気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『“隠れ酸欠”から体を守る 横隔膜ほぐし』コロナストレス、長時間のマスク着用で“隠れ酸欠”が急増中!

京谷達矢さん著『“隠れ酸欠”から体を守る 横隔膜ほぐし』

京谷達矢さん著『“隠れ酸欠”から体を守る 横隔膜ほぐし』

京谷達矢さん著『“隠れ酸欠”から体を守る 横隔膜ほぐし』が、青春出版社より刊行されました。

 

新感覚!深い呼吸で免疫力を高める「横隔膜エクササイズ」

長時間のマスク着用、コロナによるストレスによって呼吸が浅くなり、“隠れ酸欠”になっている人が急増しているといいます。“隠れ酸欠”は、心身のあらゆる不調の原因となるだけでなく、免疫力低下にもつながる恐ろしい症状です。

 
そこで本書では、呼吸を助ける筋肉・横隔膜を整える【横隔膜ほぐし】という、呼吸を深めるエクササイズを紹介しています。

基本の動きは2ステップなので、空いている時間などで気軽にできるのがポイント。マスクが欠かせないこれからの生活で、気づかないうちに進行しがちな“隠れ酸欠”を予防するためにも、新しい習慣として「横隔膜ほぐし」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

著者コメント「横隔膜ほぐし」はストレスにも効きます!」

本書で紹介している「横隔膜ほぐし」は、疲れやすい、頭痛がする、食欲がわかない、めまいがする…といった体調面の不調の改善に効果的ですが、一方でストレスなどの心の不調にも効くのです。

今、コロナ禍の中で、ときに不安に押しつぶされそうになることもあるでしょう。そんなときは、ぜひ横隔膜ほぐしをやってみてください。おなかに手を当てて、深い腹式呼吸をくりかえしていくうちに、緊張や不安が少しずつほぐれていくでしょう。

 

著者プロフィール

著者の京谷達矢(きょうたに・たつや)さんは、一般社団法人楽健道協会の代表理事。治療家。

アメリカのカイロプラクティックで広く使われているアプライド・キネシオロジー(応用運動機能治療学)などの技術をもとに試行錯誤を重ね、「楽健術」という独自の治療法を開発。骨や筋肉を本来あるべき姿に整え、自然治癒力を最大限に引き出すための施術・指導を行っている。この20年間で延べ6万人もの施術にあたってきた。

 

隠れ酸欠”から体を守る横隔膜ほぐし (青春新書プレイブックス)
京谷 達矢 (著)

しっかり休んでいるのに、体が重い。なかなか疲れがとれない…。疲れや不調、病気の多くは、ストレスやマスクのせいで呼吸が深くできずに起こる「隠れ酸欠」が原因だった!
隠れ酸欠を防ぐには、単に深く呼吸をするだけでは不十分。体の中心にあり、呼吸に大きな影響を与える「第二の心臓」である横隔膜のケアが欠かせない。加齢とともに硬く縮んでいく横隔膜をケアすることで、本来の深い呼吸を取り戻し、より健康に、さらには病気に負けない体に変わる。
本書では、普段の生活ではなかなかケアできない「横隔膜」をやわらかくし、呼吸を深く変えて健康になる方法をイラストでわかりやすく紹介。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です