気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『自律神経を整える最高の食事術』カロリー制限・糖質オフの必要なし!小林式食事術とは

小林弘幸さん著『自律神経を整える最高の食事術』

小林弘幸さん著『自律神経を整える最高の食事術』

順天堂大学医学部・小林弘幸教授の著書『自律神経を整える最高の食事術』が、宝島社より刊行されました。

 

「自律神経研究」第一人者の医師が教える食事術とは

本書では、著者であり、自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部の小林弘幸教授が、自律神経を整える食事術を
伝授します。医師が実践している“人生と仕事を変える”食べ方を公開。

 
【カロリー制限・糖質オフの必要なし!小林式食事術とは】

■朝4:昼2:夕4 の比率で食べるのがベスト

■昼食前に1~2杯の水を飲むと食後でも眠くならない

■寝る前に炭酸水を飲むことで血行をよくする

■おやつは、自律神経を整えるのに効果的 …etc.

 

著者・小林弘幸さん コメント

「私の紹介する方法に「ガマン」は必要ありません。
腸を活性化させることで自律神経を整える――
そのためのちょっとしたコツをお伝えします。」

 

小林弘幸さん プロフィール

著者の小林弘幸(こばやし・ひろゆき)さんは、1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。

自律神経研究の第一人者としてプロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。

おもな著書に『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)、『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)、『聞くだけで自律神経が整うCDブック』(アスコム)など。TV出演も多数。

 

自律神経を整える最高の食事術
普段の食事の摂り方ひとつで仕事のパフォーマンスは大きく変わる!
さらに、肥満や疲労、体の不調でお悩みの方には最適な、食事メソッドを集めました。
自律神経を整える食事によって体調を改善させる方法に関し、自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部の小林弘幸教授が解説。
「休日の夕食は2時間かけてゆっくりと」「間食は必ずしも絶対悪ではない」「好きなものを食べるのはOK」など、即日、実行に移すことができる「最高の食事術」をレクチャーします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です