本のページ

SINCE 1991

【訃報】漫画家・加藤唯史さんが2017年に死去 『ザ・シェフ』など

漫画家の加藤唯史(かとう・ただし=本名:加藤正)さんが2017年10月15日、病気のため死去しました。68歳。北海道出身。葬儀は近親者で執り行われました。日本文芸社が公式サイトにて発表。「ご遺族のご意向により、しばらく事実を伏せておりましたが、 状況に一段落ついたため、お伝えすることとなりました」とのことです。

 
加藤唯史さんは、1949年生まれ。1973年に漫画家デビュー。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された「サテライトの虹」(原作:秋吉薫さん)や秋田書店『週刊少年チャンピオン』で連載(のちに『月刊少年チャンピオン』に移籍)された「ロン先生の虫眼鏡」(原作:光瀬龍さん)など少年誌で活躍した後、1984からは『漫画ゴラク』(日本文芸社)で代表作「ザ・シェフ」(原作:剣名舞さん)を連載。同作は1995年に東山紀之さん主演でTVドラマ化もされています。

他の作品に『闇の逃亡医』(原作:高山紀芳さん)、『ヤメ検弁護士シャチ』『グルメ探偵りょうじ』など。

 

ザ・シェフ 1巻
剣名舞 (著), 加藤唯史 (著), クリエイションアドバンス (監修)

石油産出国であるパミール王国の全権を握る大臣は、外務省関係者がもてなす帝都ホテルの晩餐をほとんど食べ残して帰る。そこで「幻の料理人」と呼ばれる天才シェフ・味沢匠が、大臣を満足させる晩餐を作るように依頼されるが・・。

 
【関連】
訃報 加藤唯史先生、逝去のおしらせ – 株式会社日本文芸社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です