本のページ

SINCE 1991

韓国で20万部突破!チョン・ハンギョンさん『アンニョン、大切な人。』が刊行

チョン・ハンギョンさん著『アンニョン、大切な人。 ―どの瞬間も当たり前ではないあなたへ―』(訳:黒河星子さん)

チョン・ハンギョンさん著『アンニョン、大切な人。 ―どの瞬間も当たり前ではないあなたへ―』(訳:黒河星子さん)

韓国で20万部突破、世界的人気K-POPアイドルグループ「EXO」のメンバーBAEKHYUN(ベッキョン)さんが紹介したことでも話題の、チョン・ハンギョンさん著『アンニョン、大切な人。 ―どの瞬間も当たり前ではないあなたへ―』(訳:黒河星子さん)がかんき出版より刊行されました。

本書は、人間関係に疲れたとき、恋愛に傷ついたとき、人生に悩んだとき……自分を不完全だと思って、いつも後悔と不安を抱えているあなたに贈る、痛みと向き合う勇気をくれる温かな106のエッセイ集です。

 

テーマは”出会いと別れ”、そして“人”という存在

人は生きていると誰でも傷つくことがあるはずです。ときには、特別なことがなくても、一人で傷ついたりすることも。
その傷の理由を探ってみると、結局、すべて人と関連があるということに気づかされます。友達、家族、恋人という存在には、幸せにさせてもらうこともあれば、傷つけられることもある。離れたいと思うときもあれば、ずっとそばにいたいと思うときもあるものです。

 
だから著者は、矛盾する気持ちも含めてすべての事実を受け入れ、まわりを見渡す。隅っこに押しやりたいけど、限りなく近づきたい存在。ときには自分を痛みの中に押し込めたりもするけど、生きる理由を与えてくれることもある存在。そんな存在をいちばん温かいまなざしで眺める練習をします。

本書には著者のそういった過程が、自分自身や他人に関する「出会いと別れ」、そして「人」についての話として盛り込まれています。

 
タイトルの「アンニョン」は、韓国語で出会いにも別れにも使う言葉です。その言葉どおり、本書は出会いの喜びや大切な人と共にある幸せにはじまり、最後に別れの章で締めくくります。

痛みと向き合うには勇気が必要ですが、それを受け入れる成熟さを学びながら、幸せだった時間を大切にしまっておくことができれば、またいつでもはじめることができるのです。

「世の中にはそこに置いてくることで、初めて永遠の美しさを湛えるものがあります。かつての愛、かつての幸せ、かつてわたしたちのそばにあったもの。」 ―P.39

「あなたという文字がうまく消えません。あまりにも濃く、力を込めて書いたせいでしょう。
あらかじめ教えてくれたらよかったのに。全部消さなければならないかもしれない、と。」 ―P.44

「もしかしたらほんとうに大人になるということは、涙を飲み込む方法ではなく、泣くべきときに泣くことができる勇気を学んでいくことなのかもしれない。」 ―P.53

「愛に傷つかない方法は、ひとつだけ。見返りを求めることが、愛を差し出す目的にならないこと。何かにとりつかれたように、否応なしに誰かを愛するようになっても、自分が差し出す心を取り返そうとしないこと。「わたしはあなたを愛してる」。この文章にはいかなる条件もつけてはいけない。」 ―P.237

「愛は変わらないという言葉は嘘だ。愛はいつでも変わる準備ができている。」 ―P.293

 

本書の目次

はじめに 日本の読者のみなさんへ

Part1 わたしたちへ アンニョン、大切な人
・あなたの受信ボックスに未読の心があります
・置いてきたからこそ輝くもの
・泣く勇気

Part2 わたしへ 食事のメニューを選ぶことだって難しいのに、人生の選択が簡単なはずがありません
・寂しさがわたしにくれたもの
・他人の痛み
・小さな変化

Part3 あなたへ 傷を確認する
・自分と向き合う
・憂うつの理由
・幸せの趣向
・焦りを手放そう

Part4 愛に あなたの宝石を盗まれないようにしよう
・最初の姿で
・慣れというときめき
・条件をもたない心
・心配という名の愛

Part5 別れに ある愛は別れに前に終わる
・一人で努力する関係
・傷を癒やす方法
・ただ恋をするだけ

 

著者プロフィール

■著者:チョン・ハンさん

エッセイ作家。韓国で20万部のベストセラーとなった本書(2022年5月時点)は、著者のデビュー作である。

よく立ち止まる。細部まで眺める。ゆっくりと歩く。何度も振り返る。ずっと懐かしむ。どんな形であれ、何かの跡が残せたならそれで十分だ。そう信じている。

★Instagram:https://www.instagram.com/onegyung/

 
■訳者:黒河星子(くろかわ・せいこ)さん

1981年生まれ。京都府出身。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。韓日・英日翻訳家。

共訳書に『世界の核被災地で起きたこと』(原書房)、『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』(文藝春秋)、訳書に『花を見るように君を見る』『愛だけが残る』(かんき出版)がある。

 

アンニョン、大切な人。 ―どの瞬間も当たり前ではないあなたへ―
チョン・ハンギョン (著), 黒河 星子 (翻訳)

「恋人に、友達に、家族に……照れくさくて、言わなくてもわかると思って、言えなかった言葉が、すべてこの本に盛り込まれている」

***
世の中にはそこに置いてくることで、初めて永遠の美しさを湛えるものがあります。かつての愛、かつての幸せ、かつてわたしたちのそばにあったもの。
***
あなたという文字がうまく消えません。あまりにも濃く、力を込めて書いたせいでしょう。
あらかじめ教えてくれたらよかったのに。全部消さなければならないかもしれない、と。
***
もしかしたらほんとうに大人になるということは、涙をのみ込む方法ではなく、泣くべきときに泣くことができる勇気を学んでいくことなのかもしれない。
***
この夢がかなうか、かなわないか。勝つか、負けるか。これらはいまのわたしたちの知るところではないので、それほど重要ではない。確かに、夢というのは、わたしたちが今日そこに向かって一歩踏み出せば、それだけでその役割を果たしたことになる。
***
成長の時期は、寂しさという姿でわたしたちのところへやってくる。
***
しかしときには、ごくまれには、いかなる説明も、いかなる理由も必要なく、自分自身に向かってこの4文字を叫ばなければならないときがある。
「できるよ」
***
わたしの憂うつに他人の許可は必要ない。わたしの痛みに適切な条件もまた必要ではない。
***
幸せというのは他人との比較で得られるものではない。
自分が何を経験して、何を感じたかによって、自分がいちばん大切に思うものが何かによって、人生のどんな時期を経験しているかによって、幸せの意味は変わる。
*** 愛に傷つかない方法は、ひとつだけ。見返りを求めることが、愛を差し出す目的にならないこと。何かにとりつかれたように、否応なしに誰かを愛するようになっても、自分が差し出す心を取り返そうとしないこと。「わたしはあなたを愛してる」。この文章にはいかなる条件もつけてはいけない。
***
愛を失ってわたしたちが学んだこと、それは、痛みを十分に味わう勇気なのか。傷つかない程度にだけ恋をする方法なのか。
***
愛は変わらないという言葉は嘘だ。愛はいつでも変わる準備ができている。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。