気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『考える力を鍛える論理的思考レッスン』「もしも?」の視点で思考の世界を広げる

『考える力を鍛える論理的思考レッスン』「もしも?」の視点で思考の世界を広げる

『考える力を鍛える論理的思考レッスン』「もしも?」の視点で思考の世界を広げる

パズル・クイズ制作専門会社の有限会社イーソフィアの代表取締役で、パズル・クイズ作家の北村良子さんが、書籍『考える力を鍛える論理的思考レッスン』をマガジンハウスより刊行しました。

 

『考える力を鍛える論理的思考レッスン』執筆の背景

著者は、パズル作家として活動する中で、「答えがない問題を考える意味がわからない」とか、「答えは1つに決まらないと問題にならない」という言葉を耳にするたび、答えのない問題こそ、今取り組まなければならない問題であると考えさせられてきたそうです。

世の中には、答えのない問題のほうが圧倒的に多く、自ら答えを見つけ、それによる多くの決断が人生を変えてゆきます。答えを見つけ出す思考力が問われる社会ですから、「答えがなければ考える必要もない」では乗り越えていくことはできないでしょう。

日本は、哲学や論理学を学ぶ習慣がなく、社会に出てから壁に悩む人が多くいます。そんな中で、「IF~もしも~実験(思考実験)」という、頭の中を舞台に繰り広げられる物語と、それについて考え抜く思考レッスンで、論理的思考力や考える力を伸ばすことができると考え、本章を執筆したとのことです。

 

『考える力を鍛える論理的思考レッスン』の特徴

■1. 「もしも?」の視点で思考の世界を広げます

「IF~もしも~」AよりBが良く、BよりCが良く、CよりAが良いとしたら、どんな時でしょうか?
「IF~もしも~」記憶の売買ができる時代がやってきたら、どんな日常が始まるのでしょうか?
「IF~もしも~」試験管に入れたヒヨコをすり潰したら、何が失われるのでしょうか?
さまざまな「IF~もしも~」を思考することで、考える力が養われ、論理的思考が楽にできるようになります。

 
■2. 垂直思考(論理的思考)パズルと、水平思考パズルで脳を鍛え、ほぐします

章と章の間に、垂直思考パズルと水平思考パズルが用意されています。
物事を深堀していくために必要な論理的思考と、発想を飛ばすために必要な水平思考の両方を鍛えることができ、同時に思考実験で深い思考をつづけた頭をほぐし、リフレッシュする役割も果たします。

 
■3. いくつもの視点から「思考」を深めていきます

1つの思考実験ごとに、さまざまな視点から考え、思考していくように構成されています。「思考1」、「思考2」と違う方向から問題を考えていくことで、思考の幅がぐっと広がる感覚を覚えるでしょう。

 

思考実験と考えるトレーニング「はじめに」より

本書は、「思考実験」というちょっと変わったテーマを使って、「考えるトレーニング」をしていこうというものです。思考実験とは、文字通り思考による実験で、必要なのはあなたの脳と、何について考えるのかという材料だけ。よりイメージがしやすいように、物語仕立てで思考実験を展開していくことにしました。

思考実験の特徴の1つとして、正解があるものもあれば、ないものもあります。それは、「正解がなくてはならない」という前提がないからです。世の中の多くの問題は正解がわからないばかりか、解決した後でもこれが正解であったかどうかはわからないものばかり。大切なのは、自分の考えを確立できるかどうか、自分なりの答えを見つけ出せるかどうかです。その思考力が世界のビジネスを動かしています。思考実験は、考える力や論理的思考力を楽しく身につけるためのツールとして適しています。読むだけでも思考が勝手に動き出し、脳に新たな神経回路が生まれていくでしょう。

 

本書の構成

はじめに
考える力を鍛える論理的思考レッスン

第1章 比較してみる
・比較することで見えてくる
それは本当の自分なのか? ―― 転送装置
その確率は何を表しているのか? ―― 素晴らしい検査
なぜ、簡単に選べないのか? ―― 好みの自転車

