本のページ

SINCE 1991

祝!「M-1グランプリ2021」優勝!錦鯉『くすぶり中年の逆襲』刊行記念コンビ対談をWebで公開

錦鯉著『くすぶり中年の逆襲』

錦鯉著『くすぶり中年の逆襲』

新潮社は、長谷川雅紀さん・渡辺隆さんによるお笑いコンビ「錦鯉」の「M-1グランプリ2021」優勝を記念して、自叙伝『くすぶり中年の逆襲』刊行時のコンビ対談を同社の公式HPで公開しました。

 

「M-1グランプリ2021」王者、錦鯉がブレイクまでの全てを明かす! 「中年になってもまだ何かができる」

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2021」優勝、過去最多のエントリー6017組の頂点に立った錦鯉。「M-1」史上最年長王者となる快挙を達成しました。

昨年「戦国時代だったら生きてない」「人生折り返し地点からの大逆転」と言われながら、49歳と42歳でブレイクした「若くない若手」漫才師ですが、もちろん、ここまでの道のりは山あり谷あり嵐あり……。

 
そんな二人が、生い立ちから苦難の下積み時代を経て、大ブレイクまでを初めて明かした自叙伝『くすぶり中年の逆襲』が新潮社より発売中です。

本書では、幼少期の話から若手時代、ブレイク前夜、ブレイクのきっかけ、そしてこれからの目標などを、お二人の対談形式で掲載しています。秘蔵写真やイラストも満載。「第7世代の親世代」錦鯉の、抱腹絶倒、数々の爆笑エピソードを存分に楽しめます。

 
そして、この度、優勝を記念して、本書の刊行記念コンビ対談がWebで公開されました。

 
【『くすぶり中年の逆襲』刊行記念対談】 ※敬称略

長谷川:ボクらの生い立ちから、芸人になってブレイクするまでを、二人で語り下ろす形で紹介させてもらっているんだけど。

渡辺:これを「半生記」というのかもしれないけれど、オレたち世に出るまで、本当に“半世紀”近くかかっているからね。

長谷川:ボクが49歳、隆が42歳。おかげで「遅咲きの反逆中年」とか「第7世代の親世代」と言われたけど、とにかく売れるまでが長かったから。

渡辺:本当だね。ダラダラやっていたから、芽が出なかったんだけど。では、この本の読みどころは?

長谷川:40歳、50歳、60歳と年を重ねていくと、何かを諦めるとか、終わりにむかって生きていくという考え方もあるけれど、ボクたちがいい例で、中年になってもまだ何かができるという、そんなヒントになるというか。

渡辺:なるほど。確かに、こんな生活や人生があるんだなと、一つの例として読んでもらえるといいね。オレらみたいな人間でも、こうしてやってこられたんだなと。

長谷川:今、何をやってもうまくいかない人でも、人生に少しだけ期待をもてるんじゃないかな。

渡辺:ただ決してオレらの真似はしないでくださいね。特に雅紀さんの生活ぶりとかは絶対に。

長谷川:今までどこにも話していないエピソードも盛りだくさんですから。

渡辺:ああ、そうだ。オレも知らないことがあったもんな。

長谷川:特にボクは北海道から出てきて、とにかく周りの人に助けられたからな。人間、捨てたもんじゃないな、とこの頃よく思うもん。

渡辺:助けられたアンタが言うもんじゃないよ!

長谷川:これからはひたすら、恩返しの人生だね。

渡辺:償いの人生だろ。出版後、すぐに逮捕、とかなしだからね。

長谷川:いやいやいや、その方が話題になって本は売れるんだから!

渡辺:そういう問題じゃねーよ! どこまで前向きなんだよ。

どーも、ありがとうございました。

(「波」2021年12月号より)

 
※対談全編は新潮社公式HP(https://www.shinchosha.co.jp/book/354331/)でご覧ください

 

著者からのメッセージ

〇長谷川雅紀さん
「くすぶってる中年 みんな読んでね! くすぶってる青年も読んでね! くすぶってる少年 大志を抱け!!」

〇渡辺隆さん
「ウソみたいな話ですが、我々錦鯉の本が出ます。おじさんの半生がゴリゴリに書かれております。読むと、よくこの人達 この年まで生きてこられたなぁと不思議な気持ちになります。表紙のまさのりさんの写真は遺影に使えそうです」

 

本書の構成

まえがき 長谷川雅紀

第1章 2021年の錦鯉
コンビ結成10年目で、歯が10本ない!/『M-1』決勝の舞台裏/激動の2021年/あの番組に出たい!/ 街を歩けない!?/家族の反応

第2章 それぞれの生い立ち
子供のころ/隆の謎/長谷川家の苦難/影響を受けた「笑い」/グレなかった理由/思春期の頃/隆の青春時代

第3章 芸人になる!
高校卒業時の二人/渡辺家の悲劇/タカアンドトシとの出会い/東京NSC/雅紀、デビュー/笑いは「気づき」と「築き」/「前に出ない」二人/雅紀、東京へ/他人と比較しない

第4章 売れない!
三人で始まった東京生活/お笑いに年齢制限?/極貧生活の日々/雅紀の食生活/笑いは「伝わる」こと/二度目の解散

第5章 くすぶり中年の逆襲
二人の出会い/錦鯉、誕生/バカになれ!/確立した錦鯉スタイル/ダメだから分かること/突然の悲報/同じ景色を見よう!/悔しい!/錦鯉、これから

あとがき 渡辺隆

 

著者プロフィール

 
◆錦鯉(長谷川雅紀さん・渡辺隆さん)

「M-1グランプリ2020」で初の決勝進出(4位)。「M-1グランプリ2021」優勝、「M-1」史上最年長王者に。

 
■長谷川雅紀(はせがわ・まさのり)さん

1971年生まれ。北海道出身。吉本興業札幌事務所1期。1994年「まさまさきのり」でデビュー。解散後、「マッサジル」を経て2012年「錦鯉」結成。

 
■渡辺隆(わたなべ・たかし)さん

1978年生まれ。東京都出身。東京NSC5期生。2001年「ガスマスク」でデビュー。解散後、「桜前線」を経て長谷川さんと「錦鯉」結成。

 

くすぶり中年の逆襲
錦鯉 (著)

祝! M-1グランプリ2021優勝! ! !
長谷川雅紀さんは史上初の50代優勝!
渡辺隆さんは史上初の40代優勝!

そしてこちらは「まさかの自叙伝」!
「遅咲きの反逆中年」がブレイクまでの全てを明かす!

「戦国時代だったら生きてない」「人生折り返し地点からの大逆転」49歳と42歳でブレイクした「若くない若手」漫才師・錦鯉。「第7世代の親世代」は今日も八面六臂の大活躍。もちろん、ここまでの道のりは山あり谷あり嵐あり……。生い立ちから苦難の下積み時代を経て、大ブレイクまでを初めて明かす大爆笑自叙伝!

 
【関連】
錦鯉 『くすぶり中年の逆襲』 | 新潮社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です