本のページ

SINCE 1991

有栖川有栖さん×市川友章さん「怪談えほん」最新作『おろしてください』刊行記念!原画展を東京・南青山で開催

有栖川有栖さん×市川友章さん「怪談えほん」最新作『おろしてください』刊行記念!原画展を開催

有栖川有栖さん×市川友章さん「怪談えほん」最新作『おろしてください』刊行記念!原画展を開催

岩崎書店は、怖い絵本の火付け役となった「怪談えほん」シリーズの最新作『おろしてください』(作:有栖川有栖さん/絵:市川友章さん/編:東雅夫さん)が1月17日に刊行されることを記念して、1月11日(土)~1月26日(日)の期間、東京・南青山のビリケンギャラリーにて、市川友章さんの原画展を開催します。

 

有栖川有栖さん×市川友章さんが描く悪夢の列車…「怪談えほん」最新作『おろしてください』刊行記念原画展が開催!

裏山を探検していた「ぼく」は、道に迷って歩きまわるうちに、小さな駅を見つけた。
そこへやってきた列車に乗り込んだ「ぼく」の目に飛びこんで来たものは……。
有栖川有栖さんと市川友章さんが描く、悪夢の列車がはしり出す。

 
今回の原画展では、怪談えほん最新作『おろしてください』の原画を中心に、本展のための描きおろし作品も多数展示されます。
また、会場にて『おろしてください』の先行販売も行われます。

 
【怪談えほん『おろしてください』出版記念 市川友章個展】 開催概要

■会期:2020年1月11日(土)~1月26日(日)

■会場:ビリケンギャラリー(http://www.billiken-shokai.co.jp/
◎住所:東京都港区南青山5-17-6-101
◎TEL:03-3400-2214

■時間:12時~19時

■休廊日:月・火曜日 ※1月13日(月)は営業

■入場料:無料

 

著者プロフィール

 
■作者:有栖川有栖(ありすがわ・ありす)さん

1959年、大阪生まれ。同志社大学在学中より推理小説研究会に所属。1989年『月光ゲーム』でデビュー。

『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞を受賞。『46番目の密室』『双頭の悪魔』『鍵の掛かった男』『カナダ金貨の謎』といった推理小説の他に、鉄道怪談集『赤い月、廃駅の上に』などの著書がある。

 
■画家:市川友章(いちかわ・ともあき)さん

1977年、千葉県生まれ。東京藝術大学大学院修了。個展、グループ展などで怪人や動物をモチーフにした油彩画、及び木彫作品を発表。

代表的な展示に「怪人教室」(ラッドギャラリー)、「動物の木彫」(ビリケンギャラリー)など。その他、中国、韓国でも展示。LINEスタンプ「怪人スタンプ」がLINE Creators Stamp Award 2014 みうらじゅん賞を受賞。「学校の怖すぎる話」(加藤一さん編著/あかね書房)にて挿絵を担当。

 
■編者・シリーズ監修:東雅夫(ひがし・まさお)さん

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。『幻想文学』『幽』の編集長を歴任。

著書『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。編纂書に『文豪怪談傑作選』『おばけずき 鏡花怪異小品集』、監修書に「怪談えほん」「妖怪えほん」シリーズや『絵本 化鳥』などがある。

 

怪談えほん (12) おろしてください
有栖川 有栖 (著), 東 雅夫 (編集), 市川 友章 (イラスト)

有栖川有栖と市川友章が描く悪夢の列車へようこそ

 
【関連】
1/11~26 『おろしてください』市川友章さん原画展、東京南青山にて開催 – 株式会社岩崎書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です