気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『AERA』11月16日号 「現代ホスト界の帝王」ローランドさんが巻頭に登場 表紙は北野武さん

『AERA』11月16日号 「現代ホスト界の帝王」ローランドさんが巻頭に登場

『AERA』11月16日号 「現代ホスト界の帝王」ローランドさんが巻頭に登場

朝日新聞出版が発行するニュース週刊誌『AERA(アエラ)』11月16日号が、11月9日に発売されました。

 

「現代ホスト界の帝王」ローランドさんがAERAの巻頭に登場、「逆境マネジメント」を語る

今号の巻頭特集は、「逆境から抜け出した6人の思考法」。「現代ホスト界の帝王」と呼ばれるローランドさんが6人のうちの1人としてインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けた「夜の街」で、「できない理由を探さない」「自分らしく生きるために、思考を変える」方法を語っています。

 
「唯一無二の存在になる」という信念に基づいて語られた「世の中には二種類の男しかいない。俺か、俺以外か。」という言葉で注目されたローランドさん。インタビューでも、思わずテイクノートしたくなる「名言」がいくつも飛び出しています。

 
巻頭特集では、コロナ禍で逆境に陥ったり、不安な気持ちを持ち続けていたりする人に向けて、「脳をだまして不安を解消する方法」も取材。

判断力や思考力が低下したり、自制心が効かなくなったりする原因になるという「不安」や「ストレス」。取材の結果、意外な方法で脳をだましたり気をそらしたりすることができ、不安やストレスを和らげることができる、ということがわかりました。記事では、その具体的な方法について解説しています。

 

井ノ原快彦さんと道枝駿佑さんの対談も掲載

今号には、V6の井ノ原快彦さんとなにわ男子の道枝駿佑さんの対談も掲載。

ジャニース事務所の先輩と後輩という間柄のお二人は、11月6日公開の映画『461個のおべんとう』で初共演。親子を演じています。映画は、シングルファザーとして高校生の息子を育てるミュージシャンの父が、「男の約束」として毎日欠かさずお弁当を作り続けた3年間を追いかけるストーリ-。

 
対談中も26歳年上の井ノ原さんを「パパ」と呼ぶ道枝さんから伝わってきたのは、井ノ原さんへの揺るぎない信頼。道枝さんが、撮影現場で実際に「パパ」が焼いた紅しょうが入りの卵焼きがおいしかったと話せば、井ノ原さんも、一番好きなシーンは道枝さん演じる息子が高校生活最後のお弁当を食べるシーンだと振り返り、現場の空気のあったかさも伝わってきます。

井ノ原さんはこの対談を、コロナ禍で多くの人の日常が一変してしまったいまだからこそ、「当たり前の日常」の価値を感じてほしい、と締めくくっています。

 

北野武さんが表紙に登場!

表紙には、2019年末から立て続けに5冊の小説を上梓している北野武さんが登場。

芸人であり、世界が認めた映画監督でもある北野さんが、なぜいま小説を書くのか。10月末に刊行した『浅草迄』でも描いた自身の「原点」、コミュニケーションの「範囲」と「濃淡」、積み重ねてきたものを捨てた経験――。

フォトグラファーの蜷川実花さんが捉えた一瞬の表情にもご注目ください。

 

三浦大知さんが新曲を語るインタビュー、藤井聡太二冠の強さと弱点を分析した記事も掲載

カラーページには、11月11日に10カ月ぶりのニューシングル「Antelope」をリリースする三浦大知さんのインタビューも掲載。
「愛の歌を歌いたい」と最初から決めていたという三浦さん。予定していた全国ツアーが中止になった今春、先が見えない中で「ハッ」と目を開かせてくれた瞬間、新曲で表現したかったこと、とげのある言葉ばかりがフォーカスされる現実への自分なりの向き合い方などを率直に語っています。

 
今号では、最年少記録を次々に塗り替える高校生棋士・藤井聡太二冠の強さと弱点の分析も試みています。渡辺明名人・永瀬拓矢王座・羽生善治九段・佐藤天彦九段を相手に勝率6割を超える藤井二冠が、なぜ豊島将之竜王にだけは全敗なのか。専門家の解説やデータを元にこれまでの対戦を振り返りながら読み解きます。

 
今号では他に、
◎WHO「相当数の人に深刻な後遺症」警告の理由
◎新型コロナ重症化因子は「年齢」と「ネアンデルタール人の遺伝子」
◎住居確保給付金「10万件」の期限が切れる日
◎フェムテックで解消!「月経の不快」から「ピル飲み忘れ」まで
◎米大統領選 「トランプでまた4年」は避でも「78歳の大統領」にため息
◎「大阪都構想2連敗」のレガシー「議席で圧倒しても主権者の意思は操れない」
◎池田大作研究 世界宗教への道を追う[特別編]佐藤優×澤田瞳子 前編
…などの記事も掲載されています。

 

AERA (アエラ) 2020年 11/16 号【表紙:北野武】

11月9日発売のAERAは巻頭で「逆境から抜け出した6人の思考法」を特集。6人のトップバッターとして「現代ホスト界の帝王」と呼ばれるローランドさんがインタビューに応じています。新型コロナウイルスの感染拡大で「夜の街」が苦境に陥る中、ローランドさんはどう考え、何を実行に移したのか。自身の体験を赤裸々に語っています。この号には、映画「461個のおべんとう」で親子を演じたV6の井ノ原快彦さん、なにわ男子の道枝駿佑さんの対談も掲載。26歳年上の井ノ原さんを「パパ」と呼ぶ道枝さんにほっこりしつつ進んだ対談のテーマは「日常」。いまだからこそ心にしみる「何でもない日々」を丁寧に演じた「いい現場」について語ります。表紙は北野武さん。三浦大知さんが10カ月ぶりの新曲を語るインタビューも掲載しています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です