本のページ

SINCE 1991

文喫×日東紅茶が企画展「1杯の紅茶、6分間の本。」を共催 「八咫烏シリーズ」著者・阿部智里さんと紅茶を楽しむトークイベント「夜の紅茶、夜の本」も開催

文喫×日東紅茶が企画展「1杯の紅茶、6分間の本。」を共催

文喫×日東紅茶が企画展「1杯の紅茶、6分間の本。」を共催

110年の歴史を持ち、日本の生活者に寄り添う紅茶文化を育て、導いてきた三井農林の紅茶ブランド「日東紅茶」と、日本出版販売(日販)とリブロプラスが運営する “本と出会うための本屋” 「文喫」は、企画展「1杯の紅茶、6分間の本。」を11月1日(金)より開催します。

また、11月28日(木)には、「八咫烏シリーズ」の作者・阿部智里さんと紅茶を楽しむトークイベント「夜の紅茶、夜の本」も開催されます。

 

本と出会うための本屋「文喫」と110年の歴史を持つ三井農林(日東紅茶)が、企画展「1杯の紅茶、6分間の本。」を共催

「文喫」は、本と出会うための本屋として、2018年12月11日、六本木にオープンしました。入場料1,500円(税別)を徴収し、3万冊の蔵書から、意中の1冊と出会うための時間を提供しています。

三井農林は1909年(明治42年)に創業し、今年で110年を迎えます。1927年には「日東紅茶」の前身となる「三井紅茶」を発売。「日東コーナーハウス」をはじめとするティールームの展開や紅茶の啓蒙活動を通じて日本の紅茶文化を育み、時代とともにその発展に寄与してきました。

 
今回開催される「1杯の紅茶、6分間の本。」は、本と紅茶に共通する “目の前の現実からつかの間に離れて、ふっと自由になる時間を提供する” という性質に着目し、”本を読む体験とそこに寄り添う紅茶”という視点で企画されました。

開催期間中には、各種展示のほか、作家・阿部智里さんを招いてのイベント開催や、平日限定で1日3回のティーブレイク(紅茶とお菓子の提供)も実施されます。

 

企画展「1杯の紅茶、6分間の本。」 開催概要

■展示室(入場無料)

「文喫」がセレクトする「6分間の本」を楽しめます。「熱々の紅茶を1杯、カップに注いで、立ち昇る香りを楽しみながら、温度が少し落ち着くのを待つ」。この時間を約6分間として、その間に読める本を選んでいます。

すぐに読み切れる短編から、引き込まれて続きが読みたくなるフレーズ、眺めるだけでマインドをリセットできそうな写真集、インスピレーションを与えてくれるフレーズなど、“6分間の本を読む”という体験をお楽しみください。
慌ただしい日々の中でも、少しの間、本を読むだけで、ふっと日常の喧騒を離れられるでしょう。

 
■選書室

「レキシ」「タビジ」「クラシ」の3つのテーマで選書したコーナーを展開します。

◎「レキシ」:紅茶から広がる嗜好品の歴史、文化に関する本
◎「タビジ」:紅茶の持つ「日常から離れてトリップする」という性質にインスピレーションを受けてセレクトした文学・旅行記など
◎「クラシ」:生活に寄り添う紅茶という視点で、暮らしのさまざまな様態を表現する本

 
■喫茶室

期間中の平日に1日3回(11:00 / 13:00 / 18:30)「ティーブレイク」を開催します。目の前の現実からつかの間に離れて、ふっと自由になる時間。1杯の紅茶とお菓子を無料で楽しめます。ベルが鳴ったら、みんなでテーブルに集まってひと休みしましょう。紅茶は三井農林が提供します。
※開催時間は多少前後する可能性があります。
※「ティーブレイク」の利用は、「文喫」の有料エリアを利用中の方に限ります。
※お菓子は数がなくなり次第終了します。

 
■開催期間:2019年11月1日(金)~11月30日(土)
開催期間中は通常の珈琲・煎茶に加え、紅茶もおかわり自由で提供されます。
※喫茶室での「ティーブレイク」開催は平日のみです。

 

11月28日(木)に小説家・阿部智里さんと紅茶を楽しむトークイベント「夜の紅茶、夜の本」を開催

11月28日(木)には、累計130万部を超える「八咫烏シリーズ」の作者・阿部智里さんを招いて紅茶と本を楽しむトークイベント「夜の紅茶、夜の本」が開催されます。

三井農林から日本紅茶協会認定ティーインストラクター(※)を招き、紅茶の淹れ方講座や、産地ごとの紅茶のテイスティングを行います。紅茶がお好きだという阿部智里さんと一緒に紅茶の文化に分け入って、味わって、体験しましょう。
※日本紅茶協会認定ティーインストラクター:日本で唯一の紅茶業界団体「日本紅茶協会」が主催する、紅茶の啓蒙を行う人材を育成・認定することを目的とした資格。

 
【小説家・阿部智里と紅茶を愉しむ「夜の紅茶、夜の本」】開催概要

■日時:11月28日(木)19時00分~20時30分(18時30分開場)

■会場:文喫 六本木(https://goo.gl/maps/wYj1CzwPCxv

■定員:30名

■料金:2,500円(文喫入場料込/税別)
※定額制会員サービス「文喫定期券」会員の方は1,000円(税別)で参加できます。

■イベント企画協力:株式会社文藝春秋

★イベント参加申し込み:https://kouchatohon-bunkitsu.peatix.com/

 
<阿部智里さん プロフィール>

(写真提供:文藝春秋)

(写真提供:文藝春秋)

阿部智里さんは、1991年群馬県生まれ。2012年早稲田大学文化構想学部在学中、史上最年少の20歳で著作『烏に単は似合わない』が松本清張賞を受賞。2017年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。

デビュー作から続く著書「八咫烏シリーズ」は累計130万部を越える大ベストセラーに。松崎夏未さんが『烏に単は似合わない』をWeb&アプリ「コミックDAYS」(講談社)にて漫画連載中。2019年『発現』(NHK出版)刊行。

 
【関連】
【11月28日】小説家・阿部智里と紅茶を愉しむ「夜の紅茶、夜の本」 | Peatix

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です