本のページ

SINCE 1991

「第51回星雲賞」参考候補作が発表 日本長編部門は小川一水さん、酉島伝法さん、神林長平さんら計7作品

日本SFファングループ連合会議は、第51回星雲賞の参考候補作を発表しました。

 

星雲賞について

星雲賞は1970年に創設された、SF作品およびSF活動を対象とした日本で最も長い歴史を誇る文学賞です。前年度に発表されたSF作品およびSF活動を対象に、毎年開催される「日本SF大会」の参加者の投票により受賞作品が決定します。1965年に結成された、日本のSFファングループ間の協議機構「日本SFファングループ連合会議」が運営。

「日本長編」「日本短編」「海外長編」「海外短編」「メディア」「コミック」「アート」「ノンフィクション」「自由」の9つの部門で構成されています。

 
第51回星雲賞では、5月7日から7月5日にかけて第59回日本SF大会参加者による投票が行われ、2021年3月14日に開催される同大会内にて贈賞式が開催される予定です。

なお、星雲賞における「参考候補作」は、他の文学賞における「ノミネート作品」とは違い、あくまで投票の参考にしてもらうためにリストアップされたものなので、「参考候補作」以外に投票することも可能です。

 

「第51回星雲賞」参考候補作 〔敬称略〕

第51回星雲賞の参考候補作は、次の通りです。

 
<日本長編部門>
◎『天冥の標』全10巻〔17冊〕(小川一水/早川書房)
◎『ヒト夜の永い夢』(柴田勝家/早川書房)
◎『宿借りの星』(酉島伝法/東京創元社)
◎『東京の子』(藤井太洋/角川書店)
◎『先をゆくもの達』(神林長平/早川書房)
◎『HELLO WORLD』(野崎まど/集英社)
◎『大絶滅恐竜タイムウォーズ』(草野原々/早川書房)

 
<海外長編部門>
◎『三体』(劉慈欣/訳:立原透耶、大森望、 光吉さくら、ワン・チャイ/早川書房)
◎『パラドックス・メン』(チャールズ・L・ハーネス/訳:中村融/竹書房)
◎『黒き微睡みの囚人』(ラヴィ・ティドハー/訳:押野慎吾/竹書房)
◎『巨神降臨』(シルヴァン・ヌーヴェル/訳:佐田千織/東京創元社)
◎『翡翠城市』(フォンダ・リー/訳:大谷真弓/早川書房)
◎『銀河核へ』(ベッキー・チェンバーズ/訳:細身遙子/東京創元社)
◎『マーダーボット・ダイアリー』(マーサ・ウェルズ/訳:中原尚哉/東京創元社)

 
<コミック部門>
◎『ロボ・サピエンス前史』上下巻(島田虎之介/講談社)
◎『バビロンまでは何光年?』全1巻(道満晴明/秋田書店)
◎『ニンジャバットマン』上下巻(キャラクター・監修:DC COMICS/漫画:久正人/ヒーローズ)
◎『Dimension W(ディメンジョンダブリュー)』全16巻(岩原裕二/スクウェア・エニックス)
◎『ハーモニー』全4巻(漫画:三巷文/原作:伊藤計劃・Project Itoh/KADOKAWA)
◎『カガクチョップ』全6巻(カヅホ/フレックスコミックス)

 
その他の部門(「日本短編」「海外短編」「メディア」「アート」「ノンフィクション」「自由」)の参考候補作など詳細は、http://www.sf-fan.gr.jp/awards/2020result.html をご覧ください。

 
【関連】
2020年 第51回星雲賞
第59回日本SF大会『F-CON』 | F-CON(エフコン) 2021福島郡山市

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です