気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『創業家一族』“華麗なる一族”になぜ、骨肉の争いが起きるのか?

有森隆さん著『創業家一族』

有森隆さん著『創業家一族』

有森隆さん著『創業家一族』が、エムディエヌコーポレーションより刊行されました。

 

中内㓛さん(ダイエー創業者)「息子を社長にするのは、いつでもできる。だが、経営者にすることはできない。」――現代トップ企業44社の血縁物語

永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきました。米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)が台頭。20年前には取るに足りないか、存在すらしていなかった企業です。

 
本書では、“日本株式会社”の中心に位置するトヨタ自動車(豊田家)、ソニー(盛田家)、武田薬品工業(武田家)、パナソニック(松下家)、ブリヂストン(石橋家)やサントリーホールディングス(鳥井・佐治家)、セブン&アイ・ホールディングス(伊藤家)、イオン(岡田家)などの『創業家一族』を生体解剖。

 
ファーストリテイリング(柳井家)、ニトリホールディングス(似鳥家)、ヤマダ電機(山田家)の3社は、第一章の『「終身社長型」の創業家』に掲載。また、「闇営業」で話題になった吉本興業(吉本・林家)、父娘が経営権を巡って死闘を繰り広げた大塚家具(大塚家)、ドラッグストア再編のカギを握るマツモトキヨシホールディングス(松本家)、組織ぐるみの不正が発覚し、存亡の危機に瀕したスルガ銀行(岡野家)などを鋭く解析しています。

 
平成期には、西武グループの総帥だった堤義明さんや「価格破壊」の流通王の中内㓛さんが失脚し、柳井正さん、孫正義さん、三木谷浩史さんらが台頭。新しい異相のカリスマに主役が交代しました。

本書では、産業界に豊富な人脈を持つ経済ジャーナリスの著者が、現代トップ企業44社を解剖、企業HPには決して公開されない「創業者」の燃える魂と「華麗なる一族」の権力構図に迫ります。

 

本書の構成

第一章 「終身社長型」の創業家

第二章 「男子・女子継承型の創業家」

第三章 「娘婿・養子継承型」の創業家

第四章 「兄弟継承型」の創業家

第五章 「パートナー継承型」の創業家

第六章 「途中降板型」の創業家

 

有森隆さん プロフィール

著者の有森隆(ありもり・たかし)さんは、早稲田大学文学部卒業。経済ジャーナリスト。

30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。

著書は『企業舎弟闇の抗争』(講談社+α文庫)、『日銀エリートの「挫折と転落」――木村剛「天、我に味方せず」』(講談社)、『実録アングラマネー』(講談社+α新書)、『経営者を格付けする』(草思社)、『ネットバブル』『日本企業モラルハザード史』(以上、文春新書)、『住友銀行暗黒史』『日産 独裁経営と権力抗争の末路』(以上、さくら舎)、『強欲起業家』『デフレ経営者』(以上、静山社文庫)、『異端社長の流儀』(大和文庫)、『プロ経営者』(千倉書房)など多数。『住友銀行イトマン 権力者の背任』(ネスコ・文春)は別名義。

 

創業家一族
有森 隆 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です