気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『免疫力を高めてウイルスに勝つ 食べ物、暮らし方』「免疫力UP」でコロナに負けない体を手に入れる!

石原結實さん著『免疫力を高めてウイルスに勝つ 食べ物、暮らし方』

石原結實さん著『免疫力を高めてウイルスに勝つ 食べ物、暮らし方』

新型コロナウイルス感染症の拡大により世界中が混乱に陥るなか、「免疫力」を高めウイルスから体を守る方法についてわかりやすく解説した、石原結實さん著『免疫力を高めてウイルスに勝つ 食べ物、暮らし方』が、新星出版社より刊行されました。

 

体温を1度上げれば免疫力は数倍に!

猛威を振るう新型コロナウイルス感染症への対策として、「免疫力」を高めることが注目を集めています。

「密閉、密集、密接」を避け、手洗い・うがい・マスクの着用等“コロナウイルスを体内に入れないこと”も重要ですが、それ以上に大切なことは、日頃から自分自身の「免疫力」を高めておくこと。

 
本書では、免疫力の第一人者であり、ベストセラー作家である石原結實医師による、食べ物や運動、ちょっとした日常生活の改善によって免疫力を高め、ウイルスに負けない体をつくる方法を紹介しています。

 
新型コロナウイルスをはじめ、種々の細菌による感染症の重症化を食い止めるカギとなるのが「免疫力」。免疫力が高まれば、少々のウイルスが体内に入ったとしても、「免疫の力=白血球の力」でウイルスの繁殖を許しません。

そして、その免疫力を高めるために必要なことは、体温を上げること。そのために有効なポイントは「空腹の時間」「食事の摂り方」「運動」「心」です。

 
本書では、それらのメカニズムや感染症を引き起こす原因等をわかりやすく解説。また、スーパーで手軽に手に入る免疫力を上げる食べ物から、自宅でできる運動、そして心構えまでを紹介します。本書で紹介されているものは、かんたんで日常の生活に取り入れやすく、いますぐ始められるものばかりです。

 
免疫力を高めることは、感染症を防ぎ、さらには生活習慣病を防ぐことにもつながります。長期戦が予想される新型コロナウイルスですが、「免疫力」をアップして「ウイルスに負けない体=病気にならない体」を手に入れましょう!

 

本書の構成

1章 「ウイルスに負けない体=病気にならない体」のカギは免疫力
・新型コロナウイルス、軽症か重症かの分かれ道
・免疫力を落とすのは「食べ過ぎ」だった
・新型コロナウイルス感染症の本当の理由
・免疫力を上げる四つのポイント ・・・

2章 「空腹の時間」で免疫力を上げる
・「空腹」のときに免疫細胞が働き出す
・生活習慣病の問題は免疫力を落とすこと
・「空腹」は脳を活性化させる
・石原式免疫療法で「空腹の時間」を確保する ・・・

3章 「食事の摂り方」で免疫力を上げる
・免疫力を上げる食べ物、下げる食べ物
・これだけあれば安心~常備しておきたいもの ・・・

4章 「運動」で免疫力を上げる
・筋力低下は免疫力低下と同義
・あなたの筋力(=免疫力)を知る
・室内でできる免疫力を高める運動 ・・・

5章 あなたの「心」が免疫力を上げる
・「笑い」の健康パワーにあやかる
・心を明るく保つことの素晴らしさ ・・・

 

著者プロフィール

著者の石原結實(いしはら・ゆうみ)さんは、1948年長崎市生まれ。医学博士。イシハラクリニック院長。ジョージア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員。

長崎大学医学部を卒業して血液内科を専攻。同大学院博士課程で「白血球の働きと食事・運動の関係」の論文で医学博士の学位を取得。スイスの自然療法病院、B・ベンナークリニックやモスクワの断食療法病院でガンをはじめとする数々の病気、自然療法を学び、コーカサス地方の長寿村にも長寿食の研究に5回赴く。テレビ、ラジオなどの出演や全国講演でも活躍中。クリニック院長のほか、伊豆で健康増進を目的とする保養所、ヒポクラティック・サナトリウムを運営。

ベストセラーとなった『生姜力』(主婦と生活社)、『食べない健康法』(PHP 研究所)、『体を温めると病気は必ず治る』(三笠書房)、『薬はイラナイ! 体を温め、病気を治す 症状別35 の処方箋』(新星出版社)を含め著書は300冊以上にのぼり、米国、ロシア、ドイツ、フランス、中国、韓国、台湾、タイなどで100冊以上が翻訳されている。

 

免疫力を高めてウイルスに勝つ 食べ物、暮らし方
石原 結實 (著)

【緊急出版!】コロナウイルス感染症で発症しないための本。

本書は、世界を脅かしている新型コロナウイルスをはじめとしたウイルスに負けない体=病気にならない体を手に入れる本です。

【ウイルスに負けない体に大切なものとは?】
ウイルスに負けない体、病気にならない体を手に入れるためのカギは「免疫力」です。
免疫力が高まれば、少々のウイルスが体内に入ったとしても、「免疫の力=白血球の力」でウイルスを増殖をゆるしません。新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどのウイルスが体内で繁殖できないため、ウイルス感染症にならないのです。

【免疫力アップのカギは?】
体温が1度低下すると、免疫力は約30%低下します。逆に、1度上がれば一時的(数時間)ではありますが、数倍になる、という研究報告もあります。
したがって、免疫力アップのカギは体温を上げること。そのために有効なポイントは「1空腹の時間、2食事の摂り方、3運動、4心」です。

「1空腹の時間」が長くなると免疫力が高まります。これは、ノーベル賞受賞の「オートファジー」をはじめ、さまざまな研究により報告されています。
「2食事の摂り方」は、積極的に体を温めるものをとることです。
「3運動」は、日常的に続けることができる運動を取り入れることになります。
最後の「4心」は、笑いや歌など、体温が上げることを心がけることです。

「1空腹の時間、2食事の摂り方、3運動、4心」を取り入れ、「ウイルスに負けない体=病気にならない体」を手に入れ手に入れましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です