気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『獣害列島』増えすぎた日本の野生動物たち――「住処を奪われている」のは、人間の方だった!

田中淳夫さん著『獣害列島 増えすぎた日本の野生動物たち』

田中淳夫さん著『獣害列島 増えすぎた日本の野生動物たち』

田中淳夫さん著『獣害列島 増えすぎた日本の野生動物たち』が、イースト・プレスより刊行されました。

 

「住処を奪われている」のは動物ではなく、人間の方だった! なぜこんなに増えたのか? 共存の道はあるのか?

近年、街中にシカやイノシシ、クマが出没して、よく騒ぎになっています。ニュースなどでよく目にする場面ですが、そうした野生動物による「獣害」の深刻な実態を知る者は多いとは言えません。

 
駆除数はシカとイノシシだけで年間100万頭を優に超え、農林水産業被害の総額は、報告されていないものを含めれば年間1000億円を超えるといわれています。

 
「人間は動物の住処を奪っている」と思っている人が多いですが、現在の日本の山間部においてはむしろ「動物が人間の住処を奪っている」といえます。そして、野生動物たちは確実に都市圏へと侵攻を進めています。

獣害対策の柵に囲まれた集落と農地

獣害対策の柵に囲まれた集落と農地

本書では、これまで様々な媒体で動物・人間・森林の関係を取り上げてきた森林ジャーナリストの田中淳夫さんが「なぜ野生動物はこれほどまでに増えたのか?」「共生の道はあるのか?」といった難問に挑んでいます。

 
動物愛護の精神だけでは解決しない「日本の大問題・獣害」について、偏見を捨て、改善に向けて現状を認識するための一冊です。

 
<内容の一部抜粋>

◎列島全域を「奈良公園」化するシカ
◎コンビニ前にたむろするイノシシ
◎寝たふりできないクマの激増ぶり
◎レジ袋片手に冷蔵庫を荒らすサル
◎「かわいい殺し屋」ネコが引き起こす生態系の破壊
◎「山にエサがない」は嘘? 野生動物が人里に降りてくる本当の理由
◎「野生動物は食べればいい」? ジビエでは獣害が解決しない理由
◎コロナ禍は獣害! 野生動物との接触が巻き起こす「人獣共通感染症」の危険性
◎今後、野生動物たちは地方から都市圏へと侵攻していく、etc…

 

本書の構成

第一章 日本列島は野生動物の楽園?
・身近な野生動物、イヌとネコ
・列島全域が「奈良公園」状態
・コンビニ前にたむろするイノシシ
・寝たふりできないクマの激増ぶり
・レジ袋片手に冷蔵庫を荒らすサル
・ラスカルは暴れん坊! 外来動物の脅威

第二章 破壊される自然と人間社会
・鳥獣被害額は一〇〇〇億円以上?
・森林を草原にする知られざる破壊力
・檻と化した集落に閉じ込められた人々
・ネコは猛獣! 野生化ペットが殺す自然
・コロナ禍は獣害! 人獣共通感染症の恐怖

第三章 野生動物が増えた「真っ当な」理由
・国が野生動物を保護した時代
・仮説(1) 地球温暖化で冬を越しやすくなった?
・仮説(2) ハンターの減少で駆除数できない?
・仮説(3) 天敵のニホンオオカミが絶滅した?
・飽食の時代を迎えた野生動物たち

第四章 食べて減らす? 迷走する獣害対策
・害獣駆除で生じる「もったいない」
・期待される猟友会の危うい現実
・野生動物がジビエになるまでの関門
・シカ肉がビジネスになりにくい理由
・野生動物の資源化と駆除の担い手
・獣害対策は防護と予防にあり

第五章 獣害列島の行く末
・トキは害鳥!苛烈な江戸時代の真実
・獣害が少なかった時代の謎解き
・戦後に激変した日本列島の自然
・撤退する人間社会と狙われる都会
・「カワイイ」動物はなぜ生まれる?
・築けるか、人と野生の共生社会

 

著者プロフィール

著者の田中淳夫(たなか・あつお)さんは、1959年大阪生まれ。奈良県在住。静岡大学農学部林学科卒業。探検部の活動を通して野生動物に興味を抱く。同大学を卒業後、出版社、新聞社等を経てフリーの森林ジャーナリストになり、森と人の関係をテーマに執筆活動を続けている。

著作は『イノシシと人間』(共著・古今書院)、『森と日本人の1500年』(平凡社新書)、『鹿と日本人―野生との共生1000年の知恵』『樹木葬という選択』(築地書館)、『森は怪しいワンダーランド』『絶望の林業』(新泉社)ほか多数。

 

獣害列島 増えすぎた日本の野生動物たち (イースト新書)
田中 淳夫 (著)

「住処を奪われている」のは、人間の方だった。

食害、人身被害、生態系の破壊、そして感染症……
「動物愛護」が通用しない、日本の緊急事態に迫る!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です