気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『ねじれ腸 落下腸 滞った便がグイグイ出てくる 快うんマッサージ』便秘にいいと言われるものを食べても“出ない人”は「ねじれ腸」や「落下腸」かも!

水上健さん著『ねじれ腸 落下腸 滞った便がグイグイ出てくる 快うんマッサージ』

水上健さん著『ねじれ腸 落下腸 滞った便がグイグイ出てくる 快うんマッサージ』

水上健さん著『ねじれ腸 落下腸 滞った便がグイグイ出てくる 快うんマッサージ』が、主婦の友社より刊行されました。

 

「大腸」というと、どんな形をイメージしますか?

新型コロナウイルスの影響で巣ごもり生活が続くなか、気づいたら便秘気味という人もいるでしょう。ヨーグルトなど便秘にいいといわれるものを食べても、便秘がなかなか解消しない人は、便秘の原因が「腸の形」にあるのかもしれません。

 
「大腸」と聞いて思い浮かべるのは、理科の実験室の人体模型や教科書にあるような、とぐろを巻いた小腸の周りをぐるっと囲む四角い形でしょうか。実はこの通りの大腸の形をしている日本人は、圧倒的に少ないのです。

大腸が四角い形の日本人は少ない

大腸が四角い形の日本人は少ない

四角い形の大腸は、欧米人の大腸がモデルです。日本人の大腸の形は違っていて、ソーセージを絞ったように細くなっていたり、ぐるぐるリング状に丸まっていたりするケースが8割なのです。

(本書p22ー23 「正常な腸」と「ねじれ腸」をCTコロノグラフィー画像で比較)

(本書p22ー23 「正常な腸」と「ねじれ腸」をCTコロノグラフィー画像で比較)

 

ねじれの前で便の渋滞が起こる

では、腸がねじれると、どうなるのでしょう。腸がねじれているところに、便が引っかかってつまりやすくなります。ねじれの直前で、便が渋滞してしまうのです。

 
ねじれている部分が大腸の後半部分だと、便の水分が吸収されて硬くなっているため、便がさらに引っかかりやすくなります。腸が伸びてしまうこともあり、ますます便が滞り、便秘が悪化します。

 

ねじれをゆるめる、快うんマッサージ

そこで、ねじれをゆるめて、便が通るスペースをつくってあげると、滞っていた便は、前へ(肛門へ)進むことができて、便の渋滞が解消されるというわけです。

起床時と就寝前に、布団の中でリラックスして行う

起床時と就寝前に、布団の中でリラックスして行う

本書では、ねじれをゆるめる、4種類の快うんマッサージを紹介しています。

 

「落下腸」も便秘の原因に!

ねじれ腸と同様に、「落下腸」も便秘の原因となります。大腸が、本来あるべき位置からずれて、骨盤内に落ち込み、複雑に折り重なると、便がたまり、ますます便が通過しにくくなってしまいます。

(本書p65 「落下腸」のコロノグラフィー画像)

(本書p65 「落下腸」のコロノグラフィー画像)

落下腸は、骨盤内に落ち込んだ大腸を持ち上げてゆらすタイプの快うんマッサージで、便の渋滞を解消することができます。

 
便がたまりすぎると、食欲不振、おなかの張りや痛み、肌トラブル、痔、腸閉塞など、さまざまな不調につながります。快うんマッサージは、起床時に布団の中でできるので、楽ちん。便秘の悩みから解放されて、軽やかな体で、巣ごもり生活を乗り切りましょう!

 

本書の構成

第1章 日本人の8割はねじれ腸だった!

第2章  下腹ポッコリは落下腸かもしれない

第3章 腸をゆらす、快うんマッサージ

第4章 ねじれを悪化させない食事と生活習慣

第5章 そもそも、便秘というものは

 

著者プロフィール

著者の水上健(みずかみ・たけし)さんは、国立病院機構久里浜医療センター内視鏡部長。IBS・便秘外来において、消化管がん検診、過敏性腸症候群や便秘などの便通障害に対応。

 

ねじれ腸 落下腸 滞った便がグイグイ出てくる 快うんマッサージ
水上健 (著)

日本人の8割は腸がねじれている! 「ねじれ腸」「落下腸」による慢性的で頑固な便秘には、腸を揺らすマッサージが効く

便秘にいいと言われるものを食べても出ない人は、ねじれ腸、落下腸かもしれません。日本人の8割は腸がねじれています。理科室の人体模型や教科書にあるような、きれいなスクエア型の大腸は、西洋人の腸がモデル。日本人の大腸は、ねじれたり、落下したりして、変形しているケースが大半なのです。慢性便秘の原因はさまざまですが、腸がねじれているために、便の通行が妨げられ、便が滞り、便秘になる場合があります。その場合は、特別なマッサージで、便は外に出ていきます。腸が落下している人も同様です。落ち込んだ腸を上に引き上げる、特別なマッサージで、便が動き始めます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です