本のページ

SINCE 1991

寺地はるなさん『川のほとりに立つ者は』宛名入りサイン本キャンペーンを開催

寺地はるなさん著『川のほとりに立つ者は』が双葉社より10月20日(木)に刊行されます。芳林堂書店高田馬場店では、同書を予約・購入された方に宛名入りサイン本を作成、販売します。

 

『川のほとりに立つ者は』概要

【あらすじ】

カフェの若き店長・原田清瀬は、ある日、恋人の松木が怪我をして意識が戻らないと病院から連絡を受ける。松木の部屋を訪れた清瀬は、彼が隠していたノートを見つけたことで、恋人が自分に隠していた秘密を少しずつ知ることに――。「当たり前」に埋もれた声を丁寧に紡ぎ、他者と交わる痛みとその先の希望を描いた物語。

 
<寺地はるな(てらち・はるな)さん プロフィール>

1977年生まれ。佐賀県出身、大阪府在住。2014年『ビオレタ』で第4回ポプラ社小説新人賞を受賞しデビュー。

2020年『夜が暗いとはかぎらない』が第33回山本周五郎賞候補作に。令和2年度「咲くやこの花賞」(文芸その他部門)受賞。2021年、『水を縫う』が第42回吉川英治文学新人賞候補作にノミネートされ、第9回河合隼雄物語賞を受賞

『大人は泣かないと思っていた』『今日のハチミツ、あしたの私』『ほたるいしマジカルランド』『声の在りか』『雨夜の星たち』『夜が暗いとはかぎらない』『ガラスの海を渡る舟』『タイムマシンに乗れないぼくたち』『カレーの時間』など著書多数。

 

『川のほとりに立つ者は』サイン本予約キャンペーンを開催

『川のほとりに立つ者は』を受付期間中に予約された方に、宛名入りサイン本を販売します。サイン本の用意が整い次第、お渡しまたは代引発送します

 
■受付期間:2022年9月16日(金)~2022年9月30日(金)

■申込み方法:芳林堂書店高田馬場店の店頭または電話、メールにて受付け。

★詳細:https://www.horindo.co.jp/t20220911/

 

※以下はAmazonへのリンクです。サイン本を希望される方は芳林堂書店高田馬場店にてご購入ください。

川のほとりに立つ者は
寺地はるな (著)

 
【関連】
寺地はるな先生『川のほとりに立つ者は』お宛名入りサイン本キャンペーン | 芳林堂書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。