本のページ

SINCE 1991

半藤一利さん×加藤陽子さん×保阪正康さんが集結したNHKラジオ番組「太平洋戦争への道」が書籍化

半藤一利さん×加藤陽子さん×保阪正康さんが集結したNHKラジオ番組「太平洋戦争への道」が書籍化

半藤一利さん×加藤陽子さん×保阪正康さんが集結したNHKラジオ番組「太平洋戦争への道」が書籍化

2017年の終戦の日、昭和史研究のスペシャリスト3人が集結して話題を呼んだNHKラジオ番組「太平洋戦争への道」が書籍化され、『太平洋戦争への道 1931-1941』(著:半藤一利さん・加藤陽子さん、編著:保阪正康さん/NHK出版新書)としてNHK出版より刊行されました。

 

昭和日本が犯した「最大の失敗」に至る道筋を6つの転換期から検証し、私たちが学ぶべき教訓と、令和日本が進むべき道を提言!

『太平洋戦争への道 1931-1941』(著:半藤一利さん・加藤陽子さん、編著:保阪正康さん/NHK出版新書)

『太平洋戦争への道 1931-1941』(著:半藤一利さん・加藤陽子さん、編著:保阪正康さん/NHK出版新書)

本書は、半藤一利さん、加藤陽子さん、保阪正康さんが出演したNHKラジオ番組「太平洋戦争への道」での貴重な鼎談に、保阪正康さんの解説と図版・写真を加えた「日米開戦80年企画」として刊行するものです。

 
1931年の満州事変から1941年の真珠湾攻撃へと至るその過程には、見逃せない6つの分岐点があったと三人は口をそろえます。各氏の視点と語り口が絶妙に交差しながら、昭和日本の闇へと迫る展開は、歴史好きの方にはもちろん、一般の方にも重層的な歴史理解を促すに違いありません。

私たちは歴史から何を学ぶべきなのか。昭和日本が犯した「最大の失敗」から、令和日本が進むべき道を提言します。

ラングーン上空で編隊を組む日本軍の九七式重爆撃機

ラングーン上空で編隊を組む日本軍の九七式重爆撃機

 

本書の構成

序章 太平洋戦争とは何か
「戦争呼称問題」に見る近代日本の宿痾――保阪正康

第一章 関東軍の暴走  1931 満州事変 - 1932 満州国建国
満州国建国の土台となった二つの見解――保阪正康

第二章 国際協調の放棄  1931 リットン報告書 - 1933 国際連盟脱退
孤立主義を支持した国内世論――保阪正康

第三章 言論・思想の統制  1932 五・一五事件 - 1936 二・二六事件
テロがファシズムを生み出す――保阪正康

第四章 中国侵攻の拡大  1937 盧溝橋事件 - 1938 国家総動員法制定
日中戦争を拡大させた日本の奢り――保阪正康

第五章 三国同盟の締結  1939 第二次世界大戦勃発 - 1940 日独伊三国同盟
戦間期に成立した「三国同盟」という“ねじれ” ――保阪正康

第六章 日米交渉の失敗  1941 野村・ハル会談 - 真珠湾攻撃
歴史の因果を背負った日米開戦――保阪正康

戦争までの歩みから、私たちが学ぶべき教訓
戦争は暗い顔で近づいてはこない――加藤陽子
命令一つで命を奪った軍事指導者の罪――保阪正康
日本人よ、しっかりと勉強しよう――半藤一利

 

著者プロフィール

 
■半藤一利(はんどう・かずとし)さん

1930年生まれ。東京都出身。作家。

東京大学文学部卒業後、文藝春秋に入社し、『週刊文春』『文藝春秋』などの編集長を歴任。
2021年1月逝去。著書に『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』など。

 
■加藤陽子(かとう・ようこ)さん

1960年生まれ。埼玉県出身。東京大学大学院博士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授。

著書に『それでも日本人は「戦争」を選んだ』『昭和天皇と戦争の世紀(天皇の歴史8)』『戦争まで』『とめられなかった戦争』など。

 
■保阪正康(ほさか・まさやす)さん

1939年生まれ。北海道出身。同志社大学文学部卒業。ノンフィクション作家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。

著書に『昭和陸軍の研究』『昭和の怪物 七つの謎』『あの戦争は何だったのか』『陰謀の日本近現代史』など。

 

太平洋戦争への道 1931-1941 (NHK出版新書)
半藤 一利 (著), 加藤 陽子 (著), 保阪 正康 編著 (編集)

満州事変から、真珠湾攻撃へ――日本を亡国に導いた6つの分岐点

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です