水平思考レッスン 1 カレンダーの法則
水平思考レッスン 2 文章間違い探し
垂直思考レッスン 1 天秤パズル
垂直思考レッスン 2 順位パズル

第2章 論点を見直す
・ポイントを変えると違ったものが見える
問題の核心はどこにあるのか? ―― 飛んでいる矢は止まっている
その矛盾をどう考えるか? ―― 抜き打ちチェック
その直感は正しいものなのか? ―― 誕生日のパラドックス

水平思考レッスン 3 漢字仲間はずれパズル
水平思考レッスン 4 豪華客船の謎
垂直思考レッスン 3 4つの数
垂直思考レッスン 4 ヘキサム

第3章 別の方向から考えてみる
・さまざまな角度から考える癖をつけよう
失われたのは、いったい何だったのか? ―― 試験管の中のひよこ
どっちが本物かを導くには? ―― テセウスの船
それでも感動できた理由とは? ―― 二度目の映画

水平思考レッスン 5 結婚式の矛盾
水平思考レッスン 6 アルファベットの法則
垂直思考レッスン 5 正直者と嘘つき
垂直思考レッスン 6 カードパズル

第4章 感情をそっと置いてみる
・感情を切り離して考えられるか?
信じたほうが得なのか ―― 妖精とサトコ
なぜ、その判断を撤回できなかったのか? ―― トンネルと地主
それはモラル?それとも感情 ? ―― ドリンクバー

水平思考レッスン 7 兄と弟
水平思考レッスン 8 素数と掛け算
垂直思考レッスン 7 帽子の色パズル

第5章 記憶を信じない
・人間の脳はときどき騙される
自分の人生がお金で買えるとしたら ―― 記憶売り
中身はイメージ通りのものか? ―― 箱の中のカブトムシ
それは正しい選択だったのか? ―― 都合の良い解釈

水平思考レッスン 9 同じ言葉で文章作成
水平思考レッスン 10 円の法則
垂直思考レッスン 8 部屋の住人

第6章 図表にしてみる
・視覚化することで見えてくる
確実に勝てるのは、どっちか? ―― チキンゲーム
本当に不利なのは、どっちか? ―― チキンゲーム 2
数字のマジックを破れるか? ―― サイコロと露天商
無限の世界へようこそ ―― ヒルベルトホテル

あとがき

 

北村良子さん プロフィール

北村良子さんは、1978年生まれ。有限会社イーソフィア代表。パズル作家としてWEBで展開するイベントや、企業のキャンペーン、書籍や雑誌などに向けてパズルを作成している。

著書は『論理的思考力を高める33の思考実験』『一流の考え方が身につく思考実験 ビギナーズ』『楽しみながらステップアップ! 論理的思考力が6時間で身につく本』など。IQ脳.net(http://iqno.net/)、老年若脳(http://magald.com)などを運営している。

★有限会社イーソフィア URL:http://puzzle.iqno.net/

 

考える力を鍛える論理的思考レッスン
ニーチェもハマった思考実験をもっと楽しく!

それは本当の自分なのか?
その確率は何を表しているのか?
その直感は正しいものなのか?
失われたものは、いったい何だったのか?
信じたほうが得なのか?

今、ビジネスシーンでも求められる論理的思考力を楽しみながら鍛えられるのが本書の特長。
「比較してみる」「論点を見直す」「別の方向から考えてみる」「感情をそっと置いてみる」「記憶を信じない」「図表にしてみる」というヒントを掲げ、思考実験をストーリー仕立てで紹介しています。
さらに垂直思考・水平思考を鍛えるパズルも収録!

ニーチェをはじめ多くの哲学者が試みた「思考実験」は、考える回路をつなぎ、人生のあらゆる局面で役立ちます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です