気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』自分がいなくてもメンバーが勝手に動く!

伊庭正康さん著『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』

伊庭正康さん著『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』

伊庭正康さん著『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』が、かんき出版より刊行されました。

 

専任マネジャーとは違う「プレイングマネジャー」に特化したノウハウ

◎つねに忙しくて、時間に追われている
◎細かく指示を出さないと部下が動いてくれない
◎仕事を任せたくても部下が育たない
◎残業が禁止されているうえ、誰も手伝ってくれないので仕事を家に持ち帰る
◎ストレスが溜まって胃が痛い。疲れる

 
日本の課長職の99.2%が、プレイングマネジャーだと言われています。そして、そのうちの60%が「プレイヤーとしての業務活動が、マネジメント業務に支障をきたしている」と回答しているのです(産業能率大学・「上場企業の課長に関する実態調査」2018年)。

プレイヤーとしての業務とマネジメント業務の両立は、思った以上に大変です。部下に仕事を任せようと思っても、任せられる人材がいない。

 
自分の目標数字だけでなく、チーム全体の数字も課せられているため、つねに自分自身が最前線で営業活動をする。その結果、部下とのコミュニケーションが希薄になり、部下から「もっと、関心を持ってほしい」というクレームが出る……。

そんな専任マネジャーとは本質的に違う「プレイングマネジャー」に特化したノウハウをお伝えするのが本書です。

 
仕事を「足し算」で考えるのではなく「掛け算」で考え、あなたが席にいなくても、仕事がまわる組織づくりをする。これが、プレイングマネジャーに課せられた責務なのです。

 

自分がいなくてもメンバーが勝手に動く最高のチーム

著者は、かつては、リクルートの求人広告部門で営業マネジャーをしていた人物。

当時、「リーダーシップ」や「部下育成」「チームマネジメント」など、専任マネジャーのためのノウハウ書を読み漁ってはいたものの、やることが増えるばかりで、一向に仕事がラクになりませんでした。

 
そこで、プレイングマネジャーのための働き方のノウハウを自分なりにつくり出すことを決心。チームマネジメントだけでなく、時間管理、コミュニケーション、ティーチング、エンパワーメント(権限移譲)……、さまざまなメソッドを掛け合わせ試行錯誤するうちに、少しずつチームの状態が上向き、業績が上がるようになってきました。

 
さらに、個人の業務を部下に任せられるようになったことで、自分自身をラクにすることもできました。最終的に、部下の力だけで好業績を出せるようになったのです。

つまり、「自分がいなくてもメンバーが勝手に動く最高のチーム」をつくることに成功したのです。

今では、そのノウハウを、大手企業を中心に研修プログラムとして提供し、これまでに1万2000人を超えるプレイングマネジャーに教えてきました。

 
ちなみに、この研修のリピート率は95%。たくさんのプレイングマネジャーから、「仕事が劇的にラクになった」「マネジメントに対する不安がなくなった」「チーム全体で成果を上げられるようになった」といううれしい反響があるとのことです。

 
本書では、そのノウハウを、読者が自身で実践できるようカスタマイズして紹介していきます。

さらに、巻末には「特別付録」として、プレイングマネジャーが覚えておきたいスピードアップ仕事術(音速仕事術)を収録。ここでは、著者がこれまで実施した研修で紹介し、最も反響の大きかったtipsを7つ紹介しています。

 
本書を読めば、きっと、部下の成長が加速し、あなたがいなくてもメンバーが勝手に動く、最高の自主運営のチームをつくることができるはずです。

 

本書の目次

序章 最高のチームをつくる プレイングマネジャーの5つの心得

第1章 誰にでも不安なく引き継げる 仕事の任せ方

第2章 いちいち言わなくても勝手にメンバーが動く 仕組みのつくり方

第3章 無駄を削減し、効率を上げる チームの仕事の減らし方

第4章 あなたがいなくても仕事がまわる チームのまとめ方

第5章 部下の主体性とやる気が高まる プレイングマネジャーの考え方

特別付録 覚えておきたい! プレイングマネジャーのための音速仕事術

 

伊庭正康さん プロフィール

著者の伊庭正康(いば・まさやす)さんは、1969年生まれ。京都出身。株式会社らしさラボ 代表取締役。

1991年、リクルートグループ入社。4万件を超える訪問営業を通じて学んだ、「余計なことをやらず、成果が出ることのみに集中する」というポリシーを武器に営業職として活躍。プレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰を4回受賞するなど、累計40回以上の社内表彰を受け、営業部長に昇進。その後、30代で株式会社フロムエーキャリアの代表取締役に就任するなど、若くして重要ポストを歴任する。

2011年、企業研修を提供する「株式会社らしさラボ」を設立。短時間で圧倒的な成果を上げるため、成果が上がらない原因になっている仕事の無駄や、思い込みを徹底的に洗い出し、それらを捨てることの大切さを説くべく、自ら年間200回を超える研修をさまざまな業種の企業に提供している。なかでも、本書の元となったプレイングマネジャー向けの研修は、95%という驚異的なリピート率を誇り、これまで12000人以上が受講。大手企業を中心とするクライアントから厚い信頼を得ている。

著書に、『面倒な“やりとり”がシンプルになる仕事のコツ48』(かんき出版)、『残業ゼロの人の段取りのキホン』(すばる舎)、『強いチームをつくる! リーダーの心得』(明日香出版社)など多数。

 

メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本
伊庭 正康 (著)

自身の仕事とマネジメントのはざまで悩む「プレイングマネジャー専用」の仕事論!

本書は、「プレイングマネジャー」の仕事を、劇的にラクにすると同時に、チーム全体で成果を上げるためのノウハウを紹介する本です。

なぜ、「マネジャー」や「リーダー」ではなく「プレイングマネジャー」なのか。
それは、一般的に「マネジャー」「リーダー」と呼ばれる、経営者や上級管理職など、マネジメント専業の仕事と、プレイングマネジャーの仕事との間には、本質的な違いがあるからです。
プレイングマネジャーは、専任マネジャーとは違い、自身の業務と部下マネジメントの両方を行わなければなりません。
そのため、専業のマネジャー向けのノウハウを伝えても、やることが増えるばかりで、よけいに忙しくなるからです。
本書では、つねに席にいることができない、多忙なプレイングマネジャーのために、「仕事の任せ方」「自分がいなくてもまわるチームのつくり方」「チーム全体の業務を3割削減するフレームワーク」など、今日から役立つノウハウを紹介しています。
本書の元となったノウハウは、これまで12000人のプレイングマネジャーが受講し、リピート率95%を誇る著者の企業研修を読者自身で実践できるようカスタマイズしたもの。
巻末には「特別付録」として、プレイングマネジャーが覚えておきたいスピードアップ仕事術を収録。
ここでは、著者がこれまで実施した研修で紹介し、最も反響の大きかったTIPSを7つ紹介しています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です