者同士の二人は、自分の病気は治せなくても、相手を助けることはできるのではないかと思うようになる――。

人生は思っていたより厳しいけれど、救いだってそこら中にある。
生きるのが少し楽になる、心に優しい物語。
本屋大賞受賞後第一作。水鈴社創立初の単行本、渾身の書き下ろし。

 

瀬尾まいこさんコメント 『夜明けのすべて』刊行にあたって

人生は想像より厳しくて、暗闇はそこら中に転がっていて、するりと舞い込んできたりします。

でも、夜明けの向こうにある光を引っ張ってきてくれるものも、そこら中にきっとあるはずだと思いたいです。

いつも本が完成して思うことは、「楽しく読んでもらえることが一番だ」です。その思いは今回も変わりませんが、『夜明けのすべて』を読んでくださった方が、ほっとできる一瞬を味わってくださるのなら、明日を待ち遠しいと思っていただけるなら、幸いです。

瀬尾まいこさん (c)文藝春秋

瀬尾まいこさん (c)文藝春秋

 

瀬尾まいこさん プロフィール

著者の瀬尾まいこ(せお・まいこ)さんは、1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文学科卒業。2001年「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。

2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞、2009年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞、2019年『そして、バトンは渡された』で本屋大賞を受賞。

他の作品に『図書館の神様』『強運の持ち主』『優しい音楽』『あと少し、もう少し』『傑作はまだ』など多数。

 

夜明けのすべて
瀬尾 まいこ (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です