本のページ

SINCE 1991

漫画家・よしながふみさん初のインタビュー本『仕事でも、仕事じゃなくても 漫画とよしながふみ』が刊行

『仕事でも、仕事じゃなくても 漫画とよしながふみ』

『仕事でも、仕事じゃなくても 漫画とよしながふみ』

『大奥』『きのう何食べた?』などで知られる漫画家・よしながふみさん初のインタビュー本『仕事でも、仕事じゃなくても 漫画とよしながふみ』がフィルムアート社より刊行されました。

カバーイラストはよしながふみさんが描き下ろし。聞き手は、山本文子さん。

 

全編語り下ろし、漫画家よしながふみさん初のインタビュー本

 
20時間超のインタビューを通して語られる、『大奥』『何食べ』へと至る幼少期からの歩みと一貫した仕事への思い、日々の生活での気づき、家族という集団に向けるまなざし、これからの展望、そして愛してやまない漫画について……

 
2020年末に完結した『大奥』が第42回日本SF大賞に輝くなど内外で高く評価され、現在連載中の『きのう何食べた?』がドラマ化、映画化され新たなファンを獲得している漫画家よしながふみさん。

全編語り下ろしとなる本書は、そんな彼女が、自身の歩みや自作の制作背景、愛してやまない漫画について語った初のインタビュー本です。

20時間超におよぶインタビューがまとめられており、『大奥』や『きのう何食べた?』はもちろん、商業デビュー作の『月とサンダル』、初めてBL誌以外で連載された『こどもの体温』、「月9」ドラマの原作となった『西洋骨董洋菓子店』、さまざまな女性たちを描いた『愛すべき娘たち』など単行本化された全作品について、よしながさんが自身の仕事観を交えながら語っています。

自作や仕事のことだけではなく、幼少期の思い出、小学時代や中学時代に影響を受けた漫画、高校で所属していた漫研でのエピソード、大学時代に行っていた同人活動のことなど、プロデビュー前の話もたっぷりと収録。また『大奥』が完結したあとの、これからの展望も述べられています。

 
インタビューはBLに造詣が深く、これまでに何度もよしながさんへの取材を行っているライターの山本文子さんが担当。山本さんの質問によって、よしながふみさんの思考や姿勢に深く触れられる内容となっています。また、装画はよしながさんの描き下ろしです。

 

本書の構成

第1章 漫画に心奪われて――幼少期/小学時代/中学時代

第2章 夢に見た漫画家へ――高校時代/大学時代/商業デビュー/『月とサンダル』

第3章 BL誌でも、少女誌でも――『本当に、やさしい。』/『ソルフェージュ』/『1限めはやる気の民法』/『こどもの体温』

第4章 解決しないことの中に――『執事の分際』/『彼は花園で夢を見る』/『ジェラールとジャック』/『西洋骨董洋菓子店』

第5章 ドキュメンタリーのように――『愛すべき娘たち』/『それを言ったらおしまいよ』/『フラワー・オブ・ライフ』/『愛がなくても喰ってゆけます。』

第6章 女性と仕事――『大奥』

第7章 一緒に歳を重ねて――『きのう何食べた?』

第8章 ずっと漫画と――これまで/これから

あとがき

コミックス解説

 

著者プロフィール

 
[著]よしながふみさん

漫画家。「月とサンダル」で商業デビュー。主な作品に『1限めはやる気の民法』『こどもの体温』『西洋骨董洋菓子店』『フラワー・オブ・ライフ』などがある。

2004年から2020年まで連載された『大奥』で、第13回手塚治虫文化賞マンガ大賞や第42回日本SF大賞など多数の賞に輝く。ドラマ化、映画化された『きのう何食べた?』を現在連載中。

 
[聞き手]山本文子(やまもと・ふみこ)さん

ライター、編集者。漫画情報誌『ぱふ』、小説情報誌『かつくら』の編集者を経て独立。共著に『やっぱりボーイズラブが好き』など。インタビュアーとして多くの記事を担当する。

よしながふみさんへの取材を多数行うほか、白泉社文庫『執事の分際』にエッセイを寄稿。よしながさんの対談集『あのひととここだけのおしゃべり』に編集協力として参加している。

 

仕事でも、仕事じゃなくても 漫画とよしながふみ
よしながふみ (著), 山本文子 (その他)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。