気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『10代のための疲れた心がラクになる本』「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法

長沼睦雄さん著『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』(漫画:いつかさん)

長沼睦雄さん著『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』(漫画:いつかさん)

長沼睦雄さん著『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』(漫画:いつかさん)が、誠文堂新光社より刊行されました。

 

友だち関係、勉強、家族、容姿……ストレスは多くあるけれど、大丈夫!君は変われる!

□心がざわつくこと、つらいことが多くて、イヤな気分に押しつぶされそう
□朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になる
□笑うことができなくなっちゃった
□自分のことをわかってくれる人がいない、ひとりぼっちだと感じている

気がつけば、こんな状態になってしまっていませんか?

漫画/いつか

漫画/いつか

でも、大丈夫。心がパンクしかけていても、自分で自分の心をセルフケアできるようになると、必ずラクになります。生きやすくなります。

 
大切なのは、知識、心構え(マインド)、行動(技術)、この3つです。

(1) まず、「この状態はどういうものか。治す方法があるのか」といったことを知る。
(2) 次に「よし、治すぞ」という心構えをもつ。
(3) そして、治していくために必要な具体的な技術を知り、行動を起こす。
……この3ステップです。

 
どうすることが自分自身をラクにするのか、心の声を聞いて、一歩踏み出せばいいのです。
行動に移せば、状況は変わります。

 
この本は、「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者でもある児童精神科医・長沼睦雄さんが、これまでの臨床経験を総動員して書いています。

前半は「知識編」、後半は「技術編」。
この本に書いてあることを、小さなことひとつでもいいから、何か実践してみてください。
きっと状況は変わります。
大人ももちろん、とりわけ、多感な思春期を生きる10代の方にこそ、おススメの一冊です。

 

長沼睦雄さん プロフィール

著者の長沼睦雄(ながぬま・むつお)さんは、十勝むつみのクリニック院長。

北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。北海道立子ども総合医療・療育センターにて14年間小児精神科医として勤務。平成20年より北海道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行っていた。

2016年9月に開業し、発達性トラウマ障害、HSP、アダルトチルドレン、神経発達症などの診療を専門として取り組む。

著書に、『敏感すぎる自分を好きになれる本』(青春出版社)、『子どもの敏感さに困ったら読む本 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方』(誠文堂新光社)、『大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋』(SBクリエイティブ)などがある。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です