気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『心を動かす無敵の文章術』著書150冊以上のベストセラー作家・千田琢哉さんが文章テクニックを初公開

千田琢哉さん著『心を動かす無敵の文章術』

千田琢哉さん著『心を動かす無敵の文章術』

ビジネス・自己啓発書でヒットを連発する千田琢哉さんによる、初の文章テクニック集『心を動かす無敵の文章術』が、マガジンハウスより刊行されました。

 

「読んでスグ実践できる!」「タイトルに偽りなし!」と話題に! 発売1週間で即重版

本書は2月7日に発売され、仕事やプライベートでの文章力が飛躍的に高まったと評判を呼び、発売からわずか1週間で即重版。Amazonランキング(日本語教育部門)でも1位を獲得しています。

 
著者の千田琢哉さんは、本書で著書158冊目となる、30代40代の会社員を中心に絶大な支持を受けているベストセラー作家です。

本書は、驚異的なスピードでアウトプットし続ける千田琢哉さんが初めて明かす「無敵の文章術」。現在、企画書やメール等ビジネスの場はもちろん、ブログ、ツイッターなど、プライベートでも文章を書く機会が増えています。でも、文章というものはいざ書こうとすると時間がかかり、面白い文章を書くには難しい……。そんな読者の悩みを解決する内容が好評を博しています。

 
【プロが文章を書く前の準備・心構え】

「何を書くかより、誰に書くかを決める。そして、その人をどう動かしたいかを決める。さらに、その人をどんな習慣にさせたいかを決める」

 

本書の内容

(目次)
第一章 【無敵の文章術のコツ】文章は短く、気負わずに!
第二章 【ビジネス文書の書き方】まずは、「結論」から書く!
第三章 【プライベート文章の書き方】量産型が成功の近道!
第四章 【プロが文章を書く前の準備・心構え】読む相手をイメージする!
第五章 【プロが文章を書くメカニズム】冒頭が面白ければ売れる!

 
(項目)
●「起承転結」に、こだわらない。
●好きな作家や漫画家を持つ。
●「結論」から書かない文章は、時間泥棒である。
●じっくり時間をかけて書いた企画は通らない。
●「もっと具体的に」とは、“数値”と“固有名詞”を示すことである。
●メールが長くなればなるほど、あなたの価値は下がる。
●「三行ハガキ」で、人生は変わる。
●普段から「オリジナルのネタ帳」を作り、持ち歩く習慣にする。
●「売りたい」「儲けたい」が滲み出たら、ご臨終。
●最初に「仮タイトル」を決めてしまう。
●今から調べないといけないことは書かない。 ……etc.

 

千田琢哉さん プロフィール

著者の千田琢哉(せんだ・たくや)さんは、愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。文筆家。

東北大学教育学部教育学科卒業。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を自らのミッションとして執筆活動を行っている。著書は本書で158冊目。

★ホームページ:http://www.senda-takuya.com/

 

心を動かす 無敵の文章術
著書150冊以上のベストセラー作家が初公開!
短い文章で、読み手に刺さるアウトプット40

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です