本のページ

SINCE 1991

現代歌人協会賞受賞作家・小佐野彈さん自伝的青春小説『僕は失くした恋しか歌えない』が刊行 歌集『銀河一族』も同時刊行

小佐野彈さん著『僕は失くした恋しか歌えない』

小佐野彈さん著『僕は失くした恋しか歌えない』

オープンリーゲイとして創作を続ける現代歌人協会賞受賞作家・小佐野彈さんの自伝的青春小説『僕は失くした恋しか歌えない』が、新潮社より11月29日に刊行されます。なお、歌集『銀河一族』が短歌研究社より同日発売となります。

 

「親ガチャ大当たり!」でも人生はそんなに甘くない!

実らないからこそ、恋はかがやいて見えるのだろうか……。

超美女に告白されても応えられない自分への焦り、意中の男性に告白しては振られてばかりの高校生活、絶対的な味方だと思っていた母との軋轢──オープンリーゲイとして創作を続ける著者が、自らのセクシャリティに戸惑う少年のリアルな青春を描きます。

 
【あらすじ】

性愛の対象が同性であることに気付いたのは、中学生の頃だった――。
有名企業の経営者一族に生まれ、何不自由ない学生生活を送っているフリをしていた「僕」だったが、ある日、同級生男子への思いを綴った「妄想ノート」がクラスの女子に見つかってしまい……。同級生への初恋、出会い系サイトでの冒険、そして人生初の大失恋に家族への露呈――折々で胸に沸き起る狂おしいほどの恋情を歌にしながら、「恋に恋する」ゲイの「僕」が、出会いと別れを経て大人になっていく過程を、瑞々しい短歌と90年代カルチャー満載で描く自伝的青春小説。

 
<本書の注目ポイント>

◆「親ガチャ」大当たり! でも、人生は甘くない。
「グループ企業の御曹司」として生まれ、「幼稚舎から慶應」のセレブ人生。大学卒業後は「台湾で起業」し、「オープンリーゲイ」の歌人として新人賞を総なめ……ドラマのような人生を送ってきた著者が、セレブならではの苦悩や、「普通じゃないこと」に対する恐怖、叶わぬ恋への渇望を赤裸々につづった自伝的青春小説!

 
◆全編にちりばめられる眩い恋の歌――まさしく、現代版『伊勢物語』!
15歳のときの初恋から台湾に渡るまで、青春時代の7年間に「僕」が出会った恋を、物語の中に短歌を交えて綴ります。

 
◆シングルマザーとゲイの息子。これからの時代の家族の物語。
12歳のときに両親が離婚してから「絶対的安全地帯」だった母に、本当の気持ちを伝えられるのか……葛藤し、衝突しながらも自立へと向かっていく「僕」と母の絆に感涙必至!

 
◆31文字がエモい。SNSきっかけで再ブームの≪短歌≫
大ヒット『ホスト万葉集』の編者でもある著者による、ありのままをぶつけた渾身の新作短歌が満載!

 

著者プロフィール

著者の小佐野彈(おさの・だん)さんは、1983年生まれ。東京・世田谷出身。1997年、慶應義塾中等部在学中に作歌を始める。慶應義塾大学経済学部卒業。大学院進学後に台湾にて起業。現在、台湾台北市在住。

2017年「無垢な日本で」で第60回短歌研究新人賞を受賞。2018年、第一歌集『メタリック』(講談社)刊行。2019年第12回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞、第63回現代歌人協会賞を受賞。2019年6月に初の小説『車軸』(集英社)刊行。また、俵万智さん、野口あや子さんとの共編書に『ホスト万葉集』『ホスト万葉集 巻の二』がある。最新歌集は『銀河一族』(短歌研究社/11月30日発売)。

 

僕は失くした恋しか歌えない
小佐野 彈 (著), 青山裕企 (写真)

性愛の対象が同性であることに気付いたのは、中学生の頃だった――。
すれ違う想いにキュン死確定! 恋に恋する「僕」のリアルな青春。

これは、「僕」でなければ見つけられなかった景色、紡げなかった言葉。
同級生男子への初恋、出会い系サイトでの冒険、そして人生初の大失恋に家族へのカミングアウト……。
胸を揺さぶる想いを短歌にしながら、御曹司として生まれた少年が数々の出会いと別れを経て歌人になるまでを描く、瑞々しく切ない自伝的青春小説。

銀河一族
小佐野彈 (著)

戦後一代で財を築き、政財界にも力を及しフィクサーと呼ばれた男。その一族に生まれた苦悩、”家”からの解放。また、オープンリーゲイとして生き、表現をつづける著者の幼少期からの性に対する違和感や受容、葛藤を短歌で描く。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です