本のページ

SINCE 1991

【2020年度 日本詩人クラブ三賞】日本詩人クラブ賞を本多寿さん 新人賞を野口やよいさん、詩界賞を野沢啓さんが受賞

日本詩人クラブ三賞が決定!

日本詩人クラブ三賞が決定!

一般社団法人「日本詩人クラブ」は、第53回日本詩人クラブ賞および第30回日本詩人クラブ新人賞、第20回日本詩人クラブ詩界賞の受賞作を発表しました。

 

日本詩人クラブ三賞が決定!

日本詩人クラブ三賞選考委員会が2月16日に開催され、日本詩人クラブ三賞が次の通り決定しました。

 
■第53回日本詩人クラブ賞

本多寿(ほんだ・ひさし)さん
詩集『風の巣』(本多企画)

 
■第30回日本詩人クラブ新人賞

野口やよい(のぐち・やよい)さん
詩集『天を吸って』(版木舎)

 
■第20回日本詩人クラブ詩界賞

野沢啓さん
『単独者鮎川信夫』(思潮社)

 

日本詩人クラブ三賞について

日本詩人クラブ三賞は、1950年に創立された日本詩人クラブが主催。1968年に「日本詩人クラブ賞」を設立。1991年に創立40周年を記念し、「日本詩人クラブ新人賞」を設立。2001年、休刊となっていた機関誌『詩界』復刊に合わせ、「日本詩人クラブ詩界賞」を設立。

 

単独者鮎川信夫
野沢 啓 (著)

戦後詩の主導者としての鮎川信夫の実像と、その詩の類い稀なる奥行きと深さを、新しい資料も利用した独自の解析によってあらためてフォーカスし、鮎川像の神話をはがす。 鮎川論の全面的な脱構築を通じて現代詩の停滞にも檄を飛ばす、理論派の完全復活宣言!

 
【関連】
日本詩人クラブ三賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です