本のページ

SINCE 1991

青崎有吾さんミステリー小説『ノッキンオン・ロックドドア』をフルカラーWEBTOON化!

青崎有吾さんの人気ミステリー小説『ノッキンオン・ロックドドア』

青崎有吾さんの人気ミステリー小説『ノッキンオン・ロックドドア』

コピンジャパンは、青崎有吾さんの人気ミステリー小説『ノッキンオン・ロックドドア』(徳間書店)のWEBTOON版を、フルカラーコミック配信サービスHykeComicにて、先行配信開始しました。

 

WEBTOONとは

WEBTOONは、韓国発祥のスマートフォンに最適化された縦スクロールコミックです。

横読みのデジタル漫画と違い、スマートフォンで縦にスクロールすることを前提として制作されています。プラットフォームによっては、SMARTOON、縦スクコミックなど呼称は様々。

 

『ノッキンオン・ロックドドア』をコピンジャパンがフルカラーWEBTOON化! 3話無料公開中

【あらすじ】

インターホンもドアチャイムもノッカーもない探偵事務所ノッキンオン・ロックドドア。
戸惑うようなノックの音なら、謎を抱えた依頼人がやってきたしるしだ。

密室、容疑者全員アリバイあり、衆人環視の毒殺など、〈不可能(HOW)〉な状況のトリックを推理する御殿場倒理と、ダイイングメッセージ、現場に残された不自然なもの、被害者の着衣など〈不可解(WHY)〉な状況から理由や動機を解明する片無氷雨。

相棒かつライバルのダブル探偵が、難事件に挑む!

 
【配信先】

WEBTOONは、以下の配信プラットフォームで覧になれます。

★HykeComic(アプリ):https://web.hykecomic.com/landing_pages/12a890a7e22e3051f38e73444bd9d029/58.html

 

著者プロフィール

原作小説の著者・青崎有吾(あおさき・ゆうご)さんは、1991年生まれ、神奈川県横浜市出身。明治大学卒業。2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。『水族館の殺人』が第14回ミステリ大賞候補作となる。

他の著書に、『アンデッドガール・マーダーファルス』『図書館の殺人』『早朝始発の殺風景』などがある。

 

ノッキンオン・ロックドドア (徳間文庫)
青崎有吾 (著)

密室、容疑者全員アリバイ持ち――「不可能」犯罪を専門に捜査する巻き毛の男、御殿場倒理。ダイイングメッセージ、奇妙な遺留品――「不可解」な事件の解明を得意とするスーツの男、片無氷雨。相棒だけどライバル(?)なふたりが経営する探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」には、今日も珍妙な依頼が舞い込む……。新時代の本格ミステリ作家が贈るダブル探偵物語、開幕!(解説:杉江松恋)

 
【関連】
ノッキンオン・ロックドドア | フルカラーマンガならHykeComic

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。