本のページ

SINCE 1991

紗倉まなさんエッセイ『働くおっぱい』が自身の朗読でオーディオブック化

紗倉まなさんエッセイ『働くおっぱい』が自身の朗読でオーディオブック化

紗倉まなさんエッセイ『働くおっぱい』が自身の朗読でオーディオブック化

現役セクシー女優で、小説家としても活躍する紗倉まなさんのエッセイ『働くおっぱい』(KADOKAWA)がオオーディオブック化され、、Audible(オーディブル)より配信中です。朗読は紗倉まなさん自身が担当。

 

紗倉まなさんが素の自分を“丸出し”するエッセイ『働くおっぱい』オーディオブック版が発売に!

本書は、

◎AV女優なのに恋愛はNG!?
◎職業を書いたら家は借りられない!?
まそんな私、友達が一人しかいない!(涙)

…など、18歳からAV女優一筋の“えろ屋”紗倉まなさんが初めて素の自分を“丸出し”するエッセイです。ダ・ヴィンチニュースの人気エッセイ連載に大幅な加筆修正を経て、書籍化。

 

紗倉まなさん プロフィール

著者の紗倉まな(さくら・まな)さんは、1993年3月23日、千葉県生まれ。

工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。2015年にはスカパー! アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。

著書に瀬々敬久監督により映画化された初小説『最低。』、『凹凸』、エッセイ集『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』、スタイルブック『MANA』がある。2月下旬に『春、死なん』を刊行予定。

★twitter(@sakuramanaTeee):https://twitter.com/sakuramanateee
★Instagram(sakuramanatee):https://www.instagram.com/sakuramanatee/
★YouTube「まなてぃーちゃんねる」:https://www.youtube.com/channel/UCPFurp91wJS6CmSAcfj7O4Q

 

【紗倉まな朗読】働くおっぱい Audible版 – 完全版
紗倉 まな (著, ナレーション), KADOKAWA (出版社)

■書籍版

働くおっぱい
紗倉 まな (著)

18歳でAV女優を選んだ著者が初めてさらけ出す働くとは、女として生きるとは。自称“えろ屋”による120万PV超の人気エッセイ、ついに書籍化!!

【おまけ】
・大ボリューム書き下ろし! 「まえがき」&「あとがき」
・紗倉まなプレゼンツ 珍おっぱい&乳首図鑑
(イラストは人気マンガ家のスケラッコさん!)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です