気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『雇用大崩壊』ホリエモンのあらゆるノウハウを新感覚ビジュアルで表現!

堀江貴文さん著・前田貴洋さん作画『雇用大崩壊 マンガ ある若手技術者の会社を変える挑戦』

堀江貴文さん著・前田貴洋さん作画『雇用大崩壊 マンガ ある若手技術者の会社を変える挑戦』

堀江貴文さん著・前田貴洋さん作画『雇用大崩壊 マンガ ある若手技術者の会社を変える挑戦』が、小学館より刊行されました。

 

「AI格差」の時代は”個”で乗り切れ!

本書は、ビジネスや情報発信だけでなく、表現の手法や出版物のあり方についても、常に試行錯誤を続けている堀江貴文さんによる、新感覚のビジュアルブックです。ホリエモンのあらゆるノウハウを、マンガのストーリーとクイズにのせて直感的に解説します。

 
物語の舞台は下町の小さな会社、星野製作所。かつては技術力にこだわった経営で業績を伸ばしてきましたが、景気の悪化により徐々に赤字に転落。父親である先代社長から経営を引き継いだ現社長は、研究・開発をムダと否定し、開発部を閉鎖します。従業員たちは大企業からの下請け業務に追われる日々です……。

この物語は、全国のあらゆる労働者が再考を迫られている、AI時代の新たな「働き方」や「生き方」をテーマとしています。

下町の小さな工場の社長と社員たちが抱える悩みや葛藤は、ニッポンの「働き方」を巡るさまざまな問題の「縮図」と言えます。
AIやロボットが職場で巻き起こす”働き方革命”によって、人々の労働環境は激変、会社や仕事は次々と消滅していきます……。

「雇用大崩壊」――そのカウントダウンが始まっているのです。
人々と、AIやロボットが共存する時代を、どう生きるべきか。作中で、ロケット開発に挑む男の言葉が、大きな道標(みちしるべ)となります。

 
AI化、ロボット化による大リストラ計画が明るみになり、社員たちが右往左往する中、”個”の力で壮大な事業に挑む男が登場。勇気と元気を得た社員らは、各々が新たな人生の第一歩を踏み出し始めます……。

 

「AI格差」を跳ね返す”21世紀型”の働き方とは!? 二つの”財”を同時に成す、ホリエモン的「超仕事術」とは!?

(著者「おわりに」より)

IT革命とグローバリズムにより、経済格差や、教育格差など、あらゆる分野で格差が拡大した。そして昨今、AIやロボットを使いこなす人と、そうでない人との格差の拡大が始まっている。使いこなす側が受けられる恩恵と、使いこなせない側の不利益は、これまでとは比べものにならない。
とてつもない「AI格差」の時代がやってくるのだ。
AIやロボットによってリデザインされる世界では、従来型の労働は次々と消滅していく。
製造業型、いわゆる〝20世紀型〟の雇用はすべて駆逐されてもおかしくはない。
まさに雇用の「大崩壊」が起きるのだ。雇用という概念すら消えてなくなるかもしれない。21世紀は、自ら仕事を作り出し、自ら稼ぐことが主流となる時代になるだろう。」

 

雇用大崩壊: マンガ ある若手技術者の会社を変える挑戦
堀江 貴文 (著), 前田 貴洋 (イラスト)

会社に期待するな!己の「個性」で儲けろ!

前代未聞! 「ホリエモン的生き方」を〈マンガ&クイズ〉で複合的に紹介!
「AI格差」を跳ね返す〈21世紀型の働き方〉とは!?
二つの「財」を同時に成す〈ホリエモン的仕事術〉とは!?
あらゆるノウハウを、マンガのストーリーにのせて直感的に解説!!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です