本のページ

SINCE 1991

直木賞作家・桜庭一樹さん創作絵本『すきなひと』&翻訳絵本『おやすみ、ミユキ』刊行記念!トークイベントを東京・神保町で開催

直木賞作家・桜庭一樹さん創作絵本『すきなひと』&翻訳絵本『おやすみ、ミユキ』刊行記念!トークイベントを東京・神保町で開催

直木賞作家・桜庭一樹さん創作絵本『すきなひと』&翻訳絵本『おやすみ、ミユキ』刊行記念!トークイベントを東京・神保町で開催

直木賞作家で、現在、漫画家・手塚治虫さんが残した構想原稿をもとに「小説 火の鳥 大地編」を連載中の桜庭一樹さんは昨年(2019年)、創作絵本『すきなひと』(絵:嶽まいこさん)を5月に、翻訳絵本『おやすみ、ミユキ』(文:ロクサンヌ=マリ・ガリエズさん/絵:セング・ソウン・ラタナヴァンさん)を11月に、岩崎書店から刊行しました。

これらの書籍の刊行を記念して、桜庭一樹さんのトークイベントが1月23日、東京・神保町にて開催されます。

 

桜庭一樹さんが絵本に挑む! 創作&翻訳絵本 刊行記念トークイベントを開催!

「桜庭さんが、絵本?」と、びっくりされた方も多かったことでしょう。
海外の旅先でも、必ず本屋さんをのぞき、重たいのに何冊も購入して帰国してしまう桜庭さん。
そんな本の中に11月に刊行された『おやすみ、ミユキ』の原書は入っていました。

 
それから、どんな風にして、日本語版が生まれたのか。
初めての創作絵本『すきなひと』は、どのような思いから、形になっていったのか……。

 
今回のトークイベントでは、子どもの頃から、浴びるように本を読んでいた桜庭さんだからこその、絵本への熱い想いが語られます。聞き手は、フリー編集者のほそえさちよさん。

 

【 『おやすみ、ミユキ』『すきなひと』刊行記念トークイベント わたしのすきな絵本~創作、翻訳を手がけて 】 開催概要

■日時:2020年1月23日(木)18:30~20:00 ※終了後サイン会あり

■会場:ブックハウスカフェ 2F(https://www.bookhousecafe.jp/
◎住所:東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル

■出演者:桜庭一樹さん(作家)、ほそえさちよさん(フリー編集者)

■参加費:1,500円
◎お得な絵本セット2,500円(上記の絵本1冊1,650円と参加費)がオススメ!

■予約:店頭、電話(03-6261-6177)、メール(yoyaku@bookhousecafe.jp)いずれかで、氏名フルネーム(よみがな)/電話番号/参加人数(大人・子供)をお知らせください。
◎メール予約の際は、必ず件名に「1/23 わたしのすきな絵本」として、本文に「名前フルネーム(よみがな)/電話番号/参加人数(大人・子供)」を記載してください。

■問い合せ:ブックハウスカフェ(TEL:03-6261-6177)

 

創作絵本『すきなひと』と翻訳絵本『おやすみ、ミユキ』について

すきなひと
作:桜庭一樹さん/絵:嶽まいこさん/編:瀧井朝世さん

好きな人を待つ、夢のような時間

ある夜、「じぶん」とすれちがった。
「すきなひとがいるからおいかけてる」。
すきなひとなんていないのに。
でも……。

おやすみ、ミユキ
文:ロクサンヌ=マリ・ガリエズさん/絵:セング・ソウン・ラタナヴァンさん/訳:桜庭一樹さん

フランス生まれの超キュートな「和テイスト」の絵本。

「もうねなさい」なんどいわれても「まだよ」とこたえるおんなのこ。ねるまでにしなくてはならないことがたくさんあるんですって。それはいったいなにかしら…。フランスうまれのおんなのこミユキとおじいちゃんのやりとりがゆったりとゆめのせかいへいざないます。ふしぎでうつくしいベッドタイム・ストーリー。

 

桜庭一樹さん プロフィール

桜庭一樹(さくらば・かずき)さんは、1971年鳥取県出身。1999年「夜空に、満天の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞佳作入選。『AD2015 隔離都市ロンリネス・ガーディアン』と改題した同作で作家デビュー。

「GOSICK」シリーズ、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』など少年少女向け小説を経て、一般向け小説に。2007年『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞、2008年『私の男』で第138回直木賞を受賞。

 
【関連】
1/23 桜庭一樹さん「わたしのすきな絵本」トークショー、東京神保町にて開催 – 株式会社岩崎書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です