本のページ

SINCE 1991

宮口幸治さん『ケーキの切れない非行少年たち』が3冠! オリコン・トーハン・日販の新書部門年間ベストセラー第1位に

宮口幸治さん著『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮新書)

宮口幸治さん著『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮新書)

宮口幸治さん著『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮新書)が、オリコン(新書部門)、トーハン(新書・ノンフィクション部門)、日販(新書・ノンフィクション部門)の年間ベストセラーランキングでいずれも1位となり、「3冠」を達成しました。

 

『ケーキの切れない非行少年たち』が各種ランキングで2020年の新書部門年間ベストセラー第1位に

本のベストセラーは、多くの会社が、前年の11月から翌年の11月までのおよそ1年間の累計で算出しています。そのため毎年この時期、12月初めにベストセラーランキングが発表されます。

 
2019年7月に刊行された新潮新書『ケーキの切れない非行少年たち』は、発売以来、養老孟司さんやカズレーザーさんら各界著名人が賛辞を寄せた話題の一冊。昨年、各社が集計した年間ベストセラーでは新書(ノンフィクション)部門でも第3位にランクインしています。

 
特筆すべきはその息の長さです。年が明けてもその勢いは衰えず、今年はオリコン、トーハン、日販の上半期ベストセラーランキングで『ケーキの切れない非行少年たち』が新書部門で第1を達成、そして年間ベストセラーランキングにおいても、部門の第1位となりました。

ちなみにオリコンのデータによる同書の期間累計部数(2019年11月18日~2020年11月22日)は、44万4815部。これまでの発行総部数は65万部に到達しています。

 

『ケーキの切れない非行少年たち』について

『ケーキの切れない非行少年たち』は、人口の14%程度いるとされる「境界知能」に焦点を当てた本です。

「境界知能」とは、IQにおいて70~84程度で、いわゆる「知的障害」(IQ 69以下)とまでは言えないが、現代社会で生きていく上では相当程度の困難に直面していると考えられている人たちです。このテーマは従来タブー視されがちでした。

 
本書では、児童精神科医である著者が、医療少年院で出会った「非行少年」たちの衝撃的な実態を明かしています。

 
「丸いケーキを3等分してみてください」

そう言って、シンプルな円が書かれた紙を提示します。多くの人は、円の中心から放射状に線を引くことでしょう。

ところが、この課題に対して、非行少年たちは思いもよらぬ回答を示しました。2等分した後に首をひねり、強引に横線を引く者もいれば、無造作に横に3本直線を引く者も。同書のオビに用いられているのが、彼らの回答例です。

 
彼らはふざけているのではありません。境界知能ゆえにこのようなことになるのです。

こうした少年たちは、社会で生きていくうえで自分だけでは乗り越えられない壁にぶつかりがちです。相手の言う事、問う事が理解できないのですから、当然でしょう。そして、一部の者は犯罪に走ってしまうのです。

 
実は殺人、強盗、強姦などの「凶悪な犯罪」を起こした非行少年たちの中には、「境界知能」ゆえに物事の認知能力が低く、幼少期からさまざまな困難に直面していた「傷ついた子どもたち」がかなりの数含まれています。

著者は医療少年院でこうした子どもたちと接し、力になってきました。

 
いじめ、あおり運転、幼児に対する性非行、ネグレクト、無計画な暴行や殺人など、世の中には「なんでそんなことをするのか分からない」と周囲が戸惑うこと、理解に苦しむことが数多くあります。そうした事件、トラブルの背景にも、この「境界知能」が関係していることが示唆されています。

 
彼らに明確な悪意は存在せず、「認知のゆがみ」が原因なのではないか――この指摘に気づきを得たという声が著者や編集部にも多く寄せられています。

 
本書は、各メディアでたくさんの紹介をされてきました。「非行少年」がテーマのドラマ(現在放映中の『さくらの親子丼』)では、劇中、主人公が本に直接言及する場面も登場しました。

また、本書をベースに、著者本人の脚本によるコミック連載(https://kuragebunch.com/)も進行中です。

 

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)
宮口 幸治 (著)

児童精神科医である著者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です