気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一』挫折から生まれた「成功ことば」! 渋沢栄一の人生と思想がよくわかる入門書の決定版

『[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一』(編:木村昌人さん)

『[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一』(編:木村昌人さん)

『[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一』(編:木村昌人さん)が、NHK出版より刊行されました。

 

『論語と算盤』『雨夜譚』ほか膨大な著作から、渋沢栄一を語るに欠かせない読みどころ86編を厳選

2021年大河ドラマ『青天を衝け』の主人公や、2024年度に刷新される1万円札の図柄に選ばれた渋沢栄一。――では、渋沢栄一とはどのような人物だったのか……実はよく知らないという人も意外と多いのではないでしょうか。

そのような人たちのために本書では、「日本資本主義の父」と称された渋沢栄一がその人生において残した言葉や思考のなかから、特に重要な86編を厳選。これから渋沢栄一を学ぶ人にとって、わかりやすく丁寧な入門書となっています。

 
渋沢栄一(1840~1931年)は、幕末期から近代日本の創成期にかけて、日本の産業経済の礎を築いた実業家です。日本を取り巻く国際社会が熾烈な競争のなかにあった時代に、渋沢栄一は失敗や挫折を繰り返しながらも、高い志と不屈の精神力でそれを乗り越え、日本の基礎づくりを成し遂げました。

しかし、渋沢栄一の魅力は実業の枠のみにとどまるものではありません。多くの企業の設立や育成に携わる一方で、福祉介護業界や教育業界の社会事業にも尽力するなど、多方面に渡って活躍しました。

 
そんな渋沢栄一の精神性がもっともよく表れているのが、彼自身の言葉です。本書は、渋沢栄一の言葉のなかから、彼の本質に当たるような部分や、彼を理解するために「これだけは外せない」という有名な部分を選び現代語訳した、渋沢栄一のベスト盤です。

 
本書は5章立ての構成となっており、まずI章では、渋沢栄一が生まれてから20歳代前半に郷里を出奔するまでの日々について、彼自身の言葉でたどります。

II章では、一橋家を皮切りに、幕臣、明治新政府、民間へと、変転を繰り返した渋沢栄一の、夢を追い、さまざまな事業を実現し続けた生涯を追います。

III章では、事業などにおける挫折や失敗を乗り越えてきた人生から生まれた「生き方」についての言葉を、IV章では、そんな渋沢栄一がたどり着いた経済と社会への深い洞察に基づいた思想を集めています。

そして最後のV章では、渋沢栄一ともに生き、あいまみえた同時代人――徳川慶喜、近藤勇、勝海舟、西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文、大隈重信、岩崎弥太郎、五代友厚、福沢諭吉、セオドア・ルーズベルトほか多数に対する人物評を知ることができます。

 
いつの時代でも人は「人生をどのように生きるか」「自分は何を目標にするべきなのか」など、決断に迷うことが多くあります。失敗と挫折を繰り返しながらも貴重な経験を糧に掴み取った渋沢栄一自身の言葉と思想を知ることが、今後、読者の生きる力をより一層強いものにしてくれるはずです。

 

本書の構成

■『[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一』構成

はじめに~挫折から生まれた言葉の力

I 渋沢栄一の青春時代~成長・挫折・旅立ち

II 渋沢栄一の挑み続けた生涯~幕臣から明治政府、そして実業家へ

III 人生をどう生きるか~渋沢栄一のメッセージ

IV 渋沢栄一の経済思想と社会思想

V 渋沢栄一がまみえた同時代人たち

渋沢栄一小伝~その生涯と成し遂げたもの
略年譜
人物相関図

あとがき

 

編者プロフィール

編者の木村昌人(きむら・まさと)さんは、1952年横浜生まれ。慶応義塾大学大学院法学研究科(政治学専攻)博士課程修了。法学博士(慶応義塾大学)。博士(文化交渉学、関西大学)。

株式会社三井銀行勤務、スタンフォード大学およびハーバード大学客員研究員、文京学院大学教授、公益財団法人渋沢栄一記念財団研究主幹を経て、現在関西大学客員教授、神田外語大学非常勤講師。

主要著書に、『財界ネットワークと日米外交』(山川出版社、1997年)、共編著にTumultuos Decade: Empire, Society, and Diplomacy in 1930s Japan(University of Toronto Press, 2013)など。2020年9月に、ちくま新書より『渋沢栄一~日本のインフラを創った民間経済の巨人』も刊行。

 

[現代語訳]ベスト・オブ・渋沢栄一
渋沢 栄一 (著), 木村 昌人 (編集)

2021年大河ドラマ「青天を衝け」主人公・渋沢栄一。彼は、幕末から明治期の激動の中で青春時代を過ごし、多くの事業を起こして「日本資本主義の父」と称されます。新1万円札の肖像となる渋沢は、日本経済そのものを作り上げた人物なのです。本書は、『論語と算盤』をはじめとする多数の彼の著作から、その人生と思想に触れるエッセンスをベスト・セレクト。 挫折を乗り越え続けた青春時代を経て、利益と公益を追い求めた壮年から晩年までの駆け抜けた【人生】。「正しく生きてこそ成功を掴むことができる」という彼の【思想】。同時代を生きた明治の偉人たちとの【交友録】。これらを、読みやすく現代語訳された渋沢本人の言葉から学ぼう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です