本のページ

SINCE 1991

誕生45周年記念!「ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が大阪で開催 ロングセラーの絵本、初の大規模展覧会

(c)なかえよしを・上野紀子/ポプラ社

(c)なかえよしを・上野紀子/ポプラ社

大丸梅田店は、「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」を2021年1月15日(金)から1月31日(日)まで同店13階特設会場で開催します。

 

親子で一緒に楽しめる!ロングセラーの絵本、初の大規模展覧会が大丸梅田店にて開催!

世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ』(1974年刊行/ポプラ社)。シリーズ累計400万部を超え、2019年に45周年をむかえた人気作は、作家・なかえよしをさん、画家・上野紀子さん夫妻の共同作業によって生まれました。

鉛筆で描かれたモノクロの絵と、最小限の文章、余白を生かした美しい構図で注目を集め、多くの子どもたちの心をつかんでいます。

 
本展では、シリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約180点を展示。また、上野さんが絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野さんの絵の世界を紹介します。

からだは小さくても優しい心を持ったねずみくんは、子どもの心に寄り添う友達のような存在。親子や大好きな友達と一緒に、ねずみくんと仲間たちがつくりだす温かい世界をお楽しみください。

 
<「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」開催概要>

■会期:2021年1月15日(金)~1月31日(日)
※状況により営業日や時間、イベント内容等に変更が発生する場合があります。予めご了承ください。

■会場:大丸梅田店 13階特設会場

■入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)

■入場料:一般800円(600円)/中高生600円(400円)/小学生400円(300円)/未就学児は入場無料
◎グッズ付きチケット:一般1,300円(1,100円)/中高生1,100円(900円)/小学生900円(800円)※( )内は前売および大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方の優待料金となります。
※混雑の状況で、整理券で対応する場合、入場できない場合があります。

★詳細:https://dmdepart.jp/museum/umeda/nezumikun45th/

 
<展示作品>

↑『ねずみくんのチョッキ』

↑『ねずみくんのチョッキ』

↑『ねずみくんとおんがくかい』

↑『ねずみくんとおんがくかい』

↑『ちいちゃんのかげおくり』

↑『ちいちゃんのかげおくり』

↑『扉の国のチコ』

↑『扉の国のチコ』

 

展覧会オリジナル絵本付きチケットも発売!

『ねずみくんのスタンプ』絵本付きチケット(グッズ付きチケット)を購入すると、会場内でオリジナル絵本がつくれます!

 
また、ご来場のお子さん(小学生以下)には、ねずみくんのチョッキと耳をプレゼント!
※なくなり次第終了となります。

 

なかえよしをさん&上野紀子さん プロフィール

なかえよしをさんと上野紀子(うえの・のりこ)さんは、1973年、共作絵本『Elephant Buttons』(邦題『ぞうのボタン』)をアメリカで出版。 以来、数々の絵本を発表。シュールな味わいをもつ独特の作品世界が数多くの読者を魅了してきた。

主な作品に、『ねずみくんのチョッキ』(講談社出版文化賞受賞)をはじめとする「ねずみくんの絵本」シリーズ、『いたずらララちゃん』(絵本にっぽん賞)、『扉の国のチコ』(以上ポプラ社)、『ねこのジョン』(金の星社)ほかがある。

なかでも「ねずみくんの絵本」シリーズは、40年以上、世代をこえて読み継がれている。2005年には、これまでの業績に対し、第28回巖谷小波文芸賞を受賞した。

 

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)
なかえ よしを (著), 上野 紀子 (イラスト)

ママとは、ずっと、おともだちでした。

「おかあさんが あんでくれた ぼくの チョッキ。ぴったり にあうでしょう」と得意げなねずみくん。ところが、「ちょっときせてよ」とどんどん仲間がやってきて……
『ねずみくんのチョッキ』が出版されて、今年(2014年)で40年。刊行当時は、「しゃれているけど、子どもにはむずかしいのでは」という声もありましたが、子どもたちは、広い画面の中で自由に想像をふくらませ、大好きになってくれました。この一冊からねずみくんは、累計500万部をかぞえる人気シリーズの主人公に。最初の読者は、大人になってしまったけれど、ねずみくんはやっぱりねずみくんのまま。小さなからだで、一生懸命がんばるねずみくんに、くすっと笑ったり、共感したり、元気や勇気をもらったり……。世代をこえて愛される、ずっと かわらないおともだちです。
1975年講談社出版文化賞絵本賞 「よい絵本」選定図書受賞

 
【関連】
誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 | 大丸・松坂屋の展覧会

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です