本のページ

SINCE 1991

今村昌弘さん「屍人荘の殺人」シリーズ最新作『兇人邸の殺人』が発売即重版! シリーズ累計100万部突破!

今村昌弘さん著『兇人邸の殺人』

今村昌弘さん著『兇人邸の殺人』

第27回鮎川哲也賞を受賞した今村昌弘さんのデビュー作にして、『このミステリーがすごい!』をはじめとする主要ミステリランキングで3冠達成第18回本格ミステリ大賞を受賞。さらには本屋大賞第3位に選ばれ、映画化・コミカライズもされた『屍人荘の殺人』。死の予言とミステリの組み合わせに挑み、各ミステリランキングベスト3に連続ランクインしたシリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』。そしてシリーズ第3弾となる『兇人邸の殺人』が7月29日に刊行され、早くも話題を呼んでいます。

 

『兇人邸の殺人』について

【あらすじ】

“廃墟テーマパーク”にそびえる「兇人邸」。班目機関の研究資料を探し求めるグループとともに、深夜その奇怪な屋敷に侵入した葉村譲と剣崎比留子を待ち構えていたのは、無慈悲な首斬り殺人鬼だった。逃げ惑う狂乱の一夜が明け、同行者が次々と首のない死体となって発見されるなか、比留子が行方不明に。

さまざまな思惑を抱えた生存者たちは、この迷路のような屋敷から脱出の道を選べない。さらに、別の殺人者がいる可能性が浮上し……。葉村は比留子を見つけ出し、ともに謎を解いて生き延びることができるのか!?

『屍人荘の殺人』の衝撃を凌駕するシリーズ第3弾。

 
★『兇人邸の殺人』特設サイト:https://special.tsogen.co.jp/kenzakihiruko

 

各書店の売上ランキングで1位獲得、発売1週間で早くも重版決定

待望のシリーズ最新作として、発売直後から、前作『魔眼の匣の殺人』を上回る好スタートを切りました。各書店の売上ランキングで1位を獲得。さらにトーハン週間ベストセラー<総合> (2021年8月3日)、読書メーターの読んだ本ランキング単行本部門・週間(集計期間:2021年8月3日~8月9日)で1位になるなど爆発的な売れ行きを記録し、早速重版も決定しています。

 
◆書店員各氏から、絶賛の声!

作者は天才なのか!? そうだな天才だな!!
誰かに言いたくてこの感動を共有したくて叫び出しそう!
(未来屋書店 有松店 前田ゆきさん)

シリーズ3作の中で一番好きです。
葉村くんと比留子さんのコンビも最高! ずっと続いてほしいシリーズ。
(明文堂書店 富山新庄経堂店 野口陽子さん)

頭をグルグルと全開させて挑んだけれど完敗。
トリックだけではなく、人間心理をみごとに描き出す作品でもあって、重厚な余韻を残してくれました。
(勝木書店 海東正晴さん)

これ以上ないくらいの特殊設定なのに、真正面から本格ミステリに挑戦している今村先生の姿勢がすごく好きです。
(ジュンク堂書店 吉祥寺店 岡安小百合さん)

 
◆海外でも人気を呼ぶミステリシリーズ

『屍人荘の殺人』はインドネシア、韓国、タイ、中国、台湾、ベトナムで出版され、英語版の刊行も決定しています。特に中国での人気は高く、『屍人荘の殺人』『魔眼の匣の殺人』で累計10万部を突破しています。

 

著者プロフィール

著者の今村昌弘(いまむら・まさひろ)さんは、1985年生まれ。長崎県出身。岡山大学卒業。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!2018年度版』、〈週刊文春〉2017年ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞[小説部門]を受賞、第15回本屋大賞第3位に選出。映画化、コミカライズもされた。

シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』も各ミステリランキングベスト3に連続ランクイン。2021年、テレビドラマ『ネメシス』に脚本協力として参加。

 

兇人邸の殺人
今村 昌弘 (著)

入ったが最後、姿を見ることは二度とないーー
”廃墟テーマパーク”にそびえる奇怪な屋敷。
深夜侵入した葉村と比留子を異形が襲う。
シリーズ累計100万部突破! ! 『屍人荘の殺人』シリーズ第3弾!

『魔眼の匣の殺人』から数ヶ月後――。神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子が突然の依頼で連れて行かれた先は、“生ける廃墟”として人気を博す地方テーマパークだった。園内にそびえる異様な建物「兇人邸」に、比留子たちが追う班目機関の研究成果が隠されているという。深夜、依頼主たちとともに兇人邸に潜入した二人を、“異形の存在”による無慈悲な殺戮が待ち受けていた。待望のシリーズ第3弾、ついに刊行!

装画:遠田志帆
装幀:鈴木久美

■既刊

屍人荘の殺人

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。
合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!!
究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!
奇想と本格ミステリが見事に融合する第27回鮎川哲也賞受賞作!

魔眼の匣の殺人
あと二日で、四人死ぬ――
閉ざされた“匣”の中で告げられた死の予言は成就するのか。
ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人』シリーズ待望の第二弾!

その日、“魔眼の匣”を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた直後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。

 
【関連】
今村昌弘『兇人邸の殺人』特設サイト – 東京創元社 特設サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です