本のページ

SINCE 1991

「十二国記」新シリーズ250万部、累計1200万部突破! 「十二国記」の日に新聞全面広告、書店で号外、年賀状にも使える「楽俊」イラストDL、『週刊新潮』での特集も

12月4日に発表された「Yahoo!検索大賞2019」では、みごと小説部門賞に輝いた小野不由美さんの「十二国記」ですが、10月と11月に発売された18年ぶりの新作長編『白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』全4巻(新潮文庫)は、わずか1ヵ月余で250万部を突破し、シリーズ累計部数は、1200万部を超えました。

 
そして、愛読者の方たちの声から名付けられた【「十二国記」の日】の12月12日には、ご覧になった方も多いでしょうが、朝日新聞朝刊に、おなじみの山田章博さんのイラストが紙面全体を占める、新潮社としては異例の「カラー全面広告」が掲載されました。
しかも、東京本社版は「泰麒」、大阪本社版は「景王・陽子」、西部本社版は「延王・尚隆と延麒・六太」、そして名古屋本社版+北海道支社版が「供王・珠晶」……と、地域ごとに違う「4種類のデザイン」での展開となりました。

東京本社版(泰麒)

東京本社版(泰麒)

また、全国の書店店頭では、Yahoo!検索大賞受賞や東京メトロ新宿駅プロムナード広告、紀伊國屋書店新宿本店の特別展示、三省堂書店神保町本店の入り口広告などを紹介する「十二国記新聞」号外を配布(なくなり次第終了)。

「十二国記新聞」号外(表)

「十二国記新聞」号外(表)

「十二国記新聞」号外(裏)

「十二国記新聞」号外(裏)

さらに、山田章博さんの書下ろしイラストをダウンロードできる「十二国記」の日記念プレゼントも始まりました(1月15日まで)。
2020年の干支にちなんで、咲き誇る紅梅の前に、シリーズの人気キャラでネズミ姿の半獣・楽俊(らくしゅん)が立つ、賀状にも使えるかわいらしいイラストです。

★ダウンロードはこちらから:https://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/campaign/nenga2020.html

 
また、現在発売中の『週刊新潮』には、社会現象化した「十二国記」の魅力とはいったい何なのかを特集した、「250万部突破という社会現象!『養老孟司』も感嘆する『十二国記』の世界観」が掲載されています。

 

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美 (著)

18年ぶりの書下ろし新作、ついに!
驍宗様(あなた)こそ泰麒(わたし)が玉座に据えた王。
だが――。戴国の怒濤を描く大巨編、開幕!

戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。
乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

週刊新潮 2019年 12/19 号

 
【関連】
「十二国記」の日 記念プレゼント – 小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です