本のページ

SINCE 1991

高野和明さん約12年前の作品『6時間後に君は死ぬ』が売上げ急増!

高野和明さん著『6時間後に君は死ぬ』

高野和明さん著『6時間後に君は死ぬ』

講談社は4月下旬より、全国書店にて「高野和明『6時間後に君は死ぬ』フェア」を開催中です。

 

「このミス1位」作家が贈る珠玉のミステリー『6時間後に君は死ぬ』、全国で展開書店拡大中!

高野和明さんの『6時間後に君は死ぬ』は、約12年前に刊行されたミステリーですが、今回、新しい帯と新しいPOPをつけて展開したところ即重版がかかり、5月25日に30刷15万部突破のヒットとなりました。

 
新しい帯とPOPは、若年層の読者にも手をとりやすいようなデザインを意識し制作されました。

著者の高野和明さんは、『13階段』(講談社文庫)で第47回江戸川乱歩賞を受賞、『ジェノサイド』(KADOKAWA)で第2回山田風太郎賞、第65回日本推理作家協会賞を受賞。さらに「週刊文春ミステリーベスト10」と「このミステリーがすごい!」でも1位も獲得しています。

▲新帯

▲新帯

▲展開POP

▲展開POP

<あらすじ>

6時間後の死を予言された美緒。他人の未来が見えるという青年・圭史の言葉は真実なのか。美緒は半信半疑のまま、殺人者を探し出そうとするが――。

刻一刻と迫る運命の瞬間。血も凍るサスペンスから心温まるファンタジーまで、稀代のストーリーテラーが卓抜したアイディアで描き出す、緊迫のカウントダウンサスペンス。

 

著者プロフィール

著者の高野和明(たかの・かずあき)さんは、1964年生まれ。東京都出身。ロサンゼルス・シティカレッジ映画科中退。映画監督・岡本喜八さんに師事し、映画・テレビなどの撮影スタッフを経て脚本家となる。2001年に『13階段』で第47回江戸川乱歩賞を受賞。

2011年刊行の『ジェノサイド』(角川文庫)で第2回山田風太郎賞、第65回日本推理作家協会賞を受賞。「週刊文春ミステリーベスト10」と「このミステリーがすごい!」でも1位に選出された。『6時間後に君は死ぬ』の映像化で映画監督デビュー

他の著書に『グレイヴディッガー』『K・Nの悲劇』(ともに講談社文庫)、『幽霊人命救助隊』(文春文庫)等がある。

 

6時間後に君は死ぬ (講談社文庫)
高野 和明 (著)

突如、予告された自らの死。未来をかけた戦いが始まる!
緊迫のカウントダウン・サスペンス
ドラマ化された話題作、ついに文庫化!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。