気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『AERA』2月22日増大号 SixTONESが表紙に登場! 細野晴臣さん×笑福亭鶴瓶さん短期連載がスタート

『AERA』2月22日増大号 SixTONESが表紙に登場!

『AERA』2月22日増大号 SixTONESが表紙に登場!

朝日新聞出版が発行するニュース週刊誌『AERA(アエラ)』2021年2月22日増大号が、2月15日に発売されました。

 

SixTONESが表紙&カラーグラビア&インタビューに登場!

今号の表紙は、デビュー1年を迎えたアイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」。ジャニーズJr.としての活動が長く続きましたが、2020年1月にデビューを果たすと快進撃を続け、年末の紅白歌合戦にも出場を果たしました。

デビュー曲がミリオンヒットを記録するなど、2年前のAERAのインタビューで語っていた「(自分たちの活動で)経済をまわす」という目標も、見事に達成しています。でも、メンバーは、自分たちの姿勢は「変わっていない」と話します。

 
2月17日に新曲「僕が僕じゃないみたいだ」のリリースを控え、熱く語ったのは、自分たちの音楽のこと。新曲は松村北斗さんが主演する映画の主題歌ですが、松村さんが「エンドロールはSixTONESに包まれる安心感があった」と打ち明けると、「新しいアプローチの曲になった」(京本大我さん)、「踊らないのは新鮮」(高地優吾さん)とメンバーの思いがあふれ出します。

そしていつしか、「ジャニーズらしさって何だろうね」(森本慎太郎さん)という話題に。「ジャニーズは狭いようでいてすごく広い」(田中樹さん)、「先輩たちが作ってきたものを真似するだけだと、それで終わってしまう」(ジェシーさん)と議論は白熱。

 

巻頭特集は「最強の在宅メシとアガる飲み物」

今号の巻頭特集は、「最強の在宅メシとアガる飲み物」。
昨年以来の在宅ワークで、「集中できない」「太ってしまった」「気分転換できない」「3度の食事を作るのが面倒」などと悩むことはありませんか。

 
そんな悩みを一気に解決する方法を、「食コンディショニング」を提唱する管理栄養士に取材。独自のメソッドで生み出された「在宅メシ5カ条」を徹底解説し、5カ条に基づいてツイッターで時短レシピが人気の「麦ライス」さんらが編み出した「5分でできる1週間ランチレシピ」も掲載しています。

 
すぐそこにある台所で手軽に飲み物を入れられるという在宅ワークの利点を生かして、仕事中にありがちなシーンに合うベストな飲み物も提案。本当に眠いときは熱めの煎茶、やる気を出したいときは浅煎りコーヒー……。知って得する情報が詰まっています。

 

月1連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は前回に続き動物写真家の岩合光昭さんが先生

今号には月1連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」も掲載。1月18日発売号に続き、動物写真家の岩合光昭さんが先生を務めています。

 
今回も、岩合さん監督の映画『ねことじいちゃん』で主演をつとめた猫のベーコンがモデル。兄弟猫のパスタも登場し、「猫と人」の撮り方などを教わります。

岩合さんが、「二人(向井さんとベーコン)の関係がしっかりできていますよ」と声をかけるほど、息はピッタリ。向井さんは「猫ちゃん言葉」でやさしく語りかけながら、岩合さんとベーコン、ベーコンとパスタを「キャッチライト」や「うぬぼれ逆光」を生かして撮影していきます。

「かわいい」「めちゃめちゃかわいい!」と向井さんが叫んだ1枚は、猫好きならずとも必見。岩合さんが撮影した、向井さんとベーコンが寄り添って本を読んでいるかのような写真や、ベッドでまどろむかのような向井さんとベーコンのツーショットもお見逃しなく。

 

細野晴臣さんと笑福亭鶴瓶さんによる短期連載「往復書簡 まずはどう呼ぶか決めましょう」がスタート

今号より、細野晴臣さんと笑福亭鶴瓶さんが手紙と写真を交換し合う短期連載「往復書簡 まずはどう呼ぶか決めましょう」がスタートします。

掲載は、2月15日発売の2月22日増大号から4週間。細野さんからの呼びかけに鶴瓶さんが答える形の「往復」を毎週見開きで掲載し、4往復で完結します(たぶん)。

細野晴臣さん×笑福亭鶴瓶さん短期連載がスタート (c) kucci

細野晴臣さん×笑福亭鶴瓶さん短期連載がスタート (c) kucci

音楽家として、芸人として、オンリーワンの道を歩み続けてきた細野晴臣さんと笑福亭鶴瓶さん。これまでまったく交わることのなかった両者を結びつけたのは、意外にも「あの」伝説のトーク番組でした。今号からスタートする短期連載「往復書簡 まずはどう呼ぶか決めましょう」で、そのトーク番組がなんだったのかが明かされます。

 
細野さんが「鶴瓶師匠はズルい。転がし名人で、実に不思議な人」と書けば、「細野さんに会った瞬間、『ホンマもんやな』と思いました」と返す鶴瓶さん。まずは互いの呼び方を考えるところから始まり、次第に衝撃的なエピソードの数々が飛び出して──。往復書簡は全4回。3月8日発売の3月15日号まで続きます。

 
今号では他に、
◎森喜朗前会長の「君臨」を支えた面々
◎辻愛沙子・安田菜津紀・清田隆之が語る「森発言」の本質
◎新型コロナワクチン「いま知りたい」に答えるQ&A
◎中学受験「新6年生」の2月に親がするべきこと
◎藤井聡太二冠が大逆転で示した「大山・羽生級」のずば抜けた実力
◎集中連載「震災10年」 鉄道網があったから東北に燃料が届いた
…などの記事も掲載されています。

 

AERA (アエラ) 2021年 2/22 増大号【表紙: SixTONES】

2月15日発売のAERA 2月22日号の表紙に、SixTONESが登場します。前号でインタビューに登場した、メンバーの松村北斗さんが主演する映画「ライアー×ライアー」の主題歌のリリースを控え、自分たちの音楽と「ジャニーズらしさ」についてお話しいただきました。この号の巻頭特集は、「最強の在宅メシとアガる飲み物」。在宅ワークが続く中、「集中できない」「太ってしまった」「気分転換できない」など多くの人が抱える悩みを、食事と飲み物で解決します。月に1度の連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、前号に続き動物写真家の岩合光昭さんを先生に迎え、「猫と人」の撮り方などを学びます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です