本のページ

SINCE 1991

「第29回林忠彦賞」を笠木絵津子さん写真集『私の知らない母』が受賞

「第29回林忠彦賞」を笠木絵津子さん写真集『私の知らない母』が受賞

「第29回林忠彦賞」を笠木絵津子さん写真集『私の知らない母』が受賞

公益財団法人周南市文化振興財団は2月18日、第29回林忠彦賞の選考結果を発表し、現代美術家・笠木絵津子さんの写真集『私の知らない母』(クレオ)が受賞しました。

 

林忠彦賞について

林忠彦賞は、戦後写真界に大きな足跡を残した写真家・林忠彦さんの多彩な業績を記念し、周南市と公益財団法人周南市文化振興財団が1991年に創設した写真賞です。

 
林忠彦さんは木村伊兵衛さん、土門拳さん、渡辺義雄さんらとともに日本写真家協会設立に尽力する一方、二科会に写真部を創設し、全国のアマチュア写真家の資質の向上に尽くしました。こうした林さんの遺志を生かし、アマチュア写真の振興を目的として本賞が設立されました。

なお、第18回より対象をプロ作家にも広げ、「時代とともに歩む写真を撮り続けた林さんの精神を継承し、それを乗り越え未来を切り開く写真家の発掘を目指す」賞となっています。

 
選考は、写真界各層の関係者約250名より推薦を受けた推薦作品と、公募による自薦作品の中から、選考委員5名(大石芳野さん、笠原美智子さん、河野和典さん、細江英公さん、有田順一さん=周南市美術博物館館長)による選考委員会によって行われます。

 

受賞記念写真展を東京&周南で開催

第29回林忠彦賞の受賞を記念して、受賞記念写真展が東京と周南市で開催されます。

 
<東京展>
◎開催期間:2020年4月17日(金)~4月23日(木)
◎開催場所:富士フイルムフォトサロン(東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン フジフイルム スクエア)

<周南展>
◎開催期間:2020年5月15日(金)~5月24日(日)
◎周南市美術博物館(山口県周南市花畠町10-16)

 

笠木絵津子さん プロフィール

笠木絵津子(かさぎ・えつこ)さんは、1952年兵庫県尼崎市生まれ。1960年、父の故郷である兵庫県姫路市に転居。1977年、奈良女子大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了(理学修士)。京都大学基礎物理学研究所文部教官助手となる。

1980年、京都大学基礎物理学研究所を退職、フリーカメラマンとなる。1992年、ニューヨーク大学大学院芸術研究科スタジオ・アート専攻修士課程修了(マスター・オブ・アーツ)。以後、現代美術家として活動する。

2003年、「第26回キヤノン写真新世紀」奨励賞を受賞。2007年、「第10回岡本太郎現代芸術賞」入選、第29回姫路市芸術文化賞、芸術年度賞を受賞。

 
※なお、今回の受賞作品の紹介や総評などは、http://www.hayashi-award.com/2020.html をご覧ください。

 
【関連】
周南市美術博物館:林忠彦賞公式サイト・第29回2020年受賞作品紹介

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です