本のページ

SINCE 1991

文藝春秋が2021年電子書籍DL数ベスト10を発表 1位は瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』

瀬尾まいこさん著『そして、バトンは渡された』

瀬尾まいこさん著『そして、バトンは渡された』

文藝春秋「電子書籍編集部」では、文藝春秋の電子書籍約5000点のダウンロード数を元に集計した、2021年電子書籍ベスト10を発表しました。

 

文藝春秋「2021年電子書籍ダウンロード数ベスト10」〔敬称略〕

1位『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)

2位『コンビニ人間』(村田沙耶香)

3位『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(鈴木忠平)

4位『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(若林正恭)

5位『DXの思考法 日本経済復活への最強戦略』(西山圭太/冨山和彦・解説)

6位『ファーストラヴ』(島本理生)

7位『ナナメの夕暮れ』(若林正恭)

8位『女のいない男たち』(村上春樹)

9位『容疑者Xの献身』(東野圭吾)

10位『在宅ひとり死のススメ』(上野千鶴子)

 

1位は映画化されたベストセラー『そして、バトンは渡された』

1位は令和最大のベストセラー『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこさん)。2019年の本屋大賞に輝いた本作は、今年10月に永野芽郁さん×田中圭さん×石原さとみさんという豪華キャストで映画化され、一年を通じて各電子書店で売れ続けました。日本出版販売が発表した2021年のベストセラー文庫部門でも1位となっています。

2位は、芥川賞を受賞した2016年に1位となってから6年連続でベスト3以内と、まさにデジタル時代を象徴するベストセラー『コンビニ人間』(村田沙耶香さん)。来年以降、どこまでランキングの上位にとどまり続けるかも注目です。

3位には今年9月に刊行された『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(鈴木忠平さん)が入りました。ドラゴンズで8年間監督を務め、日本一にもなりながらファンやマスコミから厳しい視線を浴び続けた落合博満さん。その実像に迫ったノンフィクションは『週刊文春』連載中から話題となり、単行本発売後は電子書籍でも一気にダウンロード数を伸ばしました。

 
また、2021年からコミック部門を一般書から分離し、コミックの電子版ベスト20として発表されることになりました。

コミック部門1位は『裸一貫! つづ井さん3』(つづ井さん)。腐女子のハッピーライフを軽妙に描いた人気エッセイの第3弾です。つづ井さんシリーズは2巻が4位、1巻が7位、『まるごと 腐女子のつづ井さん』が9位と、ファンから熱く支持されています。

2位は『僕が夫に出会うまで』(原作:七崎良輔さん、漫画:つきづきよしさん、)がランクイン。日本社会を生きるゲイの葛藤や恋を描いた七崎良輔さんの自伝を、BL漫画家のつきづきよしさんが漫画化したもので、女性からの熱狂的な支持を受けました。海外での翻訳も続々と決定し、人気はワールドワイドになっています。

3位にランクインしたのは『俺、勇者じゃないですから。1 VR世界の頂点に君臨せし男。転生し、レベル1の無職からリスタートする』(原作:心音ゆるりさん、漫画:伊咲ウタさん)。タイトルの通り、異世界転生モノの王道をいく作品です。投稿サイト「小説家になろう」で1300万PVの人気作が原作ということもあり、10月に発売されたにもかかわらず、爆発的な初速売り上げを記録している注目作です。

なお、このランキングをまとめた無料電子書籍『2021文藝春秋電子書籍ベスト100【文春e-Books】』は各電子書店で順次配信されます。

 

そして、バトンは渡された (文春文庫)
瀬尾 まいこ (著)

2021年10月、永野芽郁×田中圭×石原さとみ主演で映画化!

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、
出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。
大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。

解説・上白石萌音

裸一貫! つづ井さん3 (文春e-book)
つづ井 (著)

リモートで夏祭り、ハロウィン、ちょっとしたパーティー!? Stay Homeもたのしく生きる!!! 累計55万部突破・アイデアでおうち時間を200%ゆたかにする、つづ井さんたちの日常コメディー第3弾! 「オカザキさんのリモート誕生日」ほか、50ページ以上を描きおろし。さらに、「喫茶店を営むつづ井とある紳士の出会い」を描く、初の夢小説『通り雨』もイラスト描きおろしで収録――…!

2021文藝春秋電子書籍ベスト100【文春e-Books】
文藝春秋 (著)

2021年、もっともよく読まれている作品は?

文藝春秋の電子書籍約5200点のダウンロード数を元に集計した、電子書籍ベスト100です。
2021年の1位は、映画化もされたあの小説。
今年もバラエティに富んだランキングになりました。

また今年から文藝春秋コミックベスト20を掲載。「こんなコミックが文春から!?」と驚かれるタイトルもありますので、こちらもお楽しみに!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です