本のページ

SINCE 1991

開高健さん『オーパ!完全復刻版』刊行へ オンラインイベント「開高健『オーパ!』に学ぶコロナ時代の旅のカタチ」も開催

開高健さん『オーパ!完全復刻版』刊行へ

開高健さん『オーパ!完全復刻版』刊行へ

「開高健 The Year 」(2019年12月9日没後30年~2020年12月30日生誕90年)を展開する集英社は、1978年に刊行され多くの人々を魅了した紀行ノンフィクションの金字塔『オーパ!』の完全復刻版を、2021年1月26日(火)に刊行します。

 

『オーパ!完全復刻版』2021年1月26日発売決定! 12/5(土)オンラインイベントも開催

『オーパ!完全復刻版』は、現在予約受付中で、2020年12月11日(金)までに専用注文書(下記特設サイトURLからダウンロード)にて書店店頭で注文した方には、『PLAYBOY日本版』(1978年2月号)に掲載された連載初回分の誌面を再現したブックレットがプレゼントされます。
※ネット書店での予約はプレゼントの対象にはなりませんのでご注意ください。

 
また、刊行を記念し、2020年12月5日(土)にオンライントークショーも開催されます。

アマゾンの魚、人々の暮らし…世界にむけた、開高健さんのまなざしがいまなお色褪せずに読者を魅了する『オーパ!』について、世代の異なる3人の登壇者が語ります。

当時の旅の開高健さんの貴重なエピソードや、コロナ禍にこそ読みたい本作の魅力とはなんなのか? 「オーパ!」たっぷりの2時間イベントです。

※オーパとは…何事であれ、ブラジルでは驚いたり、感嘆したりするとき「オーパ!」という。<本文より>

 

『オーパ!完全復刻版』刊行記念オンラインイベント「開高健『オーパ!』に学ぶコロナ時代の旅のカタチ」開催概要

(事前申し込み不要・無料)

■日時:2020年12月5日 (土) 13:00~15:00 予定(質疑応答あり)

■登壇者
◎菊池治男さん:元編集者/集英社にて『オーパ!』を担当(アマゾンへも同行)
◎坪松博之さん(サントリーホールディングス株式会社 開高健記念会理事)
◎藤原光昭さん(ヤフー株式会社 事業プロデューサー)

■主催:公益財団法人一ツ橋綜合財団・株式会社集英社
■協力:公益財団法人 開高健記念会

■配信:YouTubeLive

★特設サイト:http://gakugei.shueisha.co.jp/opa/(←当日左記URLからご視聴ください)

 

『オーパ! 完全復刻版』について

【内容概要】

◆『オーパ!』(上製本 212ページ)
刊行当時と同じ布を使用した表紙など、贅沢な装丁を再現。全てオリジナルポジフィルムから製版し直した完全な復刻版です。在りし日のアマゾンと取材チームの熱気までが伝わってきます。

◆『特別編集ブックレット オーパ!』(並製本 56ページ)
単行本『オーパ!』が生まれた舞台裏をまとめた証言集や、角幡唯介さん、藤原新也さんの特別寄稿、夢枕獏さんのエッセイや冒険家・植村直己さんとの貴重な対談も再録。
”旅する作家“とも呼ばれた開高健さんの「旅」のみにフォーカスした年譜を収録するなど充実のラインナップ。

 
【書誌情報】

■発売日:2021年1月26日(火)

■定価:本体8,000円本体+税

■体裁:A4判変型/ケース入り/特別編集ブックレット付き

※デザイン・内容は変更になる場合があります。

 

著者プロフィール

 
■開高健(かいこう・たけし)さん

作家。1930年大阪府生まれ。大阪市立大学卒業。23歳、壽屋(現サントリー)に入社。宣伝部で広報誌『洋酒天国』を企画。26歳で小説『パニック』を発表。新人作家として注目を集めると、翌年『裸の王様』で第38回芥川賞を受賞。

『ロビンソンの末裔』『輝ける闇』『夏の闇』などの小説で文学界に輝かしい業績を築く一方、33歳で朝日新聞社臨時海外特派員としてベトナム戦争取材に従軍。ルポ『ベトナム戦記』などのノンフィクションの傑作も残した。

『オーパ!』はシリーズ化され、『オーパ、オーパ!! 国境の南』(1989年)まで続いた。食道癌により58歳で永眠。

 
■高橋昇(たかはし・のぼる)さん

写真家。1949年生まれ。『オーパ!』アマゾン釣魚紀行に20代で抜擢され、以降『オーパ!』アマゾン編から『オーパ、オーパ!!』シリーズの取材に全て同行。

『PLAYBOY日本版』でも著名人のポートレートなどを発表した。第14回講談社出版文化賞を受賞。著書に『梅若六郎能百舞台』『男、が、いた。開高健』『旅人 開高健』など。2007年死去。

 

オーパ! 完全復刻版
開高 健 (著), 高橋 昇 (著)

1978年発売のノンフィクション紀行の金字塔を完全復刻!
アマゾンで、作家を待ち受けていたのは、“オーパ!”の連続だった。
殺し屋ピラーニャ、驚異的な跳躍を見せるトクナレ、黄金に輝くドラード、そして最大の淡水魚ピラルクー……。
怪魚たちを追い求め、65日間、16000キロの旅が始まる。
「PLAYBOY日本版」連載当時から大きな反響を呼び、発売後には社会現象にもなった、伝説の大型単行本が今、オリジナルポジからのリマスター製版で蘇る。
特別編集ブックレット付き。
特製ケース入り。

<特別編集ブックレット内容>
[メイキング・ドキュメント] 『オーパ! 全証言』
[特別寄稿] 角幡唯介 野心としてのアマゾン/藤原新也 文豪、開高健のシルエット
[再録] 夢枕獏 『オーパ!』旅する文豪、釣りする小説家
[対談] 植村直己+開高健 「男」はヘミングウェイのように
開高健 旅の年譜

※こちらで予約した場合、『PLAYBOY日本版』(1978年2月号)に掲載された連載初回分の誌面を再現したブックレットは付いてこないのでご注意ください。

 
【関連】
オーパ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です